意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

公開日: : 育児

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。

なので、MLBのサイトや用語集を見て特殊な言い回しや略語などを調べてました。

その中で、両打って何ていうのかなーなんて調べていたら、MLBの方がスイッチヒッターは多いというページに辿り着いていました。

私も元々スイッチヒッターだったので、興味を持ったという経緯もありますが、そのサイトの結論としては、どうやら自由に野球をやらせるか否かで差が出ているのでは?という感じでした。

これを受けて、私の眠っていた昔の記憶が蘇ってきました。

私は最初は右打ちだったわけですが、初めて左打席に立ったときはたくさんの大人達にやめろと言われました。

理由は良くわかりませんが、多分どうせ打てないからとかそんな理由でしょう。

でも、左で打った方が1塁に近いし、プロの世界でも左打者の方が活躍してる選手が多かった。そして何よりカッコイイからという理由で頑なに大人達の助言を拒み、自分を貫き通した過去があります。

結果的にはチームで一番打率も良かったので、どうだという感じでしたが、今思うとあーだこーだ言われることには弊害があるのではないかと思います。

スポンサードリンク

左打ちが成功したわけ

チームで打率が一番良かったのには、実はカラクリがあります。

1塁に近い位置で打てるわけですから、内野安打がより期待出来るようになるのですが、何よりセーフティバントの成功率が格段に上がります。

しかもランナーがいれば、自分がアウトになっても犠打になるので打率は下がらない。

バントが失敗してファールになっても1ストライクというリスクだけ。むしろ内野が前進気味になるので、ヒットゾーンが広がるおまけまで付きます。

この仕組みを利用して、1試合に1セーフティ、1安打を積み上げていけば、打率5割はいくわけです。

しかし、これは左打者全員に共通することなので、成功した理由は別にあると思います。

成功の本当の理由

カッコイイから左で打ちたい!左で打てるようになりたい!

その思いがとても強かったです。

その為にひたすら努力をしました。

おそらく右打ちのままではモチベーションが全然違ったと思います。

大人達の言う通りにしていたら、ここまで野球を好きになることもなかったかもしれません。

熱心な指導もいいけれど

野球は特にですが、熱心に指導する保護者が多いような気がします。

特に型を押し付けるタイプの指導が自分の知る限りでは多い。

その指導が正しいのか間違っているのかはどうでもいいのですが、子供のやる気まで削いでしまわないか注意してほしいと思います。

仮に左で打ちたいという子供がいて、それを認めてあげるかどうかで、その子供の意欲は全然変わってきます。

打ち方がちょっと変則的だったら、矯正したくなることもあるかもしれませんが、子供が一番打ちやすい打ち方でやらせてあげた方がきっと楽しいはずです。

もっと自由にやらせてあげた方が伸びる子はもっといるはずです。

野球に限らず

野球に限らず、他のスポーツや勉強など、どんなことでも同じことが言えると思います。

経験の多い親が最適な方法を教えたとしても、子供の興味に勝るものはありません。

子供の好きを育てることが、長い目でみたら大きな成長に繋がるのではないかと思います。

つい見てると口を出したくなると思いますが、指導者としてではなく共感者であることの方が重要だと思います。

まとめ

最近、自分の子供も車に興味を持ち始めてきました。

なのでトヨタ産業記念館に連れて行ってあげたのですが、ちょっと1歳児にとっては難しかったかもしれません。

でも車のハンドルを握って離さなくなったり、係員の方からもらった車のストラップを大事に持っていたりと楽しんでくれたみたいです。

これが興味を伸ばすことになったのかどうかは分かりませんが、深く干渉しすぎず、きっかけを提供して自由に挑戦させてあげられる親でありたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

子供の将来を考えてる?45年後に人口2/3になったとしたら。

最近、よく読んでいる永江一石さんのブログ。 下手なニュース見てるよりよっぽど良い情報収集になり

記事を読む

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。 転職して、1年

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑