アプリで使用するイラストを募集!?まずやってみる精神で自分が描いてみた結果

公開日: : アプリ, 仕事

このブログでも、まずやってみないと分かんないことあるから、とりあえず深く考える前にやってみた方が良いと主張してきました。

その方が学ぶことも多いし、早いし。悪いことより良いことの方が多いという理屈です。

で、ちょっと話は逸れますが、開発中のゲームにキャラクターを登場させようと検討していて、さすがに無料の素材では気が引けるのでイラストレーターを探しています。

色んな集まりに参加してはイラスト描ける人を紹介して欲しいと懇願したり、クラウドソーシングで募集してみたり、Pixiv登録して絵師さんを探してみたり、今月末には学祭に出向いてスカウトしようかなと計画中だったり。

そうなんです、気づいたら凄く精力的に行動してました。

なのに、イラストに対しての予算は数千円というシビアな条件なので余計に難航してるわけです。

もう数万円出して、クオリティ高いもの描いてもらって、イラストレーターを探す手間を開発に当てた方がいいんじゃないかということには若干気付いているのですが、冒頭の考え方で、まずは自分で描いてみたらどうか?と思いついてしまったのです。

YouTubeでも「○○○描いてみた」とか、「髪の描き方」みたいな参考になる動画もたくさんあるし、いきなりオリジナルのイラストを描くのは難しいかもしれないけど、まずは模写ならいけるだろうと。

実は私、創作する絵は苦手でも模写だけは得意なので、結構自信あるんです。

で、1時間程ノートにあーでもない、こーでもないと描いてみたものがこちら。

スポンサードリンク

IMG_3164

 

あえてキャラ名は伏せておきましょう。

描いてる途中は、もう瓜二つだと自分を絶賛しながら描いていたのですが、完成して妻に見せて「う〜ん・・・」。

そんなはずはないと、iPhoneカメラで撮って改めてみると「う〜ん・・・」。

ほとんど一緒なのに、わずかな違いで印象が全然違うんですね。

線を描くことに慣れていないと、また同じ絵を描いたとしても多分別人になるんだろうなぁと思ったところで、

やっぱり自分でイラスト描くのは難しい!

という結論に落ち着きました。

冷静に考えれば、線が安定して描けるようになる、ツールの使い方を覚える、色を付ける等、実際にアプリにイラストを使うまでの道のりは果てしなく遠い。

やっぱ誰かにお願いするのが良さそうです。

しかし、描いてて楽しかったですし、イラストレーターの凄さを感じれたので良かったと思います。

こういった自分にないものを持ってる人を探していると、たまには自分はプログラムだけして、企画とか音楽とかデザインできる人達と組んでアプリを1つ作ってみたいなぁなんて思ったりもします。

でも、きっと自分の思うようにできた方が性に合っているんだと思うし、そんな人と出会えてないし実現はしないと思われます。

最後に、こんな状況を哀れんでイラスト描いてあげるよーっていう神みたいな人がいたら連絡ください。

スポンサード リンク

関連記事

ブログ始める方必見!長くブログを書き続けるコツをまとめてみた

まだブログを何年も続けてるわけじゃありませんが、ほぼ毎日更新できていているのでこれからも続けられそう

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

できる人になるには?できない人との差は語彙力!

できる人の定義って何でしょうか? 私は問題解決能力が高い人だと思っています。 この問題と

記事を読む

逃げるが勝ち!会社を辞めるときに必要なことを教えるよ

私が新卒で入社した会社はとある業界ではとても有名な会社で、初めてそっちの方とお話ししたとき、その事実

記事を読む

これってパクり!?そんなアプリが量産されているのでアイデアの出し方をまとめてみた

個人のアプリ開発者にとって、アイデアは生命線ともいえる要素の一つです。 何か目を引くアイデアで

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

リリース直前情報!草野球チームを作ろう!レジェンドの制作秘話を公開

リリースまでのラストスパートと思って2月後半から根詰めて頑張って参りましたが、一体いつ終わるんだとい

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑