一攫千金!?アプリで稼ぐならどんなアプリが良いのか?

公開日: : アプリ

アプリを副業にしようとしてる人はどれくらいいるのでしょうか?

プログラマーなどのIT系に従事する人は少なからず興味のある話しなのかもしれません。

私は、副業レベルでは稼げるレベルに到達するのは難しいという理由であまりオススメしていません。

詳しくはこちらを読んで頂ければよろしいかと。

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由
アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのはいいんですが、普通のサラリーマンに月収いくら?ボーナスいくら?って聞くのとはまた

 

それでもやりたいという方の為に、どんなアプリを作ると稼ぎやすいのかまとめてみました。

初めに断っておくと、既存の開発者ならほとんどの方が知っている内容でもあるので、知ったところで必ず稼げるわけじゃありません。

 

稼げる法則

長い期間にわたりアプリが起動されること

どれだけアプリがダウンロードされても、そのアプリの起動時間が短ければ稼げません。

これは無料+広告でマネタイズしている場合です。

アプリを起動して、何かを読む、メモする、作業する、遊ぶの何かがないとびっくりするほど収益がありません。

例えば、何かを確認できる程度のアプリは便利だとしても稼げません。

天気予報アプリなどがそうですが、マネタイズの方法を工夫しないと厳しいです。

 

ゲームの方がチャンスがある

カレンダー、電卓、ツイッターなどの定番アプリはかなり厳しいジャンルです。

既に定番と言われるアプリが普及していて、そこからシェアを奪うのは並大抵の努力では可能性は0に近いです。

それに比べてゲームは必ず飽きるタイミングがくるので、面白いアプリが作れればチャンスはあります。

ただ、ゲームアプリの数はツール系に比べたら恐ろしいほど多いので、埋もれてしまわないような工夫は必要です。

 

定番か、放置か、突き抜けるか?

ゲームの中でも、ジャンルによって可能性が変わります。

オススメなのが定番系、放置系、突き抜けたアプリです。

 

定番

オセロなどのボードゲームの類がこれにあたります。

先日「サマーウォーズ」が放映された影響で花札アプリのダウンロードが伸びたりもしてましたが、定番系の強みは需要が必ずあるということです。

老若男女、特に女性にアプローチ出来るのは強いです。

ダウンロードされたら、比較的長く遊んでもらえますし、ルールもみんな知っているのでチュートリアルを作る必要がないのは開発者にとって大きいです。

 

放置

「ぐんまのやぼう」、「なめこ栽培」のアプリがこれに該当します。

時間経過と共にアイテムが生成されて回収するゲームです。話題の「ねこあつめ」も放置系ですね。

 

突き抜けたアプリ

ジャンルではないんですが、無難なアプリよりは開発者の頭おかしいんじゃないかと疑われるアプリの方が話題を呼びやすく、ヒットしやすいです。

有名どころだと「アルパカにいさん」、最近だと「純愛ババア学園」が突き抜けたなぁって感じです。

 

 

こればかりは才能な気がするのでどうにもならないような気がしますが、インパクト重視のアプリも稼ぎやすいかもしれません。

 

まとめ

最終的には自分の作りたいアプリを作るのが一番なんじゃないかとも思います。

開発者のこだわりや情熱は、必ずユーザーに伝わるものだと思うので、好きでもないアプリを作っても、ただ稼ぎたいだけというのが見透かされてしまいます。

また、今回は稼ぎやすいという観点で紹介しているので、一攫千金を狙うとなると少し違ってきます。

需要があればまた記事にしてみたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

副業でも何でもいいけど、アプリ開発する人は読んだ方が良い

Unitというイベントがあったみたいですね。 Unityという開発ツールについての活用事例とか

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。 関東には妻

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

アプリで使用するイラストを募集!?まずやってみる精神で自分が描いてみた結果

このブログでも、まずやってみないと分かんないことあるから、とりあえず深く考える前にやってみた方が良い

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがな

記事を読む

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終わりました(青井えう) htt

記事を読む

アプリ開発者のジレンマ!ブーストって裏切り行為?

ここ最近はブーストに対して世間で騒がれ始めています。 私も過去に記事を書いていますが、その反響

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内容がネタに振り切ってたとしても

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑