リフォームで失敗!?そうならないために大切なこと

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 ライフハック

リフォームと聞くと良いイメージがありますよね。

妻の実家が実際にリフォーム中ということもあり、この休みにその話を聞いたところ、どうも担当者の対応が気に食わないらしく、あーだこーだと苦労しているようでした。

大きな買い物なだけに失敗はしたくありません。その為の教訓みたいなものがわかった気がします。

といっても当分は賃貸のつもりなので役に立つときが来るかは分かりませんが、前職でお客さんの要望を聞いてシステムを構築する仕事(SE)をしていたこともあり、業者の気持ちも分からなくないなとも思ったので、一つ記事を書いてみようと思います。

スタンスとしては客の目線でこうした方が満足できる可能性が高くなるよってことをまとめます。

リフォームだけじゃなく、結婚式、システム構築などの高い買い物には活きてくると思うので、頭の片隅にでも置いておいてもらえるといつか役に立つ時がくるかもしれません。

スポンサードリンク

意見をまとめる

一番大切なのはどうしたいのかを予め決めておくこと。

業者も要望が色んな人から出てくると誰の意見を取り入れていいか混乱しますし、それが対立していたりすると尚更です。

打ち合わせも長丁場になることが多くなるので、決めれるところは決めておく。そして誰に決定権があるのか明確にしておくと良いです。

リフォームだったら家にいることが多い妻に決定権を持たせるみたいな感じです。

妥協はしない

決めることが多いと、だんだんと疲れてきて投げやりになりがちですが、業者が勧めてきたものをそのまま受け入れるのはよくありません。しっかり検討して自分達が主体で決めていきましょう。

こういうものは作業が始まってから、「やっぱこうしたい!」と思っても変えられませんし、何より不満が残ってしまいます。

プロの意見を聞く

自分たちがこうしたいと言っても、時には業者が理由を並べて受け入れてくれないことがあります。しかし、本当にお客さんのことを考えて言ってくれてる場合であれば、その通りにした方が良いことの方が多いです。仮にもプロですからね。

ただ、こればかりは見極めが必要ですが、業者が面倒だから・やっても儲からないからという理由で言ってることもあるので注意です。

業者の提案にどれだけの説得力があるのかを判断しましょう。

逆にこういった納得のできる提案をしてくれる業者以外はやめた方がいいです。

まとめ

細かく分類すればもっとあると思いますが、結局は担当者と上手く意思疎通できるかが全てだと思います。

ですから、業者の選定の際には担当者と上手くやっていけるかというのも重大なポイントです。

妻の実感のリフォームも結果的にどうなるのか楽しみですが、こういう話しを聞くと賃貸っていいなぁとも思ってしまいますね。

スポンサード リンク

関連記事

友人のお墓参りに行ってきたので作法をまとめてみた

学生時代によく一緒にいた友人が卒業して数年後に亡くなってしまっているので、私はこの季節に友人たちとお

記事を読む

SIMフリーのiPhoneを買って格安SIMのIIJmioを使ってみた結果

もう半年ほど前になるのですが、ちょうどキャリアの2年縛りから解放されるタイミングでSIMフリーiPh

記事を読む

ココイチのカレーを安く食べる方法はポークソース?

知らない人はいないであろうカレーチェーン店のCoCo壱番屋。 結局レトルトカレーだとか言っても

記事を読む

スタバのエシカルコーヒークイズに挑戦してみた

全問正解した方の中から抽選で1000名にドリンクチケットが貰えるそうで、早速やってみました。

記事を読む

【梅シロップ】1週間経過したので振り返ってみる

先週の6月22日に梅を買ってきて梅シロップ作るよって記事を書きました。  

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

まだ間に合う!梅シロップを作ってみた

もう6月も下旬となり、そろそろ青梅がお店から姿を消そうというところで滑り込みました。 1kg5

記事を読む

日帰り甲子園!名古屋から甲子園決勝を観に行ってきた

甲子園といえば特別な場所ですよね。 かつて私も白球(柔らかい方)を追いかけていた身ですので、い

記事を読む

我慢は必要?節約の極意を教えます!!

起業とか独立しようとした時に、だいたい数ヶ月分の生活費は確保しておくようにというのは鉄則です。

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑