これからスマホアプリ作るならUnityを強くオススメする理由

公開日: : おすすめ商品, アプリ

私はiPhoneアプリの開発から着手したので、XcodeでObjective-cを覚えながらSpriteKitも覚えながらゲームを作りました。

後にAndroidにも対応したかったので、AndroidStudioでJavaを覚えながらゲームを作りました。

その別々に作った両OS対応アプリをアップデートしようとした時に、とてつもなく手間がかかって次回はUnityで…となって今に至ります。

アプリをこれから作り始める人には、いろんなパターンがあると思いますが、私はどんな場合でもとりあえずUnityをオススメします。

例え、Objective-cに精通しててC#が分からない状態でも、勉強の必要があってもUnityがオススメです。

その理由をまとめてみます。

なんでUnityを選ばないのか?

色んな開発者がいるので、中にはUnityは使わないという方もいらっしゃいます。

その理由は様々ですが、メモリ管理の問題や容量が無駄に大きくなったりなど、アプリのクオリティを重視して選ばないという方が多いです。

そういう理由であれば、Unityを選ばないという選択肢は正解だと思います。

しかし、環境構築が簡単だから、既存のスキルで開発ができるから、Apple純正の開発環境だからなどという理由でXcodeを選んでいたりする場合は一度考え直して欲しいと思っています。

勉強に数ヶ月費やしてもUnityを覚えろ!

UnityのメリットはiOSとAndroidの両OSに対応できます。

別々で開発する場合は、少なくても2つの開発環境と言語を覚える必要がありますし、移植するのも簡単ではありません。

プログラムの経験が浅ければ、ソースの管理も上手くできないことを考えると1つのアプリに対して1つのコードで済むというのはメリットがとても大きいです。

アプリをアップデートしていくつもりであるならば、両OSに対応するためのコストはどんどん積み重なっていくわけなので、数ヶ月勉強にコストをかけたとしても収益を得られる時期までのトータルコストを考えたらUnityの方が断然有利です。

両OSに対応しないなんて考えられない!

中にはとりあえずiPhoneだけでいいや、とかAndroidだけしか持ってないからiOSは開発しないという方もいらっしゃるかもしれませんが、単純にDL数や収益が1/2になるだけで済むというわけではありません。

ヒットする過程で、口コミは重要な要素ですが、どちらかに対応していないだけで拡散力は激減するので、相当な機会損失を被ることになります。

また、iOSとAndroidのDL数と収益がちょうど五分五分にならないことも多々あります。

これはアプリの内容だったり原因は様々ですが、開発する側からも出してみないと分からないこともあるので、とりあえず両OSで出してみないといけません。

Androidだったらこういう年齢層で…とか分析したり考えられる時間があればUnity覚えてしまった方が確実です。

ググってコピペで解決!

Unityのメリットの1つに、情報量が多いということがあります。

プログラム経験が豊富で、ググらなくてもガイドライン(英語)を読んで疑問を解決できるレベルであれば関係ないかもしれませんが、これからという方だったらググって解決できるかどうかは重要です。

Unityは人気があるというのもあって、ほとんど知りたいと思うことは色んなブログなどにコード付きで書いてあります。

この調べるコストを考えると情報量が多いかどうかで開発に必要な時間が大きく違ってきます。

私も数年前に、SpriteKitで広告を表示する方法がわからず、試行錯誤で何とか解決したことがありますが、ググっても全然出てこないわけです。

それがUnityだったら何個も参考にできる情報がありますし、そもそも広告会社がサンプルコードを用意してくれたりしているのでかなり助かります。

Unityだけじゃない?

もちろんUnityだけじゃなく、他にも良い開発環境はあります。

が、特に思い入れがあるわけじゃなければUnityでいいんじゃないでしょうか?

cocos使ってる人でも最近はUnity使い始めたって話もよく聞きます。

まとめ

まだまだ挙げようと思えばUnityをオススメする理由はありますが、思ったより長くなってきたのでこの辺りでまとめます。

というか両OSに対応できるという理由があればそれで充分過ぎると思うので、是非検討してみて欲しいと思います。

数年後はまた違った環境で開発した方が良いって状況になるかもしれませんが、もともと技術の陳腐化が激しい業界なので、またその時覚えようって感じで良いと思います。

また、一度覚えたことが全て無駄になるわけじゃないというのも付け加えておきます。

せっかくObject-c覚えたのに、1つアプリ作っただけでまた違う言語覚えるのは…という気持ちも分かりますが、その経験は必ず役に立つのでどんどん浮気していきましょう。

基本的にはUnityはネットでググれば使い方から高度な情報まで網羅されてる感じですが、本で形式的に勉強したい場合は下記の書籍がオススメです。

プログラムもこれからだったり、基本を押さえたい場合はこれ↓

 

ゲームの作り方が知りたい場合はこれ↓

 

その中間(Unityの使い方中心)の場合はこれ↓

 

それと、教えたくないレベルにオススメなのがこちら。(Unityとは関係ないですが、アプリ作るなら必見)

スポンサード リンク

関連記事

no image

アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併

記事を読む

アプリ開発者が教えるポケモンGOをやるなら知っておいて欲しいこと

アプリ開発者で集まることはたまにあるのですが、本名よりアプリ名やTwitterアカウントで呼び合うこ

記事を読む

何が起こるかわからない!?モンストが削除されてちょっと得した話

もう事態が収束しましたが、先日モンストが突如AppleStoreから消えるという事案が発生しました。

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内容がネタに振り切ってたとしても

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

20年ぶりくらいにドラえもんを見たらカオスだった件

最近はずっと開発に追われてブログはもちろんプライムビデオもなかなか見れてませんでした。 が、子

記事を読む

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教

変な人に絡まれたので一部始終をありのまま話すぜ!

お久しぶりです。ふるあぷです。 本来このタイミングならデジゲー博

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑