iPhone6s発表イベントをみて感じるAppleの想いと展望

公開日: : アプリ, 仕事

日本時間10日のAM2時。とうとうiPhone6sが発表されました。

iPhoneだけでなくiPadProやappleTVなども発表され、かなり濃いイベントだったのではないでしょうか?

そのLive配信された動画は既にAppleのホームページから確認出来るので、リアルタイムで見る必要性はほとんどなかったのですが、Apple好きとしては夜な夜なイヤフォンをして眠気と戦いながら見るのが恒例行事になってます。

ちなみに英語なので、恐らく半分も聞き取れてないと思いますが、それでも何となくわかるので結構楽しめます。

それと、面白いのがこのイベントでAppleの株価が変動します。それくらい大きなイベントだということがわかりますが、実際にみていて感じたことをまとめておきたいと思います。

何も裏を取ってませんし、あくまで感想なので読み物程度に考えてください。

スポンサードリンク

笑いが減った

過去を美化しているのかもしれませんが、イベント中は結構笑いが起きてました。

英語がわからないのでどこが笑いどころなのかもよくわかりませんが、プレゼンターが狙って笑いを取りに行ってるというのがわかりました。

しかし、今回はそういう部分が一切ありません。

笑いが起きたのはApplePencilの名前を発表したときくらい?だったと思いますが、偶然の産物でした。

だからといって何というわけではありませんが、ちょっとスタイルというか考え方が変わったのかなというのを感じを受けました。

ワクワク感が減った

iPhoneを発表してから毎年何かしらの進化を続けているので、正直大きな変化というのは今後は難しいのかもしれません。そういう意味ではワクワク感が減りつつあるのは当然のことだと受け止めていますが、発表者からそれを感じてしまいます。

とはいえ、iPadProを手に持ち現れたときのCEOティム・クック氏の表情は唯一、見ている側も楽しい気分にさせてくれるくらい力を持ってた気がします。

しかし、他に関しては一生懸命なのは伝わってきますが、凄いものを発表してる自負というか、世界を変えてやる意気込みのようなAppleらしさがないかなという気がしました。

説明が細かくなった

変化を説明しにくくなっているからだと思いますが、スクリーンにiPadやiPhoneが分解され、構造が分かるような表示が増えました。

大半の人は中身なんて知らなくていいですし、どう便利になるのかを聞きたいのではと思っていますが、テクノロジーの話が結構ありました。

以前はどれだけ早くなるとか、ユーザーの感覚に直接訴えかけるような表現をしていたと思います。

こういった部分もAppleらしさだと思っていましたが、失われつつあるのかなと感じました。

まとめ

結局何が言いたいかというと、必死なんだなと思いました。以前とはAndroidとの優位性が変わってきてますし、毎年大きな期待されてるので、余程のメンタルやアイデアや技術がないと維持すら難しいのではないかと思います。

こんな感じで好き放題書きましたが、iPadProは凄い楽しみですし株価は下がったみたいですが個人的には期待できる内容だったと思います。

だからといって買うかどうかはまた別の話しですが、アプリ開発者はスマホの衰退が収入減に直結するので、何事もなくAppleがこういったイベントを開催してくれるのは気持ちのどこかでホッとしています。

またiOS9対応の審査ラッシュでアプリが中々アップデート出来ない、新作リリース出来ないみたいな時期に突入すると思いますが、負けずに頑張っていきたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

モンストより100倍面白い!?アプリ開発で最も大切にしていること

アプリ開発って特殊な仕事だと思います。 普通は独立なんかすると、仕事はどこかの企業や個人から依

記事を読む

これってパクり!?そんなアプリが量産されているのでアイデアの出し方をまとめてみた

個人のアプリ開発者にとって、アイデアは生命線ともいえる要素の一つです。 何か目を引くアイデアで

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

1歩目を踏み出す勇気とは?まずは安定・安心を捨てることから始めよう

子供に靴を買ってあげました。まだ歩けるわけではないですけど、立ちも相当に安定しているので歩くに必要な

記事を読む

私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。 もともと私は新卒で大

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教

変な人に絡まれたので一部始終をありのまま話すぜ!

お久しぶりです。ふるあぷです。 本来このタイミングならデジゲー博

no image
アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ

アプリマーケティング研究所さんにインタビューされた記事が公開された件

アプリ界隈で知らない人はいないくらい有名なメディアに取り上げていただき

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベル

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑