ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

公開日: : ライフハック, 育児

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

東大などのように誰が見ても一流の大学なら色んな意味で今後に繋がっていきますが、正直Fランと呼ばれる大学に高いお金払っていく意味なんて皆無じゃないかと思うわけです。

さらには大学業界では2018年問題といって、2018年に18歳になる子の数が激減することが既に分かっていて、学生の確保に苦労している大学は軒並み淘汰されていくという予想までされています。

こういった背景もあって、無理にでも子供を大学へ行かせようとする親がいたら考え直して欲しいと思います。考え直すというより、何も考えていない気がするのでとりあえず頭を使って考えてもらいたいと思います。

その為にも私が大学はいらないと思う理由をまとめてみます。

スポンサードリンク

そもそもなんで大学へ行くの?

弁護士になりたいから法学部へ行く!などのように専門性の高い分野を学びたいという動機の学生はどれだけいるのでしょうか?

そうでない学生は一体何を目的に大学へ進学しているのでしょうか?

おそらく大半は『学部卒』という経歴の為だけに行っているのではないかと思います。

なので、『偏差値』が大学を決める一番の基準になってしまうし、入学できてしまえばそれで満足して結局4年間をただ遊ぶだけで終えてしまいます。

仮にバイトを頑張ったという人がいたとしても、大学に払う学費分は到底稼げないわけですから、大学なんて行かずに浮いた学費を使って起業でもした方がよっぽど良い経験になるんじゃないかと思います。

大学へ行くと何かいいことあるの?

大学へ進学した場合のメリットを考えてみます。

考えるといっても勉学以外で挙げるとしたら、せいぜい『4大卒』が条件になっている企業へエントリーできることぐらいかと思います。

確かに大手へ就職しようとしたら大学を出ないとエントリーすら出来ないのは事実です。

ですが、一流大学でも大手に就職できるかわからない状態なのに、そうでもない大学へ進学したところで学歴フィルターに引っかかって不採用になるのがオチです。

なので、一流大学でもない大学へ行っても選択肢の幅はほとんど広がりません。

ただ、大学進学でしか得られないメリットではありませんが、就職を先延ばしにできるという点はメリットかもしれません。

自分のやりたいことを見つける為の期間と捉えれば、学生の身分として色んなことにチャレンジできるのはいいのかなと。

逆に言えばこれくらいしかメリットない気がします。

4大卒が活きたと思うこと

とかいう私も大学を卒業しており、大学行かなければ良かったと思っているかというとそうでもありません。

そこで知り合った友人や、部活に打ち込んだ日々があるからこそ今があると思うからです。

しかし、現在独立していることを考えると、大学行かなくてもできることを仕事にしているので、4大卒を活かせているわけではありません。

情報系の学部に在籍していたので、プログラミングを勉強していたことは今に活きていますが、学ぶ場所は大学でなくても良かった気はしてます。

なので、もう一度高校に戻って進学するか否かを選べるのであれば、フリーターでも良いのでやりたいことに挑戦する道を選ぶと思います。

まとめ

大学へ行くのが当たり前になっているおかげで、よく保険の説明でも子供1人に1,000万かかると半ば脅されることがあります。

しかし大学へ行かない選択肢が出来るのであれば金額はかなり違ってきますし、親にも選択肢が増えてくるのではないかと思います。

ただ大学へ進学するのもしないのも子供人生ですので、親は一緒に進路を考えてあげるくらいにして、大学に行かないにしても、経済状況が理由にならないように準備はしておきたいですね。

 

スポンサード リンク

関連記事

【徹底比較】最も安く格安SIMに乗り換えてiPhoneを安く維持する方法を調べてみた

現在、私の名義でiPhone5とiPhone5sの2台をauで保有しています。 そのうち、iP

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

本はAmazonで買うな!?書店で買うメリットを考えてみた

書籍を買うならAmazonという方は本当に増えたと思います。 そもそも本ではなくて電子書籍で買

記事を読む

これは買い!?良いカメラが欲しいと思ってる貴方にオススメの最強デジカメ「ソニーRX100」

最近はスマホのカメラが高性能化し、手軽にメールやLINEで送信できるので、カメラをわざわざ買う人は少

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

錦織圭を応援しよう!日本人初のタイトルとなるか!?全仏2015を生放送で見るには?

2014年の全米オープン準優勝で日本中の脚光を浴びた錦織圭。 今年最初のグランドスラムの全豪オ

記事を読む

ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。 親からした

記事を読む

カビ撃退!!浴槽の下を掃除してみた

私はしばらく賃貸でやっていくつもりでいますが、賃貸の良いことの1つに、汚くなったら引っ越せるというこ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑