私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 アプリ, 仕事

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。

新婚旅行で何気なく撮ったものが、こんなところで使えるなんて面白いなぁと思いつつ、そういう想定で撮ってないので気に入らない部分があることもあります。例えば、人が映ってて邪魔だったり。

タイトルは、ミスリードされるとトンデモない発言に聞こえますけど、何一つ偽りもない事実でございます。

ということで、昨日の画像も邪魔な男一人を消したものなので、せっかくなのでビフォーアフターを公開してみようと思います。

スポンサードリンク

Before After

まずは公開した画像です。

ぱっと見わからないと思いますが、加工されてます。どこに男がいたか見つけてみてください。

IMG_0283_delete

 

 

で、こちらが元の画像。

といっても、例の男性にはモザイク処理をかけてます。

IMG_0283

違いわかりますか?

というかど真ん中!って感じですね。

この作業自体はアイキャッチ画像に使う程度にしか考えてないのでそこそこ雑にやってますが、知らなきゃわからないレベルにはなっていると思います。

アプリ開発者はみんなできるの?

「私くらいのアプリ開発者」というのは語弊があるかもしれませんが、個人でアプリ作ってる人はプログラムだけでなくアイコン画像を作ったり、プロモーション用画像を作ったりするので、こういった作業もできる人が多いと思います。

プログラムだけやってればいいわけじゃないのである意味大変ですが、実用的なスキルも身につくので楽しいが大きいです。

例えば、結婚式に使う写真を都合のいいように加工してみたり・・・開発者冥利に尽きます。

どうやって消した?

開発者ともなると、何か凄いソフトか何か使ってると思われるかもしれませんが、フリーソフト「Gimp」を使ってるだけです。

といっても機能はPhotoShopレベルなので使い方次第で何でも出来るようなソフトではあります。

ちなみにスタンプという機能を使って、男性のいた左側の柱の部分を利用して塗りつぶしてます。

こうやって、背景のパターンがはっきりしていると難易度は下がります。

まとめ

アプリ開発だけでなくこういった作業もご依頼があればやりますよ!という営業も含めて記事にしてみましたが、面白そうと思った方は自分で挑戦するのも良いと思います。

将来仕事にするつもりならGimpではなくてPhotoShopを使っておいた方が役に立つと思います。

PhotoShop

昔は買い切りで何万という高いソフトでしたが、今は月1,000円とかで使えちゃいます。

あ、ちなみに写真加工の営業しましたけど、仕事がなくて困ってるわけではないです。リリース済みのアプリのアップデート、次回作の開発だけで結構忙しくしております。

ということで、強引にアプリの宣伝にも繋げてみましたが、次回作も開発真っ只中です。ご期待ください。

スポンサード リンク

関連記事

社会人になる前に!残りの学生生活はこう過ごそう!

残りあと少しで社会人。 就職活動でどこかに内定を貰っていれば、年越しはゆっくり過ごせた方も多い

記事を読む

【画像あり】「草野球チームを作ろう!」次回作の一部を公開!ユーザーの要望に応え新機能盛りだくさん!

「草野球チームを作ろう!」のiOS版リリースが2月中旬。Android版が5月末。

記事を読む

プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートを

記事を読む

「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃ

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

アプリ1本でどれだけ儲けることが出来るのか?なんと平均44,000円らしい!?

アプリ開発者のほとんどがお世話になっているだろうメディアがありまして、ヒット作を生み出した方にインタ

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

独立したけどやる気がでない?私が経験したモチベーション維持の秘訣!

先日、気になる記事があったので思わずリツイートしてしまいました。 まだ1年だけど出勤したいと思

記事を読む

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

我慢は禁物!?老後じゃなくて今を楽しもう!

老後の為に。と考えている人は多いと思います。 特に年金が期待出来ないとか色々言われているので、

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑