スタバのエシカルコーヒークイズに挑戦してみた

公開日: : よもやま話, ライフハック

全問正解した方の中から抽選で1000名にドリンクチケットが貰えるそうで、早速やってみました。

正直な感想は思ったより難しい。そして挫折しそうになる。

でもコーヒーをタダで飲みたいがために頑張りましたよ。

何が大変かって、回答時間に20秒の猶予があるんですが、速攻答えても20秒待機しなくてはならず、全10問答えようとするだけで200秒は待つ計算です。

1発ですらっと終われば気にならないかもしれませんが、普通のコーヒー知識レベルの人であればどこかで1問くらいは間違えるはずで、しかもランダム出題になっているので結局何回も繰り返す羽目になり・・・

私はなんとか5、6回くらい(もっとやったかも)で全問正解できました。

スポンサードリンク

やった方がいいのか?

個人的には暇ならやってみると良いと思います。

抽選なので必ずドリンクチケットが貰えるとは限らないので、忙しいのにこのクイズに時間を割くのははっきり言って勿体無い。

でも、コーヒーの知識は確実に身につくので暇があればという感じ。

中にはスターバックス限定の問題もありますが、基本的なコーヒーの知識は身につくと思います。(もっと知るべきことはあるのかもしれませんが)

挑戦するには?

やってみようという方は、こちらのURLから挑戦できます。

エシカルコーヒークイズ

全問正解後に応募するにはMyStarbucksの無料会員になる必要があるので、登録してください。

まとめ

スタバはフラペチーノ専門店だと思ってるので、コーヒーは殆ど飲まない気もしますが、こういったキャンペーンは面白いのでどんどんやってほしいですね。

ただ、20秒の回答時間は答えたら省略されるようになってほしい。

スポンサード リンク

関連記事

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

海外へ行くなら必見!!ヤミつきになるお土産を探そう!

海外へ旅行する方なら大体定番のお土産は買ってくると思いますが、それだけでは何かつまらないというか話題

記事を読む

中日が1位指名した小笠原慎之介ってどんな投手?甲子園決勝から見る課題と期待

私は野球のアプリを出すくらいですから、野球が好きなことは言うまでもないでしょう。 ですが、好き

記事を読む

男性必見!?女性からモテたいなら身につけるべき5つの習慣

女性が求める男性の特徴みたいなのはあると思うんです。 例えば、長身だったりイケメンだったり話し

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

失敗しないプレゼント選びの鉄則はこれ!!クリスマスパーティーでプレゼント交換してきた話

早いものでもうすぐクリスマスですね。 白ひげおじさんを信じてやまないピュアな心の持ち主か、ごく

記事を読む

本はAmazonで買うな!?書店で買うメリットを考えてみた

書籍を買うならAmazonという方は本当に増えたと思います。 そもそも本ではなくて電子書籍で買

記事を読む

就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

なんか就活が始まったみたいですね。 人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落と

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑