アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

公開日: : アプリ

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併せてブログも始めて、かつ直ぐに消えていく人の共通点は、技術ブログを書き始めるところだと思ってます。

理由は単純で、初心者の技術なんてニーズがないからです。

そんなブログ書いてる時間あったらTwitterやってた方がマシ。

これは、考えれば誰でもわかるのに、読む人のことを全く考えてないから気づかない。だから作るアプリにも同じ傾向が出てしまいダウンロードされないし収益にならない。

当然、直ぐに消えていくというわけです。

技術ブログを書くなら、開発者の大半が泣いて喜ぶような内容を書きましょう。

一応誤解されないように補足しますが、全く意味がないわけじゃないです。

これから収益を上げていくという目的があるのに、時間を割いてまでやるべきことじゃないと言いたいのです。

で、どうするべきかというと、考えていることや失敗したことをブログに書きまくった方が絶対に良い流れに向かいます。

今回はその理由を書き並べていこうと思います。

スポンサードリンク

人がチャレンジしているのを見るのが面白い

大半の人が、チャレンジしているのを遠目から見て、失敗するのを嘲笑うのが好きです。

チャレンジしている本人としては腹立たしいだけかもしれませんが、逆に考えれば多くの人に知ってもらえるチャンスだということです。

「無茶なチャレンジして、失敗するのは分かってるけど、この人その後どうなるんだろう?」

そう思ってもらえれば御の字です。

失敗したことを公開するのは恥ずかしいかもしれませんが、興味を持ってもらいやすいので公開して損することはありません。

アイデアは無価値

よほど実績があったり、企画のプロだったりすれば別ですが、素人の思いつきは基本的に無価値です。

それなのに、アイデアの盗用を警戒してギリギリまで温めて、リリースして初めて無価値だったことに気づくという失敗はよくあると思います。

そうならない為には、誰かに意見を貰うことが必要です。友人でも良いですが、できれば実績のある開発者やマーケティングに長けた人がベストです。

普通はそんな人近くにいないと思いますが、Twitterやブログでどんどんアイデアを公開してみることで、きっと反応が得られるはずです。その反応が良いものを形にしていくと良いと思います。

ただ、さすがにネットだとアレだというのなら協力的な人に意見を直接聞いてみても良いと思います。連絡しても無視されるかもしれませんが…

差別化される!

少しでもマーケティングの知識があるのであれば、作るアプリには他とは違った特徴を作らないとアピールすらできないのは分かっていると思います。

アプリに限らず差別化は最重要項目なわけですが、アプリはレッドオーシャンと言われているほど溢れていて、オリジナルのつもりでもパクリだと言われることがあるくらい差別化が難しいのです。

そこで、アプリの本体ではなくてアプリの製作段階で差別化します。

そもそも、企業がクオリティの高いアプリをリリースしているので、個人でそれに勝るものが作れる人はそうそういません。だからこそ製作段階で差別化することが有効になります。

やり方は言うまでもなく、ブログに考えていること失敗したことを書きまくることです。

アプリが出来上がるころには、立派な製作ストーリーが出来上がってます。

これはクオリティの枠を超えてダウンロードする動機としては十分な威力があります。

面白かったりインパクトがあるストーリーならば、メディアにも取り上げられやすいです。

自分がブログを書いている理由もだいたいこれですし、効果を実感してます。

まとめ

ブログを書いていると一応アドセンスやアフィリエイトの収益もありますが、それよりもマーケティングとしての効果の方が大きいと思います。

聞かれなきゃ話さないのではなくて、聞かれないなら勝手に話すくらいのスタンスが良いのです。

ブログをやっていない方も、これを機会に初めてみると何か変わるかもしれませんし、技術に自信があるわけじゃないのに技術ブログを書き始めちゃった人は閉鎖して方向性を変えてみてくださいw

最後に、まだ誤解されてる方がいたらいけないので、再度補足しますが、技術ブログを書かれている方には本当にお世話になってますし、お会いしたタイミングでお礼するようにしていますが、とても感謝しています。

自分みたいな技術もなく、自分で精一杯な状態ではとても技術ブログを書く余裕はないので尊敬してます。

というわけで、技術ブログを書けるほどの方々には今までと変わらず、今後も頑張って頂きたいです。お願いします。

スポンサード リンク

関連記事

野球王国は大阪!草野球ゲームをリリースしてわかったことをまとめてみる

2015年2月にiOS版「草野球チームを作ろう!」をリリースし、同年5月末にAndroid版をリリー

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

アプリ開発者がオススメする年末に遊びたいアプリはこれ!

12月はクリスマスやお年玉があるおかげで、商品の需要がとっても伸びます。 ゲーム業界も、ここぞ

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがな

記事を読む

話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

以前からアプリ業界の闇を紹介することがありましたが、またもやキワドイものがリリースされ話題を呼んでい

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

アプリ1本でどれだけ儲けることが出来るのか?なんと平均44,000円らしい!?

アプリ開発者のほとんどがお世話になっているだろうメディアがありまして、ヒット作を生み出した方にインタ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑