ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

公開日: : 育児

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。

親からしたら大変そのものだと思いますが、成長している証でもあるので、上手に子供と付き合っていかないといけません。

いきなりこんなことを言い出したのは、仮に「イヤ」という単語を発しないで育てたらどうなるのか?ということが気になりだしました。

だって、子供は拒否したいのにそれに該当する言葉を知らないわけですから、どう表現してくるのか?

気になりますね。

そこで、満を持して教えるんです。

 

「だが、断る」

 

もうね、ネット上で誤用が多いとか、正しい使い方とかそういうのはどうでもいいんですよ。

絶対に面白い。(多分)

イヤイヤ期じゃなくて、だが断る期になりますから、一部の親はこんな大変な時期でも楽しく乗り越えられそうです。

スポンサードリンク

ネガティブな発言をしない

冒頭ではしょうもないことを書いてしまいましたが、もともと何が言いたかったというと、ネガティブな単語を使わないようにという話です。

育児に関わらず、こういった話は一度は聞いたことがあるかと思いますが、実践しようにも簡単ではありません。

「○○してはダメ?」

「○○していい?」

くらいなら意識次第で出来ますけど、子供が何かNGなことをしようとしている時は何て言えばいいのか?など言葉が思い当たらないですよね。

なので、難しく言葉を探すのではなくて、良い方向へ導いてあげるのが良いと思います。

床に落ちていたもの食べようとしているときに、「それはダメ」というのではなく、

「こっちにしよっか」と舐めても大丈夫なおもちゃを差し出して、さりげなく持ってたものを取り上げるみたいな感じです。

全く意識しないよりは、良い影響を与えると思いますし、何より自分にとってもプラスは多いはずです。

言葉は思っていなくても発言するだけで、自分に影響を与えてくれるものですので、きっとポジティブな人間になれるはずです。

まとめ

子供は1歳になる前から本当に周りのことをよく見ていてスポンジのように吸収していきます。

そんな大切な時期なので、自分からも良い影響を与えられるように意識しみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

関連記事

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

ベビーカーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法を教えます

育児をしている方なら間違いなく寝かしつけには苦労されていると思います。 産まれた時のあの可愛い

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑