子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

公開日: : 育児

今週末は神戸へ行ってきました。

自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので、たまには振り回されるのも悪くはありません。

といっても、妻だけが神戸に遠征すれば経済的には優しいのですが、1日近く家に取り残される私と息子の共同生活が恐らくお互いの為にならないだろうという予感がしたので、旅行も兼ねて家族揃って出かけたわけです。

車で1泊となると、新幹線の往復代よりは多少お高くついてしまいますが、旅行も兼ねれるとなればそれほど悪くはない話しです。

それで、お金よりも気がかりなのが子供なんですよね。

色んなことに融通の利かない爆弾のようなものを抱えて旅行するわけですから、結構大変です。

実は振り返ってみると、東京、山梨、岐阜、県内のとある保養所、そして今回の神戸といった感じに泊まりのお出かけはたくさんしているんです。

今となっては慣れてきましたが、最初はことあるごとに困ったり不安になったりしていたので、これから子供を旅行に連れて行こうという方の参考になるように気がかりな点を挙げてみたいと思います。

スポンサードリンク

子供の食事

まずは子供のご飯をどうするか?

いつもと環境が違うので、タイミングなどが難しくなります。

車の場合だと高速に乗っていてあげられないなど、思った以上に上手くいきません。

このように、いつもの感覚でお出かけすると大人の都合に付き合わせてしまうことになるので、予めスケジュールをしっかり立てておき、どこで子供にご飯をあげるかまで考えておいたほうが良いです。

ただ、どうしてもスケジュール通りにいかないこともあるので、その時はゴメンなさいをして、大人の都合に付き合ってもらいましょう。たまになら大丈夫という心の余裕も旅行を楽しむ上では大切です。

移動

何より大変なのが移動です。

車であっても、子供にとっては退屈だしチャイルドシートで固定され続けられるので負担です。機嫌が良ければいいんですけど、長距離の移動となるとそういうわけにもいきません。

さらには、高速に乗っている時なんかに出すものを出されたりすると色々とカオスな状態での高速走行が待ち構えているので大変な思いをすることになると思います。

とにかくコツとしては、機嫌のいい時や寝ている時に出来るだけ進んでおいて、ぐずったり出すものを出したタイミングで休憩を兼ねてSAに寄ったりするのが良いです。

この辺りが上手く出来ないと、予定がどんどん後ろにズレていってしまうので、慣れない内は1時間以上余裕を持って動くようにしたほうが良いです。

荷物

育児をしている方なら分かると思いますが、1泊するとなると子供の荷物は大量になります。

食事、オムツ、着替え、おもちゃ・・・下手すると大人1人分より多いかもしれません。

何と言っても何が起きるか分からないので、予備は多めに持って行くほうが安心なんですよね。

今まで、旅行先で盛大に漏れたこともあれば、盛大に戻ってきたこともあり、予備がなければある意味忘れられない旅行になっていただろう場面が何度もありました。

かといって、大量の荷物を運ぶのは大変なので、減らす方法としては圧縮袋使ったり、現地調達したりするしかありません。

あとは、荷物を小分けにしておいて、オムツ変え用の持ち物など必須なものだけ持ち歩くようにすると良いと思います。

まとめ

小さな子供にとって、旅行は果たしてプラスなのかどうか分かりませんが、刺激も少なからず受けているはずですので、たくさんのところに連れてってあげたいですね。

色々と大変だったり心配が絶えないですが、そういったことも良い思い出になると思います。

また、気がかりな点に対して、こうした方が良いというアドバイスが出来たわけではありませんが、こういったことを予め知っておくことで覚悟が出来たりすると思うので、少しくらいは為になるかなと思ってます。

子供がいると、なかなか昔のように楽しむことはできなくなりますが、上手く面倒を見ながら旅行を楽しんでください。

スポンサード リンク

関連記事

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

【実体験】育児で一番大変なことは何か?

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。 私の場合は、自分が会社に

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑