話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

公開日: : アプリ

以前からアプリ業界の闇を紹介することがありましたが、またもやキワドイものがリリースされ話題を呼んでいます。

どう見てもベッキーですよね。

IMG_3422

リリースしている人物は「mitsumasa kubota」さんという個人名となっていますが、実は法人の可能性もあります。

会社がグレーなことをしていると自覚している場合、会社名義ではなく切り捨て可能な個人名義を社員にわざわざ取得させて利用している可能性があるからです。

また、その場合は不正にランキングを操作する手法でマーケティングしている点などから、BAN(Appleから削除されること)を覚悟でリリースされていると思われます。

このマーケティング手法はAppleの規約違反を犯しているわけですが、法的には問題ないとみて実行する方も多くいるのが現状です。

とりあえず時事ネタでこのスピード(Appleの審査期間込み)でアプリをリリースできるわけですから、恐らく個人ではなく法人もしくはそれに準ずる何かだと想像はできます。

と思ったら、開発元をもう特定?している方がいらっしゃいました。

正直、個人的にはこういったアプリ業界で真っ当な勝負をする気のない人たちには間接的に迷惑かけられているわけですが、そういう方たちの足を引っ張っても自分のプラスになるわけでもないし、自分の創作活動を頑張るだけだというスタンスですが、この記事を読んで流石に許せない気持ちになりました。

スポンサードリンク

とりあえず、事実確認をしてみた

自分で確認もしないで他社様をどうのこうの言うのはよろしくないので、さくっと電話で確認してみました。

リリース元とされているのは、株式会社ITI様です。

公式ページはこちら

「最高な仲間とエキサイティングし、世界を驚かせる」

というキャッチコピー。かっこいいですね!

とりあえず会社概要ページに電話番号があったのでかけてみると

ITI様1「ITIです。」

furuApp「私、◯◯(本名)と申しますが、卒論というアプリについて御社が開発元という情報をネット上で拝見したのですが、それは事実なのでしょうか?」

ITI様1「そうなんですか?少しお待ち下さい。」

・・・・・

ITI様2「・・・・ぁ、・・・少々お待ち下さい。」

furuApp(何だ?今の…)

ITI様3「お待たせしました。そちらのアプリについてはこちらではわかりません。」

furuApp「では、分かる方はいらっしゃいませんか?」

ITI様3「分かるものは今外しておりまして。」

furuApp(うん、常套句ですよね。)

furuApp「そうですか。アプリ事業部みたいなものがあるはずなのですが、把握されていないのですか?」

ITI様3「はい、こちらではわかりません。」

furuApp(ループ入りましたか。)

furuApp「そうですか。わかりました。では担当者の方のお名前を教えていただけますか?」

ITI様3「はい、では失礼します。」

furuApp(ん?)

furuApp「いえ、担当者の名前だけでも教えていただけませんか?」

ITI様3「個人情報なので教えられません。」

furuApp「そうですか。では仮にお仕事をご依頼させていただく場合にも担当者のお名前は教えて頂けないということなんですか?」

ITI様3「こちらの件につきましてはお教えできません。」(ちょっと曖昧)

furuApp「そうですか、わかりました。では失礼します。」

このやり取りで問い詰めようとかそういう意図はないので、さっさと切り上げましたが、訳のわからない人が途中で入ってきたと思ったら後ろからごにょごにょ言われてすぐに変わったり、対応はちょっとアレでした。

でも後ろで電話が結構鳴っていたようなので、さすが世界に羽ばたく企業ですね。忙しそうでした。

もっと仲間とエキサイティングしてほしい

実際のところ、卒論というアプリをリリースしたかどうかの確認は取れませんでした。

ですが、自分の会社が出しているアプリを把握できていないというのは如何なものでしょうか。

公式ページにもリリースしているアプリが4つ掲載されていますが、把握できないほどの量ではありませんし、卒論というアプリのリリース元を訪ねているだけなのに否定ができないというのは、うーん。

もっと仲間とエキサイティングして情報を共有して頂ければよろしいかと思います。

まとめ

リリース元だとはっきりすれば、会社として掲げている内容等が全くの嘘になるので、建前を通り越していかんでしょ!と思ったのですが、その点についてはもう言及しないでおこうと思います。

 

というか、実際にやり取りした感想では「黒」です。

どうもありがとうございました。

(あくまで私の感想です。)

スポンサード リンク

関連記事

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。 無観客で開催するとかの案も出

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終わりました(青井えう) htt

記事を読む

仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。 当然作りたいも

記事を読む

アプリマーケティング研究所さんにインタビューされた記事が公開された件

アプリ界隈で知らない人はいないくらい有名なメディアに取り上げていただきました。 このブログでも

記事を読む

no image

草野球チームを作ろう次回作のリリースを控えて開発者の心境を語ってみる

最近はブログがおそろかになりがちですが、その理由はアプリ開発に集中しているからです。 しかし、

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

スポンサード リンク

Comment

  1. a より:

    電話かけただけかよ。しょーもな。
    挙句「感想では「黒」です。」ってなんだそりゃ。
    感想なんて知りたくねーよ。

    • furuApp より:

      コメントありがとうございます。
      電話をかけ、事実確認をさせて頂きました。
      このブログはニュース記事というよりは、私の考えや感想などを中心に記事にしていますので、ご理解頂けたら幸いです。

a にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑