何が起こるかわからない!?モンストが削除されてちょっと得した話

公開日: : アプリ, ニュース, ブログ運営

もう事態が収束しましたが、先日モンストが突如AppleStoreから消えるという事案が発生しました。

色んな憶測が飛び交うなか、正式発表では招待コードがAppleの規約に抵触したことが原因とのことでした。

時間にして16時くらいから深夜1時までの9時ほどの間、アプリのインストールはもちろん、アプリ内課金も出来なくなったというのですから影響はかなりのものです。

モンストは1日数億円の売り上げで、ちょうど翌日には超聖獣祭というガチャイベントが控えていたので、運営するmixiも生きた心地しなかったのではないでしょうか。

mixiにも、モンストで遊ぶユーザーにとっても事件となった数時間でしたが、実はその陰でひっそりと得した人もいます。

そう、私です。

mixiが機会損失した数億円に比べたら、誤差レベルのプラスでしかありませんが、とある記事が軽〜くバズりました。

バズるというのは、SNSで拡散されて凄い勢いで広まることなんですが、SNSで拡散されたわけでもないので軽くと控えめに表現しています。

スポンサードリンク

どんな記事がどんな理由で?

実際にその記事を見ていただければわかると思います。

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除
モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、Appleが強制的に削除したのか定かじゃありませんが、AppStoreから姿を消

実は以前にAppBankが運営する攻略アプリがAppleから警告を受けてAppleStoreから姿を消したことがありました。

そのことを記事にしたところ、本家モンストが削除されたこのタイミングで大量のアクセスがありました。

分析ツールのグラフをみるとこんな感じに。

スクリーンショット 2015-08-31 7.43.45

『攻略』アプリの話しなので本家モンストとは多少ズレる部分もありますが、似たような事件だったので検索にひっかかったようです。

で、エゴサーチしてみると。

スクリーンショット 2015-08-29 22.15.03

なんと「モンスト 規約違反」と検索してで5番目。それに近しい検索ワードでも上位に表示されてました。

google先生ありがとう。

得したこと

とはいえ、アクセスが増えたところで何が得だったのかというと、2つあります。

1つ目はGoogleAdsenseという広告収益がほんの少し増えました。でも金額にしてジュース1本も買えないレベルなので、はっきり言って得したのかどうかも怪しいレベルです。

2つ目がアプリの宣伝になったことです。たまたま例の記事の最後に自分のアプリを宣伝していたので、モンストを遊ぶユーザーにアピールすることに繋がり、ダウンロード数が増え、結果的にアプリ収益の方が潤いました。

他人の不幸で飯がうまい?

一般的には悲報として捉えられている傍ら、良い思いをしていると何か複雑な気持ちになります。

が、今回に限ってはモンストが悪いんです。

利益の為にAppleの規約を無視したわけですから自業自得でしょう。例の記事を見た方はお分かりだと思いますが、今回の削除された理由以外にも規約を守っていない部分も見受けられるので、またどこかのタイミングで姿を消すことがあるかもしれません。

モンストを遊ぶユーザーの為にも、クリーンな商売をして頂きたいものですね。

まとめ

細々と続けているこのブログですが、何が起きるかわからないものですね。

狙って出来るものでもないので、また平常運行が続くと思いますが、何より良い刺激になりました。

それにしてもAppleはアプリの課金額の3割が懐に入る仕組みになっているので、モンストを配信停止にすることはAppleとしても損する決断でもあります。それでも規約を守ることが市場を浄化し、長い目で見てプラスになると考えての規制だったと考えられます。

日本企業だったら黙認しそうな気がしますが流石ですね。

スポンサード リンク

関連記事

モンストより100倍面白い!?アプリ開発で最も大切にしていること

アプリ開発って特殊な仕事だと思います。 普通は独立なんかすると、仕事はどこかの企業や個人から依

記事を読む

フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがな

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内容がネタに振り切ってたとしても

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終わりました(青井えう) htt

記事を読む

ポケモンGO Plusを手に入れるならAmazonがチャンスかも!?

私も細々とポケモンGOはやっていますが、9月の発売日には完全に乗り遅れたためにポケモンGO Plus

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑