安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

公開日: : 仕事

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。

業績も良くて、向こう何十年も存続する会社の社員になれれば、とりあえず安泰だと。

既に社員として働いている方も同じで、自分は大丈夫だ。と安心している方が大勢います。

つい数年前にリーマンショックや大震災があったにも関わらず。たまたま助かっただけなのに、何故か自分は大丈夫だなんて思う人が多いです。

こういう人は会社=自分だと勘違いしがちです。

確かに大企業の方が倒産の可能性が低いのは分かりますが、だからといって安定しているとは言えないのです。

 

なんで安定してる企業がいいの?

まず、どうして皆がこぞって安定した企業に入ろうとするのか。

それは『安心』したいということに尽きるのではないでしょうか?

そして家族を養ったり、ローンを組んだりするにはある程度、先の未来を計算できないといけない。

だから、潰れにくい会社を選ぶ。

うん、ごもっともです。

 

それってホントに安定してるの?

いくら安定した企業といえど、何があるか分からないのは説明しなくてもわかると思います。

数年前は誰もが羨む企業であったとしても業績不振・リストラ・早期退職なんて珍しい話しじゃなくなりました。

会社の要因だけじゃありません。

体調を崩したり精神病患ったり、冤罪で社会的信用を失う可能性だってあります。

そうなるとあなたが忠誠を誓ってきた会社は、あなたを全力で切り捨てようとします。だって利益を産まない人材なんて普通いりませんから。

そして、それがどのタイミングで起きるか分かりません。20代前半ならいくらでも潰しが利くかもしれませんが、30代後半にでもなれば再就職は困難を極め、元の生活レベルに戻すことは難しくなってきます。

 

つまり。

今、安定している企業に勤めている・内定が貰えたと安心しきっている人こそが、一番危惧すべき状況だと認識する必要があります。

会社の看板を背負ってるだけの人間が、会社の外に出たらただのおっさんになるということを知らないわけですから。

 

自分の意思でコントロールできないところで、自分の人生が変わってしまうことだってあります。

そのリスクを無視して安定というのはおかしな話しなのです。

 

一体どうすれば安定するの?

大企業でダメなら一体何がと思うかもしれませんが、逆に考えれば何があっても食っていける状態が安定していると言えます。

組織の歯車としてではなく、自分でお金を稼ぐことが出来るようになっておく必要があります。

だから安定しないと言われるベンチャー企業に就職し、本当に倒産したとしても、全く恐れる必要はないんです。

会社が潰れてもあなた自身はなくなりません。培ったスキルは必ず次に繋がります。

 

安定するには具体的に何をすればいいの?

ほんの一例ですが、新しいことを積極的に取り入れたり、流行に敏感になったりする必要があります。

TwitterなどのSNSで情報収集することからまず始めると良いと思います。

そして、SNSでもブログでもなんでもいいので情報を発信していく。

 

また、複数の事業に参画しておくことも安定するには重要です。

よく会社規定に副業禁止とありますが、人材の翼を折って囲い込みたいだけの規約です。

もしものときに会社は何も助けてくれないので、自分を守る為にも無視するべきだと思います。

 

まとめると

要するに安定はありません。常に考えて行動することが最大の安定志向です。

世間から見れば少数意見なので、転職や退職をするタイミングでは安定を捨てているようにみえますし、理解できないなどなど批判や心配はされます。

特に私の場合は妻の妊娠中に独立するなんて会社に伝えたものですから、不思議がられたり笑われたりもしました。

ただ、自分の人生は他人の顔色を伺って決めるものじゃありませんし、正しいと思ったことをやるべきだと思っています。

今、就職や転職を考えている方も企業の名前などに惑わされずにしっかりと考えてエントリーする会社を選んでみてください。

スポンサード リンク

関連記事

公務員だって副業した方が絶対良いと思う理由

公務員って法律で副業が禁止されちゃってます。 業務に専念する為とか、特定の企業に加担することが

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニ

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

基準は何?仕事選びで軽視されやすい最も大切なこと!

私がアプリ開発者になる前は、基幹会計系のプログラムを組んでいたという話は何処かで軽く書いたかと思いま

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

請負?いやそれ派遣でしょ!?常駐社員は自分の損益分岐点をまず把握しよう!

私は2つの会社に勤めていたことがありますが、一つは東証1部へ上場していて割と収益が安定していた企業(

記事を読む

眼帯勉強法?仕事を永遠に続けられる裏技

アメトーークという番組をご存知でしょうか? 芸人がとあるテーマについて語る番組なのですが、家電

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑