子供(10ヶ月)が夜中に大量に嘔吐!これってホントに大丈夫なの?

公開日: : 育児

週末は友人と旅行の予定だったので、その分の仕事を事前に終わらせておきたくて金曜日は夜中まで作業してました。

やっとこ区切りのいいところまで進んで、床に伏せられると思って横になってウトウトしていると、急に子供からゴポーって感じの音がしたと同時に水流の気配を感じて飛び起きました。

外の街頭の灯りがあるので、うっすらと子供の姿を確認していると、これでもかってくらいに立て続けにゲロってました。

大人になってからは飲み会くらいしかそんな悲惨な現場を見ることがなかったというのもあって、アワアワとしながら何故か必死にタオルで受けようと頑張ってました。

妻はというと同時に飛び起き、電気を付けようと室内を奔走してました。

乳児の頃も授乳後にゲロることは多々ありましたが、それほど勢いを感じたこともなかったので、目が醒めるほどに驚きました。

スポンサードリンク

とりあえず大丈夫

一時は焦りましたが、子供も元気そうで一安心。

しかし改めて悲惨な現場を目の当たりにして肩を落としつつ、タオルやらティッシュで掃除してました。

ネットで調べても、似たようなことはあるみたいで、そこまで心配する必要はないにしても、念のため病院には連れて行こうという感じで落ち着きました。

ちなみに時刻は早朝5時頃の出来事。自業自得な部分もありますが、ほぼ徹夜な私。

旅行で運転もあるので、寝かしつけ等はもう妻に任せて即寝しちゃいました。

結局何だったのか?

病院で診察を受けましたが、ノロとかロタとかではないらしいですが、ウィルス性のものかもしれないということらしいです。

思い返せば数日前に栄に行ってキッズスペースで遊ばせたりもしてたので、そこで菌を貰ってきたのかもしれません。

また、身体が弱っていて、他の病気にも感染しやすい状態でもあるので、あまり外出させない方が良いみたいです。

まとめ

だいぶ育児にも慣れてきたかなーって思ってましたけど、結構びっくりしました。

子供も親の反応を見ているので、大げさにしたり、心配しすぎたりするのは良くないので冷静に対処できたらいいのですが、なかなか難しいですね。

ちなみにその後は下痢になり、盛大に漏れたりして大変でした。

週明けてからは旅行+嘔吐+下痢のおかげで洗濯機がフル稼働。そろそろ買い換えたい・・・

スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。 親からした

記事を読む

【実体験】育児で一番大変なことは何か?

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。 私の場合は、自分が会社に

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。 転職して、1年

記事を読む

天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。 小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑