替えたおむつの保管場所は?匂いをシャットアウトできる「おむつのにおい」対策

公開日: : 育児

子供が産まれてからは、当然ながら毎日おむつを替えてるわけですが、替えたおむつの保管場所って結構大変だったりします。

可燃ゴミを出せる日が毎日であれば苦労はしないんですけど、どうしても数日間は家の中に保管する必要が出てきます。

そんなわけで、実践したおむつを保管方法(主ににおい対策)をご紹介します。

 

まずどこに保管すべきか?

大きく分けて2通りあるかと思います。

家の外

だいたいベランダに置いておくことになると思いますが、戸建じゃない場合は近隣への迷惑になる可能性が高いので、お勧めしません。

家の中

密閉された空間ですので、どうしてもにおいが篭ります。

においが気にならないって方もいますが、「本人だけ」という可能性も。

友人など家に招いた時に不快に思われる可能性があるので、しっかりと対策するべきです。

 

ちなみにその対策がしやすいのはやはりトイレですので、マンションなどの場合はトイレに保管しておくのがベストだと思います。

 

具体的な対策

においをカットしてくれる袋

においをカットしてくれる袋があるので、まずはこれを利用します。

実感できるほどの効果があるとは感じませんが、高いものでもないので、購入しておくと良いと思います。

外出するときにこれを持っておくと便利です。

また、この袋でなくてもビニール袋で代替は可能です。

 

ゴミ箱

トイレに保管することを前提としてますが、専用のゴミ箱ではなく、ホームセンターで売られているような蓋つきのゴミ箱で十分です。

ただ、小さすぎると入りきらない場合があるので、15Lくらいの容量があると良いです。


この商品は密閉できるので効果はかなり期待できます。

専用のゴミ箱は本体+カートリッジというように結構な支出になるので、どうしてもトイレに保管できず、廊下や部屋に設置するという場合に検討してみてください。

ちなみに袋+通常の蓋つきゴミ箱だけでもにおいはかなりシャットアウトできます。

 

換気扇

トイレであれば換気扇はあると思いますので、常時ONにしておきましょう。

電気と換気扇のスイッチが同じで連動してしまっているという場合は、人感センサー付きの電球を使うことで解決できます。

消し忘れも防げるので1石2丁です。

私の家はまさに連動していたので、こちらを購入しました。

 

最後に

袋+ゴミ箱+換気扇でにおいは全く気になりません。
(あくまで個人の主観ですが・・・)

また、ゴミの日には必ず捨てるようにしたいですね。

 

おむつが必要な期間は2、3年もありますので、保管方法を工夫して快適に暮らせるようにしましょう。

スポンサード リンク

関連記事

子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

今週末は神戸へ行ってきました。 自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

子供の将来を考えてる?45年後に人口2/3になったとしたら。

最近、よく読んでいる永江一石さんのブログ。 下手なニュース見てるよりよっぽど良い情報収集になり

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑