非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

公開日: : よもやま話, 仕事

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで凄いなぁと無意味な賞賛を頂くことがあります。

実際に、会社を辞めること自体は誰だって出来るし、独立といっても特に難しいことはなく、とても簡単なことなので凄い要素はどこにもありません。

とはいっても、独立して食べていけるかはまた別の問題としてあるので、そこに不安を覚えたり一度正社員を辞めてしまったら・・・みたいにリスクを背負うことが凄いということになるのかもしれません。

そう考えると、独立するような人は「非常識」でないと難しいのかもしれません。

例え独立することが合理的だったりメリットしかなかったとしても、世間からみたら異常な存在となるので、常識から外れてしまいます。

今回は、この常識について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

非常識を下にみる風潮

独立のように、凄いという方向で捉えて貰うなら良いのですが、だいたいは非常識の烙印を押されると悪いイメージが先行します。

「非常識だ!」と言われて褒められたと感じる人はまずいないと思うので、やっぱり常識人であり続けることが無難なように思います。

しかし、世の中をリードするような人は例に漏れず非常識なことをしている人ばかりであることに気づかないといけません。

何かの分野で突出した人は、まるで漫画のストーリーのような経歴を持っている方が多いですが、その行動の数々が普通の一般人とは違っていて、考え方自体が違うということがわかります。

仮に今世界で活躍しているあの人が普通の人と同じ思考回路だったら・・・そこに立っていることは恐らくないでしょう。

何が言いたいのかというと、世の中を良くしたり面白くしたりする人は非常識な人が多いということです。

常識が常に正解ということはなく、間違っていることもあるというのは知っておいて欲しいのです。

常識を他人に押し付けること

本人が大衆と同じ考え方で、常識人でいたいというのであればそれは別に問題はないと思います。

しかし、常識を他人に押し付けることだけは辞めてもらいたいです。

ものにもよりますが、それは他人の可能性を狭める行為に過ぎません。

ちなみに私が一番そう感じたのは、「退職」しようとした時です。

「普通は3ヶ月以上前に退職したい旨を相談する」らしいですが、常識に囚われずに考えれば可笑しな話しなことがわかります。

大抵、3ヶ月を必要とする理由が「引き継ぎ」だったり「手続き」だったり調整に使われるそうですが、管理能力のなさを露呈しているだけです。

本来であれば、社員が怪我や病気で倒れたり死亡したりするリスクも考えて、いつでも仕事を分散したり引き継いだりできる体制を整えておくのが組織として存在する意味でもあります。

それを、退職するからと言われてから準備するようでは、管理を疎かにして責任をその社員に押し付けている行為に過ぎません。

法で定められている通り、まともな組織なら2週間もあれば、退職に関わる準備や手続きは十分でしょう。

非常識はチャンスの源

常識に引きづりこもうとする人がいれば、そういう人たちのおかげでビジネスをするチャンスが生まれるかもしれません。

誰もやらなかったことをやるというのは、成功への近道だからです。

こういうチャレンジが成功しやすいのはメディアに取り上げられやすく、目立つことが出来るからで、注目を集めることさえ出来れば、それだけでその分野で有利になります。

それこそ、馬鹿らしくてだれもやらなかったことでも構わないと思います。やることに意味があって、常識に囚わなかったことに価値が生まれることがあります。

まとめ

皆が当たり前に感じる部分に、何故?やもしかして?という疑問を持つ癖を付ければ、物事の本質が分かるようになりますし、ビジネスにもなります。

アプリ開発も、クリエイティブさが必要になるので、「誰も考えなかった」という新規性は重要な要素になります。

私は生まれて20年以上、常識人であることを不思議に思ったことがなかったのですが、数年前にふとしたきっかけで疑問を抱き、考え始め、その繰り返しで人生が大きく変わりました。

今独立しているのもその一つですし、常識から外れたことで今まで以上に得るものが大きかったです。

もし常識に囚われて一歩を踏み出せない人がいたら、その常識が間違っているんじゃないかという疑問を抱いてみてください。

きっと新しい発見や可能性が見えてくると思います。

 

スポンサード リンク

関連記事

もうネタ切れ!?毎日記事を書く為に必要なこと

5月に始めたこのブログも、5ヶ月が経過しました。 収益についてはまた別の記事でまとめるとして、

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。 もともと私は新卒で大

記事を読む

言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

アプリ開発者として異業種交流会に参加してみた

知り合いの社長さんの紹介で、異業種交流会に参加してきました。 異業種交流会というと程の良い合コ

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑