子供のお金はどうする?お金の教育の必要性を考えてみた

公開日: : 育児

独立してからお金に対する考え方が大きく変わりました。

それまでは、ただお金について何も知らなかったというのが正しいかもしれません。自分で稼ぐようになって初めて分かることが多く、もっと早くから知っていれば、また違った道を歩んでいただろうなと思うほどです。

そう考えると、子供に対してお金の教育って必要なんじゃないかと思うようになりました。

 

学校が教えてくれるわけでもないですし、かといって独立しないとなかなか気付きにくいような気もするので、リスクの小さい子供のうちから親が教えてあげるのが一番良いように思えるわけです。

また、世間的にもお金の話しは子供から遠ざけておくものという風潮に違和感を覚えたこともあって、この記事を書くきっかけになってます。

まだ自分の子は1歳にも満たないので実践したわけではありませんが、子供のお金の教育について大切だと思うことをまとめてみました。

スポンサードリンク

お金を与えない

お小遣いはだいたいの人が貰っていたと思いますが、『何もしないで手に入るお金』に依存してしまうのはよくありません。

子供がお金を欲しがるのは『何かしたい時』なので、この強いモチベーションを上手く利用して、お金を集める方法を考えさせるのが良いと思います。

なので、ただただ毎月のお小遣いを使わず我慢して貯め、欲しいものを買う・使うという考え方は、大人になっても給料の中でやりくりするという生活から抜け出せない要因になると思います。

どうしたらお金が手に入るかという原理を子供のうちから学ばせておけば、もしかしたら良い経営者になるかもしれません。

とは言っても子供が世間からお金を稼ぐことは難しいので、親がまず与えてあげる必要があると思いますが、何か家庭に貢献したらその見返りに渡すという方法を取るのがいいのかもしれません。

家庭の経済状況や、子供がしたことの貢献度に対して渡す金額を調整すると、どうして貰える金額が違うのか、その理由も考えられると思います。

 

お金を何に使うか

小遣いの範囲なら何に使ってもいいとするよりは、ある程度用途を決めて使わせた方が良いのではないかと思います。

お菓子のような一時的な娯楽に全て使ってしまうよりは、本などの自分への投資になるようなものにお金を使うという経験も大切です。

特に勉強の参考書みたいなものはお小遣いとは別で親が出してあげるということが多いと思いますが、それも子供に支払わせることで、自分への投資を学ばせることができるのではないかと思います。

 

お金を引き離さない

子供に苦労はさせたなくないという気持ちが強い為か、子供はお金のことを考えなくていいと引き離してしまうことがあるかと思います。

お金に対して、子供に対する見栄やお金は卑しいものだという考えがあるのかもしれませんが、子供もいつかお金を扱わなくてはならない時が来ます。

そして、お金については学校では教えてくれないので、親が教えるしかありません。その親がお金を引き離していたのでは、子供はお金に対して未熟なまま大人になってしまいます。

ですので、子供にもお金・コストなどについて考えさせた方が良いと思います。

 

まとめ

日本人は昔から技術を子供に伝えるのは長けているのかもしれません。そうやって守られてきた伝統工芸がたくさんあります。

それと同じようにユダヤ人は、世界的な成功者(Google創業者、Microsoft創業者など)が多いことで知られていますが、優れた金銭感覚が受け継がれているのかもしれません。

特に子供がお金を稼ぐことは良くないことだという認識が強いですが、それは大切なことを学ぶ機会を奪ってしまっているのではないかと思います。

もちろん、詐欺まがいな方法で稼いでいる場合は注意する必要がありますが、お金を無意味に遠ざけた結果、大人になってからやってしまうよりは良いと思います。

スポンサード リンク

関連記事

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑