自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

公開日: : よもやま話, アプリ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で、ついに更新された記事がこれです。

アプリのリリース記事を書くのかなとお待ち頂いていた方がいたらすみません。違うんです。

でも、こちらがリリースしたアプリなのでよろしくお願いします。

私を甲子園に連れてって

iOS

Android

で、本題です。

自分の作るアプリは、規模の小さいソシャゲみたいな感じで、細々と頑張っているわけなんですが、大手企業とかがやってる運営みたいなことも結構やる必要があるんですよね。

メンテナンスとかは極力必要のない作りにしてるので、大変さも小規模ではあるんですけど、どうしてもバランス調整とか機能追加とかね。

とにかく長く遊んでもらうことが前提になっているので、リリースしても全然楽にならないわけです。

だからこそ、お金にならなかったら、残念ながら運営を最小限に縮小し、次のアプリを開発していかないと自分だけでなく家族も巻き込んで路頭に迷うことになるんです。

お、重い……。

ユーザーにはそんなこと一切関係ない話しかもしれないですけど、遊んでるアプリがサービス終了しないまでも開発者から見捨てられたら嫌じゃないですか。

というわけで、別にだから課金してくれとかそういうことではないですが、知っていてほしいなと思って書きます。

スポンサードリンク

アプリで儲けるには?

経験上、「自分でアプリ開発してます」と言っても、収益をどうやって得ているのかイメージ付いてない人が多いので、簡単に説明しておきます。

有料アプリ

単純にダウンロード数×価格が売上になって、その30%が差し引かれて収益になります。

単純明快だし、実装も特に必要ないし理想といえば理想だと思いますが、無料アプリがたくさんある中、わざわざ有料アプリを買う人も少なく、この収益モデルで食っていくのは大変そうな感じです。

無料+広告

アプリは無料でダウンロードできるし、課金も必要ない。遊ぶ人には一切お金が発生しないので、お金という意味では安心。

どこから収益を得るかというと、広告を掲載してその成果によって広告会社から報酬を受け取ります。

一番多いパターンじゃないかな。でもダウンロードたくさんされないと全然儲からないです。自分も最初そうだったけど、月1000円いかない。

例えばバナー広告1クリックされると良くて数十円。美味しい話しに聞こえるけど、クリック率なんてだいたい1%ですからね。100回表示されて数十円。アプリの遊んでもらえる期間にもよるけど、結局1ダウンロード数円〜数十円くらいになるんです。

あとはサラリーマンと同じくらいの収益を上げるには毎月何ダウンロード継続的に必要かって話しですよね。

無料+アプリ内課金

ソシャゲの多くがこれ。有力アプリとお金の動きは一緒だけど、射幸心を煽れるので収益としてはこちらの方が大きくなると思う。ほとんどがガチャでヘビーユーザーから万単位の収益を得ている感じ。

企業とかはこの仕組みありきでゲーム作ってるんだと思う。個人でも儲かるからやりたい人多いと思うけど、サーバーや継続的な運営が必須なので敷居が高い。

無料+広告+アプリ内課金

説明する必要もないかもしれないけど、アプリは無料で、広告もアプリ内課金もあるという感じ。厳密にいえば最近はこのモデルが多いけど、収益におけるアプリ内課金の割合が低いものが多い気もしてるので、そういうものは実質無料+広告モデルと考えても良いかなと。

で、ちなみに自分はこのモデルでやってるわけです。

新作の「私を甲子園に連れてって」に関しては広告よりアプリ内課金の割合が圧倒的に多いです。

何が言いたいの?

簡単な説明でかなり長くなってしまいましたが、アプリの収益と言っても、採用する収益モデルでユーザーの層は全く変わってくるんです。

例えると、1食300円で食べられる飲食店と、1食数万円の飲食店じゃ来る客が全然違うわけじゃないですか。

飲食店であれば、この層がきっちり分けられてて、ドレスコードまであったりするし対応もしやすい。

でもアプリの場合は、それがごちゃ混ぜになるんですよ。

すると何が起きるかっていうと

  • 無課金ユーザー → 平等にしろ
  • 課金ユーザー → 優遇しろ

ってなるんです。

分かります。ごもっともです。開発側としても、無課金ユーザーであっても大切なユーザーです。

広告を入れている以上、収益も頂いていますし、お金かけなくても楽しめるよう全力で開発してます。

でも……

少なくとも自分のアプリでは、収益の半分以上は課金ユーザーが支えてくれているんですね。

もう感謝しかないですよ。

さらに言えば、不具合なんかでご迷惑おかけしてしまっても、物凄く協力的でさらには応援してくれるんです。

もう感謝しかないですよ。

だからね、そこはね、やっぱ優遇したい気持ちになりますよ。開発者はただの人間ですからね。

もちろん、無課金のユーザーでも応援してくれたり、協力してくれたりして頂けるので一括りにするのも申し訳ないんですけど、そういう傾向があるという解釈をして貰えれば嬉しいです。

もちろん、無課金から課金ユーザーになる潜在的なユーザーもいたり、そもそもどちらも満足して頂けるような仕組みやバランスにするべきなんですけど……

目指してはいますが、とても難しいことなので、その過程で課金ユーザー寄りにどうしてもなってしまうのは、自分と家族の生活を維持して、アプリを継続的に開発し、みんなが楽しめるよう改善するために致し方ないことなんだなってことは知っておいて欲しい。

という色々ご意見を頂く中で、説明しきれないモヤっとした気持ちを書き連ねたくなって書きました。

自分のアプリで遊んで頂けること自体幸せなことですし、基本的には平等にご意見を聞いて、全員が楽しめるアプリになるよう改善させて頂いています。決して無課金ユーザーがどうとかいう意図はありませんし、アンインストールするその日まで無課金のまま遊んでいただいても全く問題ない(そのための広告でもある)ので、引き続き遊んでいただき、何かあればご意見頂ければ嬉しいと思っています。

スポンサード リンク

関連記事

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

no image

アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

iPhoneSEのSIMフリーを買ってIIJMioへのMNPする方法をまとめてみた

毎月の通信料に悩まされている方は多いかと思いますが、頑張って抑えようとすると複雑な3大キャリアの料金

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

結婚はデメリットだらけ?制限されたりする中にもメリットはある!?

世の中の方々は忘年会に忙しい時期だったのかもしれませんが、それも今日(執筆12/31)で終了ですね。

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑