AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

公開日: : ニュース, 仕事

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリーが流れてたので、ざっと読みました。

正確には割と真剣に読んでいたつもりが、あまりに長すぎたので途中で読み飛ばしてました。

どうやら炎上というか話題になっているので、既に読んでいる方もいらっしゃるとは思いますが、この一連の情報から学べることもあると思い記事にしてみます。

何のことか分からないという方も、社名でググって頂ければたくさん出てくると思うので敢えてリンクは貼りません。

スポンサードリンク

簡単に経緯を。

とはいっても経緯が頭に入っていないと話にならないと思うので、簡単に説明したいと思います。

  1. AppBankGamesが潰れる
  2. 社長がとある個人を猛烈に批判したブログを公開
  3. 批判された個人とは別の元関係者が社長を批判するブログを公開
  4. 数時間後にその記事は削除

つまるところこんな感じです。

はっきり言って、この4行だけ分かっていれば十分です。

それ以上時間を費やして流れを追いかけるのは、得られるものも殆どないので無駄な労力のような気もします。

最も大切なこと

まずこの一連の流れは他人を批判することで成り立っています。

責任を転嫁したい元社長、その元社長の主張を覆したい元関係者。

仕事をする中で色々あったのでしょうが、かなり感情的になって文章を書いてる印象を受けました。

正直、誰が正しくて、誰に責任があるかということは、私含め殆どの方は関係ないので、そこを追求すること自体に意味はありません。

ですので、そんな私たちがこの騒動から学べきことは、

人を批判するのは良くない!

ということだと思います。

仮にその批判が正しく、的を得ていたとしても、ブログで公開する必要はなかったと思います。

それでも公開したのは、人の足を引っ張りたいという気持ちがあったという心の表れでしょう。

批判は自分に返ってくる

現に元社長が個人を批判したことで、元関係者に批判される結果となりました。

第三者としては面白い流れになりましたが、他人の足を引っ張ろうとしても結果として自分にプラスになることはないという良い例になっています。

私も昔の会社を退職する際は色々あったので、恨みや告発したいことがないと言えば嘘になりますが、もう心の中に留めて忘れることにしています。

仮にそれを世に発信したとしても自分には何の得にもなりませんし、ただの暇人だと思われるだけです。

そもそも、潰れたとはいえ社内の事情をブログで公開すること自体が普通じゃないですけどね。

まとめ

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉に尽きます。

誰かを羨んだり貶めたくなることは人間なら誰だってあると思いますが、そう思ったとしてもその後の行動で大きく違いが出てきます。

幸い、私は今恵まれた環境で働いたり生活出来ているので誰かを批判するような出来事自体が起きてませんが、今後そういうことが起きないとは言い切れないので、気をつけたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

いい会社と悪い会社?働くならどっちが良い?

これから働く会社を選ぼうという就活生や転職する方には気に留めておいて欲しいことがあるのですが、あなた

記事を読む

錦織圭はお金持ち!テニスが上手いだけでお金が稼げる理由を考える

今や錦織はナダルにも勝ち、次世代を担うプレイヤーとして活躍していますが、一体どれだけお金を稼いでいる

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。 業績も良くて、向こう何

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

動画が見放題?Amazonプライムがとってもお得なサービスに!

今更Amazonの紹介をするつもりはありませんし、誰もが一度は使ったことがあるサービスと思います。

記事を読む

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。 もともと私は新卒で大

記事を読む

はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。 仮に上手くいっている

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑