「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

公開日: : 最終更新日:2015/11/16 仕事, 映画

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃないですか。

これは見るしかないということで、早速見てしまいました!

「ツレがうつになりまして」です。

まず、鬱に関してですが、以前はIT企業に勤めていたので「明日は我が身」という感じでしたし、実際になってる友人がいたり。

私自身も学生時代にプレッシャーを感じすぎて悩んだり、会社に勤めていたころも精神的に参ってしまって会社を休んだことがあったので、軽い鬱になってたんじゃないかと思ってます。

だから鬱病になってしまった人の気持ちが痛いほど分かります。

だからこそ、この作品がどういったものなのか気になって仕方がありませんでした。

で、勿体振らずに結果を言ってしまうと、少しでも多くの人に見て欲しいと思うくらいの良い作品でした。

どうやらノンフィクションらしいので、当たり前といえば当たり前だったのかもしれません。

スポンサードリンク

笑えるか、笑えないか

大抵の人が鬱病という言葉は知っていて、だいたいどんな感じかも知っていると思います。

しかし、この作品をみて「ツレ」が鬱を発症して奇怪な行動や発言をする場面があるのですが、そこで笑える人は幸せ者です。

鬱病とは今の所無縁の人生を歩んできたのでしょう。

私はというと、ちょいと笑えませんでした。

同情というか、気持ちが分かってしまうので感情移入しちゃう感じです。

兄が励ましに来たつもりがプレッシャーを与えてしまっているシーンなんてほんと見てられないですね。今時あそこまで理解ない人も珍しいですけど。

最終的には、持ち直して良い方向へ向かっていきますが、そうなる為にはやっぱり理解ある人の支えが必要な気がします。

鬱の原因は環境

心の病だと言われるので、原因は自分の心の弱さと思われがちですが、そうではなくて環境の方にあると思います。

人それぞれ感じ方は違うので程度の差はあれど、ネガティブなことを言われ続けたら誰だって傷つくのと一緒で、そういう環境に長く居続けることで誰だって鬱になるんだと思います。

だから鬱になった人や、なりそうな人は思い切って環境を切り替えて欲しいと思います。

学校でも会社でも休んでいいし、場合によっては辞めてしまってもいいと思います。

鬱が原因で死ぬことはあっても、会社を辞めて死ぬことはありません。

一番大切なことは、背を向けて逃げる勇気です。

鬱にならない為に必要なこと

鬱になりやすい人というのはいると思います。

よく几帳面だとかそういう神経質な人と言われていますが、そうではなくて周りから期待されていると思っている人がなりやすいと思います。

専門家でもなんでもないのではっきりとは言えませんが、自分の評価や人生を他人に預けてしまっている人です。

期待に応えられなかったり、信頼していた人から見捨てられたり、そういったことがきっかけで自分を見誤ってしまい、追い込んでしまう。

だから、鬱にならない為には、他人に依存しないで自信をつけることが一番良いと思います。

自信とは、字の通り自分を信じることです。

根拠のない自信も大切な時がありますが、落ち込んだときには確かな自信が必要なので、自分が納得できる実績を積み上げておくことが大切です。

その実績というのも、自分の力で成し遂げたものの方が良いでしょう。

会社の仕事を成功させたことでも良いですが、一人では出来ない大きすぎる仕事だったり、再現性がなかったりすると本当の自信には繋がりません。

小なことでもいいので、自分で考えて成し遂げてみてください。

その積み重ねで大きな自信になっていくはずです。

恐らく私は、アプリを作って収益を上げられるというのが自信に繋がっているので、誰に何と言われようが自信を失うことはないと思っています。

まとめ

この映画を見て、考えさせられることが多くありました。病気のことだけでなく、支える側の気持ち。収入が途絶えてどうしようとか。

見る人によって感じ方は全然違う作品になると思いますが、一度見ておくといつか役に立つかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

日本最大!?の開発者イベントに参加してみた話

日本全国から開発者が集う『あぷまがないと』に参加してきました。 今回で3回目となるこのイベント

記事を読む

こんな会社は危険!?見逃してはいけない大切な基準

最近更新が滞ってます。 アプリ開発に全精力を注いでいるのですが、完成したと思ってリリース作業し

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。 感覚的には仕事できてない

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

なんか就活が始まったみたいですね。 人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落と

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちが

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑