非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

公開日: : よもやま話, 仕事

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで凄いなぁと無意味な賞賛を頂くことがあります。

実際に、会社を辞めること自体は誰だって出来るし、独立といっても特に難しいことはなく、とても簡単なことなので凄い要素はどこにもありません。

とはいっても、独立して食べていけるかはまた別の問題としてあるので、そこに不安を覚えたり一度正社員を辞めてしまったら・・・みたいにリスクを背負うことが凄いということになるのかもしれません。

そう考えると、独立するような人は「非常識」でないと難しいのかもしれません。

例え独立することが合理的だったりメリットしかなかったとしても、世間からみたら異常な存在となるので、常識から外れてしまいます。

今回は、この常識について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

非常識を下にみる風潮

独立のように、凄いという方向で捉えて貰うなら良いのですが、だいたいは非常識の烙印を押されると悪いイメージが先行します。

「非常識だ!」と言われて褒められたと感じる人はまずいないと思うので、やっぱり常識人であり続けることが無難なように思います。

しかし、世の中をリードするような人は例に漏れず非常識なことをしている人ばかりであることに気づかないといけません。

何かの分野で突出した人は、まるで漫画のストーリーのような経歴を持っている方が多いですが、その行動の数々が普通の一般人とは違っていて、考え方自体が違うということがわかります。

仮に今世界で活躍しているあの人が普通の人と同じ思考回路だったら・・・そこに立っていることは恐らくないでしょう。

何が言いたいのかというと、世の中を良くしたり面白くしたりする人は非常識な人が多いということです。

常識が常に正解ということはなく、間違っていることもあるというのは知っておいて欲しいのです。

常識を他人に押し付けること

本人が大衆と同じ考え方で、常識人でいたいというのであればそれは別に問題はないと思います。

しかし、常識を他人に押し付けることだけは辞めてもらいたいです。

ものにもよりますが、それは他人の可能性を狭める行為に過ぎません。

ちなみに私が一番そう感じたのは、「退職」しようとした時です。

「普通は3ヶ月以上前に退職したい旨を相談する」らしいですが、常識に囚われずに考えれば可笑しな話しなことがわかります。

大抵、3ヶ月を必要とする理由が「引き継ぎ」だったり「手続き」だったり調整に使われるそうですが、管理能力のなさを露呈しているだけです。

本来であれば、社員が怪我や病気で倒れたり死亡したりするリスクも考えて、いつでも仕事を分散したり引き継いだりできる体制を整えておくのが組織として存在する意味でもあります。

それを、退職するからと言われてから準備するようでは、管理を疎かにして責任をその社員に押し付けている行為に過ぎません。

法で定められている通り、まともな組織なら2週間もあれば、退職に関わる準備や手続きは十分でしょう。

非常識はチャンスの源

常識に引きづりこもうとする人がいれば、そういう人たちのおかげでビジネスをするチャンスが生まれるかもしれません。

誰もやらなかったことをやるというのは、成功への近道だからです。

こういうチャレンジが成功しやすいのはメディアに取り上げられやすく、目立つことが出来るからで、注目を集めることさえ出来れば、それだけでその分野で有利になります。

それこそ、馬鹿らしくてだれもやらなかったことでも構わないと思います。やることに意味があって、常識に囚わなかったことに価値が生まれることがあります。

まとめ

皆が当たり前に感じる部分に、何故?やもしかして?という疑問を持つ癖を付ければ、物事の本質が分かるようになりますし、ビジネスにもなります。

アプリ開発も、クリエイティブさが必要になるので、「誰も考えなかった」という新規性は重要な要素になります。

私は生まれて20年以上、常識人であることを不思議に思ったことがなかったのですが、数年前にふとしたきっかけで疑問を抱き、考え始め、その繰り返しで人生が大きく変わりました。

今独立しているのもその一つですし、常識から外れたことで今まで以上に得るものが大きかったです。

もし常識に囚われて一歩を踏み出せない人がいたら、その常識が間違っているんじゃないかという疑問を抱いてみてください。

きっと新しい発見や可能性が見えてくると思います。

 

スポンサード リンク

関連記事

何事もノリが大事!自分を変えるなら何事にも挑戦してみよう!

もう歳が30近くなると、誰かを紹介したりするなんてことは滅多になくなるし、そういった話も色々な事情で

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートを

記事を読む

簡単に始められるビジネスを教えるよ?やりたいことない人はやるしかない!

最近、妻が自分のやりたいことって何だろうって言い始めました。 恐らく色々な出来事が重なって思う

記事を読む

愛知県で最も有名な紅葉スポット「香嵐渓」に行ってみた話

私も仕事でずっと家の中にいるので、気分転換に外へ出たいなーと思うことがあるのですが、行く当てがなくて

記事を読む

アプリで使用するイラストを募集!?まずやってみる精神で自分が描いてみた結果

このブログでも、まずやってみないと分かんないことあるから、とりあえず深く考える前にやってみた方が良い

記事を読む

3月末に辞めるならラストチャンス?1月は退職交渉を切り出す最高のタイミング!

会社辞めようと思っても、なかなか切り出せない方は多いのではないでしょうか? そういう方は特に区

記事を読む

イチローから学んで良いこと悪いこと。

イチローが大記録を打ち立てようとする度に偉大な人だなと思うのですが、書籍や番組などでも散々取り上げら

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑