仕事を好きになるには!?働くとお金が貰えるという考え方を捨てると見える世界が変わる!

公開日: : 仕事

私は仕事がとても嫌いでした。

大学の時には遊ぶ金欲しさに合計で2つのバイトを経験しましたが、すぐ辞めました。

就職して、数年間は残業代でウハウハしてましたが、毎日22時以降まで働かないと収入増えないしシンドイし、好きでもないことに1日の貴重な時間を10時間時間以上費やすことが苦痛でなりませんでした。

 

それが今では、紆余曲折を経て働くのが好きになり、働けない時間に「仕事したいなぁ」なんて思うキチガイにまでなりました。

『好きなことを仕事にしている』というのもその理由の一つかもしれませんが、アプリを開発し始めて暫くは、仕事が好きという感覚はなかったので、考え方が切り替わったことが一番の理由だと思っています。

 

『働く=お金が貰える』という考え方

独立して暫くしても、時給換算という考え方がなかなか離れませんでした。

働いた時間に対する報酬を受け取るという考え方なので、どれだけ低いクオリティの仕事をしてもお金が貰えたり、時給や基本給が高ければ不満は感じないのかもしれません。

しかし、やりたいことをするにはお金も時間も大量に必要なんです。

毎日定時に帰って趣味に興ずり、家族を養い、年に1回は海外旅行、家を買って車も買って・・・なんて出来る人は殆どいないのが事実です。

いたとしても、受験戦争を勝ち抜き、就活戦争に勝ち抜き、ゴマをすりすりしながら他人の足を引っ張る出世競争に何年も勝ち残った猛者だけです。

つまり、時給換算の殆どの人はどんなに頑張っても年収数百万。好きなことできる時間は多くて年間120日程度。

時間をお金に換算している内は幸せにはなれないということに気がつきました。

 

『お金を稼ぐ』という考え方

自分の作ったアプリが初めて売れた時の感動は今でも忘れられません。

初めて『お金を稼いだ』瞬間でもありました。

初任給を貰った時も何かよく分からない特別な感情を抱いた記憶もありますが、これから毎月20万近いお金が自分の口座に振り込まれてくることにニヤニヤしただけのような気がします。気持ちがおっきくなってただけです、きっと。

 

で、この稼ぐという感覚は、たかが100円程度の収入でも達成感やワクワク感が凄くて病みつきになりました。

よく仕事の掛け算なんて言われたりもしますが、1人100円でも10万人にダウンロードされれば1,000万円になるわけです。

100円x(スマホ持ってる人の数)が可能な売り上げ額ですから宝くじなんかよりよっぽど凄いです。

まぁそんなことが起こるわけもなく今も苦しい財政状況なのですが、『稼ぐ』感覚こそが、今の自分の原動力になっています。

 

給料を貰うことと、稼ぐことの違いがよくわからないと思うのでまとめると、

給料を貰う:自分の時間を提供することによって報酬を得ること

お金を稼ぐ:自分のスキルや創作物に対して報酬を得ること

だと自分は思っています。

 

働きたい!仕事が好き!

今の収入、労働時間を考えたら誰がどう見ても真っ黒な企業なんですが、それでも楽しくて仕方がないです。

  • 今、流行ってることってなんだろう?
  • どんなジャンルのアプリを作ろう?
  • どんなアイコンがいいんだろう?
  • どんなゲームデザイン(ルール)が面白いのか?
  • どうやって皆に知ってもらおうか?

 

アプリ開発だけでも、考えることは山ほどあって、出来る工夫も無限にあります。

そして、どれくらいの売り上げを出してくれるのかリリースの度にドキドキします。

でも毎回裏切られ、採算見てみると真っ赤、損益分岐点なんていつだよってレベルなんですが、少しでも改善して次こそはと立ち直れます。

 

働けばお金は手に入るとは限りません。何時間働いても1円にもならないかもしれません。

が、考えたり、工夫すればするほど貰える報酬が多くなるので、働くのがとても面白く、仕事が好きになりました。

 

まとめ

自分の中で起こった考え方の変化をまとめてみると

  1. やりたいことを今やりたい!
  2. 時間とお金が必要だ!
  3. 独立だ!
  4. やりたいことをする時間はある。あとはお金が必要!
  5. どうしたら・・・

4と5をずっとループしているうちに働くのが好きになりました。

 

独立だけが仕事を好きになる方法じゃない

自分が独立したことで、考え方が変わったという話しなので、仕事を好きになるには独立しかない!と言いたいわけではありません。

言いたいことは、利益を出すために考えたり工夫したりすることが大事ということです。

これは就職していてもできることですし、そうすることで仕事を好きになることも可能だと思ってます。

 

というか、最後にこの一文を書いた理由は、

この記事を読んで触発され、辞表を出して何やら業を起こして失敗して、家族に見限られた挙句、路頭に迷われても何の責任も負えないということを明記するためでもあります。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんが出している『ゼロ』の本にも似た様なことが書いてあるので興味があれば読んでみてください。

人生が変わるかも!?

スポンサード リンク

関連記事

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

こんな会社は危険!?見逃してはいけない大切な基準

最近更新が滞ってます。 アプリ開発に全精力を注いでいるのですが、完成したと思ってリリース作業し

記事を読む

学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。 簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

その仕事、ちょっと待って!!目先の利益を求める危険性を考えてみた

アプリだけで生活していると言うと結構な確率で凄いとお褒め(?)のお言葉を頂戴することがあるのですが、

記事を読む

はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。 仮に上手くいっている

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑