一攫千金!?アプリで稼ぐならどんなアプリが良いのか?

公開日: : アプリ

アプリを副業にしようとしてる人はどれくらいいるのでしょうか?

プログラマーなどのIT系に従事する人は少なからず興味のある話しなのかもしれません。

私は、副業レベルでは稼げるレベルに到達するのは難しいという理由であまりオススメしていません。

詳しくはこちらを読んで頂ければよろしいかと。

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由
アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのはいいんですが、普通のサラリーマンに月収いくら?ボーナスいくら?って聞くのとはまた

 

それでもやりたいという方の為に、どんなアプリを作ると稼ぎやすいのかまとめてみました。

初めに断っておくと、既存の開発者ならほとんどの方が知っている内容でもあるので、知ったところで必ず稼げるわけじゃありません。

 

稼げる法則

長い期間にわたりアプリが起動されること

どれだけアプリがダウンロードされても、そのアプリの起動時間が短ければ稼げません。

これは無料+広告でマネタイズしている場合です。

アプリを起動して、何かを読む、メモする、作業する、遊ぶの何かがないとびっくりするほど収益がありません。

例えば、何かを確認できる程度のアプリは便利だとしても稼げません。

天気予報アプリなどがそうですが、マネタイズの方法を工夫しないと厳しいです。

 

ゲームの方がチャンスがある

カレンダー、電卓、ツイッターなどの定番アプリはかなり厳しいジャンルです。

既に定番と言われるアプリが普及していて、そこからシェアを奪うのは並大抵の努力では可能性は0に近いです。

それに比べてゲームは必ず飽きるタイミングがくるので、面白いアプリが作れればチャンスはあります。

ただ、ゲームアプリの数はツール系に比べたら恐ろしいほど多いので、埋もれてしまわないような工夫は必要です。

 

定番か、放置か、突き抜けるか?

ゲームの中でも、ジャンルによって可能性が変わります。

オススメなのが定番系、放置系、突き抜けたアプリです。

 

定番

オセロなどのボードゲームの類がこれにあたります。

先日「サマーウォーズ」が放映された影響で花札アプリのダウンロードが伸びたりもしてましたが、定番系の強みは需要が必ずあるということです。

老若男女、特に女性にアプローチ出来るのは強いです。

ダウンロードされたら、比較的長く遊んでもらえますし、ルールもみんな知っているのでチュートリアルを作る必要がないのは開発者にとって大きいです。

 

放置

「ぐんまのやぼう」、「なめこ栽培」のアプリがこれに該当します。

時間経過と共にアイテムが生成されて回収するゲームです。話題の「ねこあつめ」も放置系ですね。

 

突き抜けたアプリ

ジャンルではないんですが、無難なアプリよりは開発者の頭おかしいんじゃないかと疑われるアプリの方が話題を呼びやすく、ヒットしやすいです。

有名どころだと「アルパカにいさん」、最近だと「純愛ババア学園」が突き抜けたなぁって感じです。

 

 

こればかりは才能な気がするのでどうにもならないような気がしますが、インパクト重視のアプリも稼ぎやすいかもしれません。

 

まとめ

最終的には自分の作りたいアプリを作るのが一番なんじゃないかとも思います。

開発者のこだわりや情熱は、必ずユーザーに伝わるものだと思うので、好きでもないアプリを作っても、ただ稼ぎたいだけというのが見透かされてしまいます。

また、今回は稼ぎやすいという観点で紹介しているので、一攫千金を狙うとなると少し違ってきます。

需要があればまた記事にしてみたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがな

記事を読む

AppleはGoogleには敵わない!?AppStoreの腐敗とその原因(その1)

私がアプリ開発者だからなのでしょうか?以前よりAppStoreを眺める時間が極端に減りました。

記事を読む

no image

アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併

記事を読む

全くの無名アプリ開発者が本気でアプリを作った結果・・・

最近なかなかブログを書けないのは、Twitterで好き勝手なこと言ってるので、発信したい欲がそこで満

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

記事を読む

話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

以前からアプリ業界の闇を紹介することがありましたが、またもやキワドイものがリリースされ話題を呼んでい

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

野球王国は大阪!草野球ゲームをリリースしてわかったことをまとめてみる

2015年2月にiOS版「草野球チームを作ろう!」をリリースし、同年5月末にAndroid版をリリー

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発で横の繋がりが重要だと思うわけ

横の繋がりっていうのは、簡単にいうと同業他社との繋がりですね。

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑