コラボした新作アプリ「100万点差の甲子園」の予約受付を開始!

公開日: : よもやま話, アプリ

前回の記事でイラストレーターの雨本さんとコラボしようという経緯を書きました。

全くの無名アプリ開発者が本気でアプリを作った結果・・・

思ったより反響がありビックリしているのですが、そのイラストを生かすも殺すも自分のプログラムにかかってると思うとプレッシャーを感じずにはいられません。

それと、甲子園を題材にしてるならどんなに遅くても甲子園が終わるまでにはリリースしたい!

これは6月末にプロジェクトをスタートさせるタイミングで自分が言い出したことなんですが、雨本さんが思った以上に食いついたこともあり、努力目標のつもりがマストになりました。

プログラマー目線からいうと1ヶ月ちょっとでアプリを完成させるって並大抵のことじゃないのです。

この辺は長々と書いてもしょうがないので割愛しますが、私の2016年7月はプログラム(と最小限の睡眠と食事と所用)という巷でいうデスロードで終わりました。

そんな新作アプリですが、甲子園開幕にギリギリ間に合わない形で予約を受け付けできるレベルまで到達しました。

なので、今回は新作アプリについてちょっと情報を公開してみたいと思います。

スポンサードリンク

まずは予約してね!

こちらから予約ができます。

iOS

Android

たくさん予約して頂ければ頑張れます。これは開発者なら誰でも一緒だと思います。

応援するなら予約して!

どんなゲーム?

やっと本題ですね。

今作もまたもや野球ですがガッツリした野球ゲームではないです。

タイミング合わせたり、そもそも試合に集中する必要があるゲームは気軽に遊べないので目指してません。

個人的には雨本さんのイラストを活かしたいという思いが一番強いです。(ゲームの説明になってない・・・)

イラストをコンプしてほしい!

新作の情報をと言っても、予約トップ10で大体公開しちゃってる感じなので改めてドーンと発表することがないんですよね。

一応というか、ざっくりと言ってしまえば凄い点差をひっくり返して逆転勝ちするというゲームになってるわけですが、個人的にはイラストを選手名鑑としてコレクションできるので、本質的にはここが一番の目的になってほしいと思ってます。

世の中、いろんなタッチの絵がありますが、野球選手をここまでシンプルにかわいらしく表現しているイラストって貴重だと思うのです。

野球に詳しい方だったら、この選手ってあの選手じゃないかな?って予想するのが絶対楽しいアプリになると思います。

まとめ

というわけで、ほとんど予約トップ10見てね!って感じの記事になっちゃいましたが、リリースに向けて頑張ります。

というより記事書く暇あったら開発しろって状態なので、次はリリースのお知らせになると思います。

草野球チームを作ろう!の時も言いましたが、私の作るアプリはコアな野球ファンに遊んで貰いたいのはもちろんですが、あまり野球を知らなかったり、興味ないっていう人にも届いてほしいと思ってます。そういう足掛け的な役割を担いたいというのが自分の願いでもあり、今回コラボさせて頂いている雨本さんの願いでもあるわけです。

では、リリースまで甲子園を観ながらお待ちいただけると幸いです!

スポンサード リンク

関連記事

モンストより100倍面白い!?アプリ開発で最も大切にしていること

アプリ開発って特殊な仕事だと思います。 普通は独立なんかすると、仕事はどこかの企業や個人から依

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

中日が1位指名した小笠原慎之介ってどんな投手?甲子園決勝から見る課題と期待

私は野球のアプリを出すくらいですから、野球が好きなことは言うまでもないでしょう。 ですが、好き

記事を読む

ココイチのカレーを安く食べる方法はポークソース?

知らない人はいないであろうカレーチェーン店のCoCo壱番屋。 結局レトルトカレーだとか言っても

記事を読む

公務員だって副業した方が絶対良いと思う理由

公務員って法律で副業が禁止されちゃってます。 業務に専念する為とか、特定の企業に加担することが

記事を読む

アプリ開発者がオススメする年末に遊びたいアプリはこれ!

12月はクリスマスやお年玉があるおかげで、商品の需要がとっても伸びます。 ゲーム業界も、ここぞ

記事を読む

副業でも何でもいいけど、アプリ開発する人は読んだ方が良い

Unitというイベントがあったみたいですね。 Unityという開発ツールについての活用事例とか

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

ポケモンカードを1枚と複数枚で交換することを理解できない人がいたという話

ポケモンカードって今もあるんでしょうか?私が小学生の頃に流行ってました。 小学生の頃だとお金も

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑