リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

公開日: : 育児

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。

といってもほとんど妻に寝かしつけてもらってるので、たまに苦労する程度ですが、それでも大変です。

夜の9時くらいに寝かそうとしても、昼間並みのテンションで部屋をうろつき始めると、もう諦める以外の選択肢はありません。

そうなると24時まで起きていたりして、どう考えても成長には悪影響な気がしてしまいます。

最近では結婚記念日とかもあり、夜ゆっくりしたい一心で試行錯誤した結果、とある結論にたどり着いたので記事にしてみます。

スポンサードリンク

15時からは寝かさない

裏技的なものでもありません。よく言われてることだと思いますが15時以降にどれだけ眠そうでも、起きた状態をキープさせることによって夜はすんなり寝てくれるようになりました。

これ自体は私たちも知っていたことではあるのですが、気持ち良く寝ていたら起こすのも気が引けたり、眠そうなところをどこまで我慢させていいのか分からなかったということもあります。

そういった経緯もあったので、15時以降に寝かさない為のコツみたいなのをまとめてみました。

親が覚悟を決める

どうしてもタイミングによっては眠そうにしたり、むしろ寝てしまうこともありますが、まず親が寝かさないと意識しないことには始まりません。

私の場合は、妻が夕食の準備する時間帯でもあるので15時以降は私が面倒をみている時間が多いのですが、仕事もしたいので眠そうなら寝かせて作業していました。

結局これが夜の覚醒に繋がってしまっていたわけですので、目先の楽に負けない気持ちを持つことが重要です。

遊んであげれば眠気も吹き飛ぶ

自分だけじゃないと思いますが、少し眠い時に横になったりすると絶対に戻ってこれません。しかし、運動したりすれば不思議と眠気も吹き飛び寝なくても平気になります。

子供もこれと同じで抱っこしていたり、横に寝転がせておくとどうしても寝てしまいますが、身体を動かすような遊びをしてあげると意外と元気になります。

具体的には高い高いだとか、肩車してあげる感じです。ダンベル代わりにしてベンチプレスしたりもしてますが、子供にも好評で自分にもプラスなのでオススメです。

15時より前に昼寝させる

いくら遊んであげれば起きていられるといっても、限界はあるので事前に昼寝はさせておいた方が良いです。

家にいれば難しくなくても、外出していたりするとずっと起きてることも珍しくありません。そんな時でも、車の移動中等に30分でもいいので昼寝させてあげるとかなり違ってきます。

また、厳密に15時を境にしなくても良いと思うので、寝ていなかったら仮眠させてあげることも大切です。

まとめ

これを試しだしてからは20時くらいにすんなり寝てくれるようになり、起きるのも朝までに1、2度程度です。

夜にゆっくりする時間が確保できるようになったおかげで、自分だけでなく妻にも余裕が出てくるようになりました。

個人差があると思いますし、また成長によって上手くいかなくなることもあると思いますが、是非とも一度実行してみてもらいたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

繋がらない!?ディズニーの英語システム「DWE」のフリーダイヤルが混雑しているときの対処法

ディズニーの英語システム「DWE」のTelephone Englishは14:30〜21:20の間に

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑