1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

公開日: : よもやま話, ライフハック, 仕事

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。

私も何度もこのブログで書いてきていることですし、著名な方や成功納めている人等が口を揃えて言う言葉でもあります。

むしろ、お金を不自由しないレベルに稼いでしまえば、考え方云々というより誰だって到達できる領域だと思いますが、殆どの人は時間とお金は天秤にかけているはずだと思います。

学生であれば、基本的にはバイトで収入を得てる人が多いですし、サラリーマンの人であれば、時間を切り売りして給料を貰っているわけなので、時間とお金は両方手に入れることは出来ず、相反関係にある状態だからです。

学生の時は、時間はたくさんあるけどお金がない。だから思う存分遊べない。サラリーマンになると、お金はあるけど遊ぶ時間がないという状態に陥ってしまいます。

その両者では、明らかに時間に対する価値観が異なっているはずなので、意味があるのかどうかはわかりませんが、定量的に測れるように考えてみました。

スポンサードリンク

あなたは1時間いくらで買いますか?

簡単に時間への価値観を表すなら、いくらで買うか問うのが一番手っ取り早いです。

学生なら時間はあるけどお金がない状態なので、おそらくバイト代の1,000円以上で買うことはないと思いますが、サラリーマンだったら人によっては1時間に5000円〜1万円くらい出しても良いという人もいるのではないでしょうか?

ただ、この問いに対しては仮定の話しに過ぎないので、もう少し現実味のある例えに置き換えてみます。

高速バス?こだま?新幹線?

あなたが今東京にいて、所用で名古屋まで移動しなくてはいけないとします。

しかも、大切な休日のど真ん中、13時に出発するとした場合に、どのような移動手段をとるか考えてください。

料金 時間
高速バス 4,000円 6時間
新幹線(こだま) 8,000円 3時間
新幹線(のぞみ) 10,000円 2時間

本来の料金と時間とは計算の都合で丸めてしまっていますが、名古屋への移動手段は現実的にはこの3パターンしかありません。

ここで、高速バスを選ぶなら、プラス6,000円払えば4時間短縮できる手段を捨てているわけですので、1時間を1,500円以下に感じているわけです。

逆にのぞみを選択した場合は、1時間1,500円以上の価値を見出していると言えます。

中間のこだまですが、実は時間1,300円となるので、のぞみと大差はないはずですが、1時間に1,500円出すのは惜しいという感覚の持ち主だということがわかります。

また、サラリーマンの残業代は基本給にもよるので個人差はありますが、1時間1,500円から2,000円くらいになるので、東京ー名古屋の移動と合わせて考えると、さらに面白いことがわかります。

単純に時間とお金だけに焦点を合わせると、これらの行為は

  • 残業 =時間を売っている
  • 新幹線=時間を買っている

と置き換えられるわけで、余分に1時間残業してお金を稼ごうとする人が、のぞみに乗っていたりすると、とても無駄なことをしていることになります。

何故なら、1時間2,000円弱で自分の時間を売って、1,500円で時間を買い戻していることになるので、誰もが無駄が多いと感じるのではないでしょうか?

そういう人は残業をしないほうがきっと幸せになれると思います。

まとめ

時間は直接お金に換算することは出来ませんが、日常生活から価値観を測ることは出来ます。

徒歩で移動するか、タクシーを使うかもそうですし、時間というサービスを買っていることは意外とたくさんあると思います。

その価値観に当てはめて、自分の働き方を考え直してみてください。

1年間働いて、年収だけで自分の働きを評価するのではなく、その年収の中に一体どれだけの時間を売ってしまったのかを考慮に入れてください。

その時間で本当は出来たことはありませんか?その時間を失ったことで後悔するようなことはありませんか?

これは私の失敗談でもあるので、ぜひ皆さんにも考えて欲しいと思います。

最後に補足ですが、移動手段を決めるときは、時間とお金以外に快適さなどを考慮に入れたりするので、一概に言えることではありません。あくまで参考レベルの話です。

スポンサード リンク

関連記事

ついに当選!?LINEモールのチャンスプライスで一番確率の高い金額を試してみた

昨日の記事で、LINEモールのチャンスプライスの当選確率が最も高い金額を紹介しました。

記事を読む

【スポーツする人は必見】人間なら買っとけっていう本を紹介してみる

最近の日課はAmazonのKindle本の日替わりセールをチェックすることです。 だってめちゃ

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか? SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時

記事を読む

カビ撃退!!浴槽の下を掃除してみた

私はしばらく賃貸でやっていくつもりでいますが、賃貸の良いことの1つに、汚くなったら引っ越せるというこ

記事を読む

資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまと

記事を読む

退職は逃げじゃない!ずっと我慢してないで新しいスタートを切ろう!

退職など何かを辞めようとするとき、引き止めようとする人はだいたい「逃げるのか?」と言ってくる気がしま

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

公開処刑?SMAP謝罪の違和感について考えてみた。

3.11の時も、先日のバルスでも問題なかったTwitterがスマスマ生放送でとうとう落ちました。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教

変な人に絡まれたので一部始終をありのまま話すぜ!

お久しぶりです。ふるあぷです。 本来このタイミングならデジゲー博

no image
アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ

アプリマーケティング研究所さんにインタビューされた記事が公開された件

アプリ界隈で知らない人はいないくらい有名なメディアに取り上げていただき

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベル

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑