アプリ開発者の合宿ってどんな感じだったの?

公開日: : アプリ

11月6日から7日にかけて長野県豊岡村にある「とよテラス」というコワーキングスペースで開催されるアプリ開発者の合宿とやらに参加してきました。

img_3506

今まで開発者の飲み会には参加したことがありましたが、合宿ともなればもちろん初めて。

勢いで参加登録してみたものの、一体どんな感じで何するのだろう?という疑問を抱いたのは自分だけじゃないはず。

ましてや日程や諸々の事情で参加できなかった人にとっては、Twitterのタイムラインで盛り上がってるのを横目に未だ疑問が解消されないままになっている可能性が高いので、今後のことも考えて広く浅く振り返ってみようと思います。

ライトニングトーク(LT)

恐らく一番盛り上がったというか、これ抜きでは振り返りができない!

1人5分以内で要はプレゼンするわけですが、テーマは自由。

前例がないので、みんな手探りだったと思いますが、やっぱりアプリ開発者なのでアプリ関連の無難な内容で発表する人が大半でした。

個人的にはこの状況の中でも笑いを取りにくる関西メンバーは流石だとしか言いようがない。もちろん他の方のLTも為になる話だったり、面白かったり。

たった5分間の発表でもその人の考えてることや現況を知ることができて、貴重な時間でした。LTはまたやりたいですね。

BBQと自由時間

LTの後はBBQしてそのまま自由時間といった感じなので、恐らく飲み会とか以前にも開催されていたBBQなどと大体似たような感じだと思います。

乾杯酒がとある方の差し入れで名の知れた高級シャンパンだったり、お値段も見ないで買ってきたらしい燻製キットで初めての燻製を作り始めたり、主に凄い方の行動はまだまだこれからの私たちには良い刺激になりますね。

それと11月上旬とはいえ、長野県の山の上、しかも夜で外でBBQなので当然寒いわけですが、お酒の力かあまり気にならなかった。もちろんダウン着てましたけど。

ちなみに、自由時間に開発する方は基本的にいませんでした。全部見ていたわけではないのでリリース直後だったあの方とか寝室でこっそり開発してた方もいたかもしれません。

ちょっと想像してた皆んなでPCを囲んでアプリの中身見せてもらったりとか技術的な相談とかはなく、簡単に言ってしまえば飲み会とほとんど変わらない感じでした。

それでも普通の飲み会と違うところ

LTのおかげもあって、初めてお会いする方でも自己紹介の必要性がほとんどなかったり、帰らなくていいので時間を気にせず話せたり。

後は15人ほどとはいえ、40人とかそれ以上集まる開発者飲みに比べたら少人数で満遍なく話せたり。

非日常なので参考にはなりませんが、寝るタイミングや起きるタイミングでちょっとその人の生活が垣間見えたり。

よくよく考えれば、初めて会った人と一つ屋根の下で過ごすっていうのも不思議な体験ですね。

ちなみに起床時間も特に決まりもなかったですし、夜行性の方が多いと勝手にイメージしてた開発者の朝は遅いのかと思ってましたが、割と普通でした。(自分の感覚がおかしいだけかも)

まとめ

とりとめもない振り返りになってしまいましたが、得るものは大きかったです。こういった機会があるかどうかで(良い方向に)人生変わっている方って結構いると思います。

それは、ただ飲んで楽しい思いして帰るだけでも十分満足できてしまう場の中でも、何かヒントを得たりきっかけを得ようとしたりする方の努力あっての結果でしょう。

たまーに馴れ合いとかいう人もいますが、それは参加する本人次第かなと。

というわけで、合宿ともなると参加するハードルが高く感じられるかもしれませんが、全然そんなことはなく、今後こういった企画があった時には積極的に参加してほしいと思います。

(ただ、アプリも作ったことない・関わったこともない場合は少々辛いかもしれません)

最後になりましたが、企画・準備・運営して頂いた刻猫さん(@tokineco)やめるくまさん(merkmal_dev)、そしてとよテラスのスタッフの方々、一緒に参加した皆さんに感謝!

さぁて自分も開発頑張ろう!

スポンサード リンク

関連記事

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内容がネタに振り切ってたとしても

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

その仕事、ちょっと待って!!目先の利益を求める危険性を考えてみた

アプリだけで生活していると言うと結構な確率で凄いとお褒め(?)のお言葉を頂戴することがあるのですが、

記事を読む

私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。 新婚旅行で何気なく撮ったものが

記事を読む

SMAP解散に便乗したアプリの開発元と思われる会社に問い合わせした結果

ちょっと前に卒論というベッキーを題材にしたアプリの開発元と思われるITIという会社に問い合わせしまし

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

独立したけどやる気がでない?私が経験したモチベーション維持の秘訣!

先日、気になる記事があったので思わずリツイートしてしまいました。 まだ1年だけど出勤したいと思

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑