【実体験】育児で一番大変なことは何か?

公開日: : 育児

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。

私の場合は、自分が会社に属していないおかげで毎日夫婦2人で子供の面倒が見れるので、一般的な家庭よりは楽な部類だと思います。

しかし、妻の実家が300キロ以上離れているので、誰かに頼ることが出来ません。

私の実家も60キロくらい離れているので不可能ではありませんが、母親からしてみれば夫の実家に子供を預けるのは忍びないし、預けるために県外まで移動しなくてはいけないのは大変過ぎます。

逆にそういう状況になることが分かっていたので、私は在宅に拘った経緯もあるのですが、こういった環境下で1年半育児を振り返って、一番大変だったなと思うことを挙げてみたいと思います。

スポンサードリンク

息抜きが出来ない!

育児をしていて、嘘だろ?っと思ったことが自分たちの行動がかなり制限されてしまうことです。

子供のことや周りへの迷惑を考えたら本当に出来ることが限られてしまいます。

映画なんかも観れないし、カラオケとかも行けません。食事だって居酒屋なんてとても行けないし、どちらかが面倒みていないと食事が出来ないので、ゆっくり味わって食べることも殆どできません。

子供をどちらかが面倒をみて、1人で遊んだり友人と会ったりするのは勿論出来るのですが、2人で息抜きは全く出来ない状況でした。

親の協力は本当に大きい

友人夫婦をみていても月に数回は子供を親に預けて飲みに行ったりしているらしいですが、普段は母親1人で育児をして大変でも、そういった頼れる場所があるだけでかなり違うように思います。

常に子供中心の行動というのは、親として当たり前なのかもしれませんが、人としてはどうしてもストレスが溜まるので難しいところです。

理由は色々あると思いますが、親に頼れない環境下での育児は想像以上に大変になると思うので覚悟してください。

しかも2人で協力してこれなので、1人の方は相当しんどいと思います。

まとめ

育児は基本的に大変なので、どれが一番大変かと明確に答えることはできませんが、期間がとても長いことなので、息抜きできるかどうかはとても重要になってくると思います。

保育園などにも一時的に預かってもらうことができるはずなので、上手く利用して時には息抜きをすることをお勧めします。

スポンサード リンク

関連記事

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑