子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 ニュース, 育児

育児している方にとって面白いニュースがありました。

「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を意識的に推論」 京大院教授のグループ発表

この記事が正しいとするなら子供が親の表情を伺うようになるのは3歳半からだそうです。

確かにまだ1歳弱の息子はイライラして接してしまっても、特に顔色変えずにわーわーやってますから納得できる部分はありますが、実験の方法もかなり限定的な手法なので、私は1歳になるころには親の顔を伺うようになってるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

物事の良し悪し

ハイハイが出来るようになってからは、部屋の中を縦横無尽に這い回ってます。

危険がないようにありとあらゆるものは撤去してはいますが、どうしても時と場合によってはカバンだったり商品の袋だったりが手に届いてしまい、遊び道具になってしまったりします。

だいたいのものは仕方ないとこちらが開き直って、気がすむまで与えていますが、誤飲の恐れがあったり、大事なものの場合は流石に取り上げています。

こういうことを繰り返していたら、息子は新しいものを手にいれたタイミングで親の顔を確認するようになった気がしています。

たまたま目があっただけなのかもしれませんが、「これで遊んでいい?」と聞いてきてるような感じです。

また、キッチンには策をして通れないようにしてあるのですが、開けっ放しになっていると侵入を試みようとするのですが、その時も親の顔を伺ってから突撃してます。

こういった経験から、何が良くて何が止められるのかは1歳弱の子供でも少しずつ判断できるようになっていると思います。

表情以外の情報

ニュースでは「表情」で気持ちを推論する能力とありますが、実際は過去の経験だったり音だったりたくさんの情報があります。

表情だけでは難しいのかもしれませんが、それ以外の情報を頼りに小さな子供でも親の機嫌や表情を伺っているはずです。

仮にこの発表を受けて、3歳半までは怒り狂いながら育児していても影響はないと思ったら危険だと思います。

両親のケンカが良い影響を与えないのと同じように、3歳半になる前から接し方には気を付けたいところです。

まとめ

人の顔色を伺うようになるのは立派な成長だと思いますが、それで遠慮してしまうようにはなって欲しくないですね。

叱られたりすることも覚えながらも、失敗を恐れず色々なことをやってみて欲しいので、子供の行動に対する接し方は注意していきたいです。

特に、未然に危険を全て取り除いてしまったりすると、原因と結果を知るタイミングがなくなってしまいます。

親が見ているのなら、危険なことでもギリギリのタイミングまでやらせてあげて、危なくなったら助けてあげればいいと思います。

多少は怖い思いや痛い思いをするかもしれませんが、大切な経験になるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

関連記事

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

急げ!Amazonプライム会員に登録するとこんな特典が!!

先日こちらの記事を書きましたが、プライムビデオがスタートしたのはつい先日でした。 とい

記事を読む

天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。 小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

優先席で携帯はOFF??間違った情報に騙されないようにしよう!

今や電車を利用することが極めて稀になってきました。 通勤もなければ、基本的に移動は車なので、前

記事を読む

何が起こるかわからない!?モンストが削除されてちょっと得した話

もう事態が収束しましたが、先日モンストが突如AppleStoreから消えるという事案が発生しました。

記事を読む

子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

今週末は神戸へ行ってきました。 自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑