成功する為に最低限必要なことを考えてみた

公開日: : よもやま話, アプリ, 仕事

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。

リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない日々が続いていましたが、なんとか落ち着いてきました。

今作はアプリ内課金にも挑戦しているので、やっぱりプレッシャーが違うんです。

広告で収益を上げる場合だと、アプリで遊んでもらうユーザーさんから直接売り上げを上げるわけではないので、ある意味気楽というか。

だからアプリ内課金なければ適当で良いとは思いませんが、責任感がやっぱり変わってきます。

ということで、今回書きたいこととはどんどん離れて行ってしまっているので、そろそろ本題に入りたいと思います。

ズバリ、成功するにはどうしたら?です。

スポンサードリンク

成功したの?

こんなことを言い出すと自分があたかも成功しているみたいに思われるかもしれませんが、違います。

今も成功する為に頑張っている真っ最中で、その中で分かってきたことを書くだけです。

だから成功したって言えるようになりたい。というか一体何がどうしたら成功だって言えるのでしょうか?

人それぞれ違うと思うのであえて触れません。

結果を受け止めること

成功する為には、行動をした結果を省みる必要があります。

商売の天才だったり極一部の人間は思ったままに行動して成功を収めたりするものですが、まず自分は違います。

そう思わないと逆に失敗するでしょう。

行動した結果、得られる反響だったり、データを見て分析しなくてはいけません。

そして何を修正するのか、何が足りなかったのかを導き出します。

これを繰り返すことで成功に確実に近づいていける。

世の中で成功しているって人は、これを間違いなくしています。

例を挙げると、学校のテストが返ってきてそのまま一喜一憂して終わるのか、何が間違っていて何がいけなかったのか反省するかの違いです。

どちらが良いのかは説明しなくてもわかると思いますし、頭でわかっていたとしても面倒だからとやらない人だっています。

アプリで置き換えるなら?

アプリで事業する場合は、DL数や収益がテストでいう点数に当たります。

単にリリースしてヒットしなかったで終わってしまう人はずっとヒット作を産み出せないと思います。

GoogleAnalyticsをアプリに組み込んで、どれくらいの人がどこで躓いているのか?離脱しているのか?ということをしっかり分析してアップデートしたり次回作に生かさないといけません。

世界中でヒットしているゲームを遊ぶとよくわかりますが、人を飽きさせないことが本当に上手いです。

飽きてきたと思った矢先にレベルアップしたり新しいキャラクターが手に入ったり。

製作者の苦労がそこに詰まっているはずです。

努力が一番大事

やっぱり成功するためには努力が絶対必要です。

先に挙げた分析をするためにも、まずは行動する必要が有りますし、1回の失敗で次が上手くいくとは限りません。

試行錯誤して少しづつでも成功に近づけていくには努力なしではできません。

自分には運がないから成功できないんだと思うのであれば、それはチャンスを生かすだけの努力が足りないんだと認識した方が良いと思います。

仮にアプリが何かのメディアに取り上げられたとして、それで認知度が上がったとしても、本質はそのアプリ自体。つまりどれだけの努力がつぎ込まれているかでその後の売り上げやダウンロード数は違ってきます。

まとめ

成功する人というのは、無意識に努力して分析してどんどん成長していっている人なんだと思います。

努力が報われないって人は、運がないとか才能とかじゃなくて、省みることがないからいつまでも同じ場所で足踏みしているのだと思います。

そう考えれば、絶対に努力は報われます。

自分もアプリをリリースして何となくわかってきた程度ですが、結果を得るのに1年かかりました。

恐らくできる人は数ヶ月、数日という期間で行っているのでしょう。

他の事業や勉強、スポーツでも、一部の天才を除いて成功している人というのは、頭を使いながら努力しているという結論です。

というわけで私自身も行動はしてもあまり振り返ることが好きじゃないのでこれを戒めとして頑張ろうと思います。

スポンサード リンク

関連記事

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

とっとこダンジョンvsハンマーズクエスト?小学1年生の甥っ子に遊ばせてみた

マリオブラザーズというゲームをご存知の方は多いと思います。特に30代以降の方は誰もが知っているレベル

記事を読む

コラボした新作アプリ「100万点差の甲子園」の予約受付を開始!

前回の記事でイラストレーターの雨本さんとコラボしようという経緯を書きました。 http://f

記事を読む

男性必見!究極の選択を切り抜ける万能フレーズを考えてみた -料理編-

私も先日、危うく地雷を踏みかけました。 いや踏んだのかもしれません。 感じたそのままを伝

記事を読む

AmazonプライムビデオでダイヤのAを109話鑑賞!!そこから学んだこととは?

テレビも持っていない私がfireTVstickをポチった時は、毎回PC用ディスプレイにわざわざ繋ぎか

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

逃げるが勝ち!会社を辞めるときに必要なことを教えるよ

私が新卒で入社した会社はとある業界ではとても有名な会社で、初めてそっちの方とお話ししたとき、その事実

記事を読む

請負?いやそれ派遣でしょ!?常駐社員は自分の損益分岐点をまず把握しよう!

私は2つの会社に勤めていたことがありますが、一つは東証1部へ上場していて割と収益が安定していた企業(

記事を読む

アプリ開発者がオススメする年末に遊びたいアプリはこれ!

12月はクリスマスやお年玉があるおかげで、商品の需要がとっても伸びます。 ゲーム業界も、ここぞ

記事を読む

SMAP解散に便乗したアプリの開発元と思われる会社に問い合わせした結果

ちょっと前に卒論というベッキーを題材にしたアプリの開発元と思われるITIという会社に問い合わせしまし

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑