就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

公開日: : よもやま話, 仕事

なんか就活が始まったみたいですね。

人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落とされる前から準備していてスタートダッシュを決めた人もいれば、まだ何もしてなければ進路について何も考えてないって人いると思います。

自分もその後者のパターンでしたが、全く準備も心構えもできてなくて、ただ単にブラック企業は避けたいなーなんて思ってる人はこの記事は必ず読んだ方がよいと思います。

あなたが生きてきた人生の中では一番大切な時期になるので、これだけはするなってことをまとめてみます。

スポンサードリンク

就活をするな!?

何も準備できてないのに、就活をするのは愚かです。

なぜかというと、就職先を探す以前に就職するのか否かも決めることができるからです。

それを流されて就職という道を選んでしまうのは勿体ない。

まずは、独立することを視野に入れてください。

仮に独立しようとした時にどんなビジネスをしたいか?どんな業界で戦いたいか?

それを考えると思いますが、それがあなたのやりたいことである可能性が高いです。

まず、これをしっかり把握しましょう。

もちろん、本当に独立する必要はありません。

資金的に苦しかったり、勇気がないということもあると思います。しかし、独立を一度視野に入れるかどうかで、見えること、わかることが全然変わってくるのです。これは人生の岐路を決める中で一番大切なことなのです。

就活を頑張るな!!

最初に、大切な時期だと言いましたが、就活が大切だという意味ではありません。

学生からしたら人生を決める一大イベントみたいな感じかと思いますが、企業からしたら誰を採用したとしても結局蓋を開けてみないと分からないから、良さそうな学生をフィーリングで選ぶ作業なんです。

後々、何がダメで不採用になったかとか、いろいろ情報が流れてくると思いますが、それは落ちた人が勝手に思ってることで、本当は採用担当との相性が良くなかっただけに過ぎません。

つまり運が悪かっただけなんです。

それなのに、就活だといって頑張って、結果に一喜一憂するのはばかばかしいです。

就活が上手くいかなくて思い悩んでしまうとかホントにアホだと思います。だからどこからも内定が貰えないんです。

就職なんかしなくても、大学院等に進学する選択肢もあれば、起業だってできます。

ちなみに就活しても社長になれる可能性は0に等しいですが、起業すれば100%社長になれるんですよ。見栄はりたいならどんな内定先よりも立派ですね。

これくらいの気持ちで就活した方が、結果的には上手くいくと思います。

内定をたくさん勝ち取る人がいる?

就活は運だと言いましたが、中には何社からも内定を勝ち取り、選ぶのに悩む人なんかもいると思ったら、1社からも内定貰えない人もいます。

こういった事実を見ると、運じゃないと思うかもしれませんが、そうではありません。

既に書いた通り、採用担当者との相性の問題で済んでしまいます。

そりゃイケメンだったり美人の方が内定率は上がるに決まっているでしょう。

どの企業も、平等に審査するなんて言っても書いてもないです。あるのは公務員くらいですね。

それと、はっきりと喋れる人の方が好印象になるのも当然なので、内定たくさん貰えるような人は大抵こういう人です。

どうしても内定欲しい人は、外見はもうどうしようもないと思うので、下手に企業を研究したり自分探しなんかするより、筋トレしたりボイトレにでも行ってください。その方が絶対効果出ますよ。

まとめ

就職するのか、しないのか。

どの企業に就職するのか。

正解なんてありません。

あるとすれば、自分が実際に働いて、正解だと思えるならそれが唯一の正解なんだと思います。

労働環境とか給料とかが良ければ良いってものでもないですし、新卒で入社した会社に一生在籍し続けるわけでもないと思います。

人生という長い目でみたら、それこそ進学先と同じ感覚の通過点です。

どうか焦って就活して失敗して自分を投げ出さないで、自分が納得できる生き方を探してください。

スポンサード リンク

関連記事

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

楽して儲けられる仕事?風邪で倒れていてもアプリ開発者は儲かってる??

久々に風邪をひいて寝込んでました。 サラリーマンしてたころは、働きに行きたくないので毎朝、体温

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニ

記事を読む

我慢は禁物!?老後じゃなくて今を楽しもう!

老後の為に。と考えている人は多いと思います。 特に年金が期待出来ないとか色々言われているので、

記事を読む

SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか? SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時

記事を読む

ホームページなどのウェブサイトから売上を伸ばす為に必要なことをまとめてみた

私はこういったブログも運営していたりするわけなので、WEB集客に関してもたまに質問をもらうことがあり

記事を読む

資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまと

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑