仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

公開日: : 育児

もう来月には子供が1歳になります。

臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当にこの1年間は妻と子供と一緒に時間を過ごしてきました。

やっぱり子育ての苦労は聞いているだけでは理解できないことが多く、やってみて初めてわかる辛さや大変さを感じました。

それでも、普段は妻が中心に育児をしているので、ほぼ一人で子育てしている母親の苦労には到底及びません。

妻も、私が常に家にいるので世の中の母親よりは苦労していない部類になると思います。

こんな感じに一般的には珍しい環境ではあるのですが、子供にとっても両親がいた方が良いのではないかと思ってるわけです。

でもこれは研究でも実験でもないですし、比較することもなければするつもりもなく、どちらが本当に良いのか分かりません。

こればかりは自分たちが良いと思ったことを自分たちの責任でやっていくだけです。

そんな中、1つだけ決定的にわかったことがあったので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

母親が好き

1歳くらいの子は、本当に母親が好きです。

母親しか泣き止まないとかそういう話しはよく聞くと思います。

それは授乳するからというのもあると思いますが、一緒にいる時間が圧倒的に多いからだと思います。

父親は普段は仕事で家を空けていますし、酷い場合には子供が寝た後に帰ってくるなんてことも珍しくないから当然といえば当然・・・

 

そんなふうに考えていた時期が私にもありました

 

どうやら一緒にいる時間に関わらず、子は母親が好きみたいです。

これだけ一緒にいた私でも、最近は妻から抱っこを変わろうとすれば泣くし、ひたすら妻の後追いをしています。

父親である私で満足してくれるタイミングは、妻がいなくて仕方ない時くらいで、抱っこしてあげようにも手で突っ張って下せと言わんばかりの拒否を示すことも。

ご機嫌な時はたまに私でも大丈夫なときはありますけど、まぁ何というかお母さん大好きだなぁと。

ここまで一緒にいてこうなのだから、外で仕事している世の中の父親は仕方ないですよ、ホント。

多分、一時的なもの

というわけで、子供には母親大好きな時期があるみたいです。

やっぱり男と女の2択だったら女がいいのと同じですね、きっと。

でも、一時的なものだと思いますし、一緒に遊べる時期になれば子供からの需要も増えるかなぁと思うのでめげずに頑張ります。

妻も妻で育児が属人化しつつある傾向に大変さを隠しきれてないので、2人いたとしてもバランスが偏ると大変ですね。

まとめ

育児してると変化があって毎日が楽しいです。

確かに仕事も大切ですが、自分の子供の成長は本当に貴重だと思うので、仕事を辞めてまで育児していて良かったと今でも後悔はしていません。

仕事辞めて好きなことで稼いでるからというのもありますが、恵まれた環境だと思います。

ここまで思い切った行動しなくても、父親も育児には十分参加できると思うので、これから子供が産まれる方は頑張っていただきたいです。

 

スポンサード リンク

関連記事

子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

今週末は神戸へ行ってきました。 自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

20年ぶりくらいにドラえもんを見たらカオスだった件

最近はずっと開発に追われてブログはもちろんプライムビデオもなかなか見れてませんでした。 が、子

記事を読む

繋がらない!?ディズニーの英語システム「DWE」のフリーダイヤルが混雑しているときの対処法

ディズニーの英語システム「DWE」のTelephone Englishは14:30〜21:20の間に

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑