社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

公開日: : 最終更新日:2016/02/03 よもやま話, 育児

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。

特に何かしたわけでもなく、ショッピングモールをぶらぶらしただけなんですが、結局フードコートのミスドに入ってアプリ開発してました。

もうアプリ開発なしでは生きられないのかもしれませんw

で、こんなことを言いたいわけではなくて、ふらっと書店に立ち寄ったときに、ちらっと「大学の選び方」という見出しの雑誌が目に入ってきました。

もうこの展開になったら、手にとって読んでみたとか、買ってみたという流れかと思うじゃないですか?

買ってもないですし、ましてや読んでもいません!!

だって、大学選びなんてもう私には必要ないですから。

あるとしても息子が大学へ進学する十数年先。今見る価値全くなしですよ。

時間が勿体ないです。(単純に駐車場無料のタイムリミットが近かっただけ。)

というわけで、全く読んでいないわけですが、私の経験から大学の選び方で大切なことをたった一つだけお伝えしておきたいと思います。

この観点抜けていたら、絶対に後悔します。間違いないです。

高校生を子にもつ親御さん。大学迷ってる学生諸君、必見ですよ!!

スポンサードリンク

大学に何しにいくか?

やっぱり大学は学問を学ぶ場ですから、自分の知識を深めたい分野。そして最もレベルの高いところへ行くのが正解だと思います。

でも、それが実現できる人なんてほとんどいません。

学力もそうですが、まだ高校生にして自分の本当にやりたいことを見つけている人なんて半分もいないですからね。

なので、今無理に自分のやりたいことを見つけろなんて言いませんし、見つかっていたところで変わることもあるので、もっと現実的な観点から選ぶ必要があるのです。

就職を考えているなら!!

大学に行こうと考えている以上、きっと就職を視野に入れていると思います。

中には起業とか考えていたりするスーパー高校生なんかもいるかもしれませんが、そういう人は大学行く資金を資本金に回したほうが良いと思うので触れません。

となると、やっぱり大学は就職に有利なところを選ぶのが良いということになります。

というわけでなんだかんだいって学歴社会なので、偏差値の良い大学へ行きましょう!!

落とし穴がそこにある!

偏差値の良い大学と聞いて、予備校か何かが発行しているランキングみたいなものを眺めたことがあると思います。

自分の偏差値と見比べて、現実的なラインを考えて、先生とも相談して、目指す大学を選んでいると思いますが・・・

ちょっと待ってください!

大学がどこにあるか考えてます??

いくら偏差値が高かったとしても、企業の採用担当が知らなかったら全く意味ないんですよ!!

そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、いちいち全国の大学のランキングを見比べて把握している人事部なんてほとんどいません。

地元の大学には詳しくても、滅多に名前の聞かない大学なんて不利に決まっています。

例えば・・・

東京の名だたる大学であれば良いですよ。でも最低でもMARCH以上です。それ未満になってしまうと、地方では全くの無名みたいなものです。むしろ、レベルが低くても地元の大学の方が有利になることがあります。

逆に地方の大学から東京の会社となれば、多少は人事部が慣れている分マシになると思います。

これは、ほとんどの人が日本で2番目に高い山を知らないのと同じで、さらに言えば日本で2番目に高い山よりは地元で1番高い山の方が好まれるようなものです。

分かりにくいですか?すみません。

しかし、採用なんてものは半分以上が印象で決まってしまうものなので、決して疎かにしてはいけません。

それだけじゃない!

例えば北海道大学へ進学したとしましょう。

学力も高く、さすがに知らない人事担当もいないと思いますが、いざ就職活動をしようとしたときに、移動が大変になってしまいます。

エントリーから内定まで数回に渡って説明会や面接があるわけですので、仮に東京の会社であれば何度も飛行機に乗ることになります。

確かに交通費を負担してくれる企業もあると思いますが、東京の学生よりは負担が大きく、不利になります。

中には地方で途中まで採用活動をしてくれる企業もありますが、それなりに大手に絞られますので、選択肢がぐっと狭まります。

結局何が言いたいかというと、大学の所在地である企業に就職する傾向が強くなるということです。

大学の選び方!

ここまで読んでくれたらもうわかると思いますが、ざっと読み飛ばした方のためにまとめます。

就職したい地域の大学を選びましょう!

地元に就職する気なら、地元の大学に進学した方が有利ですし、楽です。

また、上京したいなら東京の大学に進学した方が近道です。

偏差値が高くても、地方に行ってしまうと後々大変になることの方が多いです。

何より遊ぶ場所がな(ry

まとめ

ちなみに私は愛知の大学へ進学し、愛知で就職活動をしましたが、東京へ飛ばされた(?)身です。

大学が地方だと、友人のほとんどが愛知だったり、価格が全て高く感じたりして東京に馴染めませんでした。

もちろん人にもよりますが、私のように大学時代に過ごした土地に転職で戻る人は多かったです。

そういう意味では、大学から東京で過ごしていたら、今も東京にいたかもしれません。それくらい大学の場所は重要だと思います。

とはいいつつ、大学受験を頑張ってる人は見栄で支配されているようなものなので、賢い選択はできないのかもしれません。

ですが、せめて地元を離れるなら東京の大学にした方がいいですよ??

 

スポンサード リンク

関連記事

ネガティブがダメな理由!自己暗示を上手く使いこなそう!

妻と買い物をしている時に、何の商品だったかは忘れてしまいましたが、「重そう」な商品があり手に取ってみ

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

ぼったくり注意!東山動物園で気をつけたいこと

先日、東山動物園(正確には東山動植物園)に行ってきました。 いつもだったら平日にふらふらっと行

記事を読む

愛知県で最も有名な紅葉スポット「香嵐渓」に行ってみた話

私も仕事でずっと家の中にいるので、気分転換に外へ出たいなーと思うことがあるのですが、行く当てがなくて

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

【実体験】育児で一番大変なことは何か?

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。 私の場合は、自分が会社に

記事を読む

20年ぶりくらいにドラえもんを見たらカオスだった件

最近はずっと開発に追われてブログはもちろんプライムビデオもなかなか見れてませんでした。 が、子

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑