育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

公開日: : 育児

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。

言葉はまだ話せないにしても、全身でじたばたしたり大声出したりと自分の意思をはっきりと表示できるようになっています。

これは一つの成長として嬉しい反面、かなり大変になってきます。

しかし、このあたりから躾次第で子供は大きく変わってくるようにも思えるので、よくある「子供に言ってはいけないこと」などなど、今になってもう一度調べてみました。

あえてまとめたりはしませんが、調べて気づいたことがあるので、記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

既に知ってることも多い

育児に関する記事はググるとたくさん出てきますが、あえて今調べて新しい何かを知ったということはありませんでした。

それよりも、忘れていたと気づくことの方が多かったです。

産まれてくる前や産まれた数ヶ月は、今思うと育児のモチベーションが高くて色々調べてましたが、かといって子供は今に比べると健やかに眠っててくれるので、知識が生かされることはありませんでした。

しかし、1歳くらいになると、忙しさもありますが子供にも慣れてきて、「素のまま」接してしまいがちになります。

あれだけ調べて得た知識は、肝心なこの時期には忘れさられていたわけです。

育児に慣れたつもりは全くありませんが、今くらいになると直近のこと(成長具合とか)しか調べなくなっている人も多いと思うので、育児に対してニュートラルな気持ちで再度検索してみるのもいいと思います。

初心を大事に!

はっきりいって子供は親がいなくても育つと思います。

ですが、どのような大人に成長するかは親の教育で変わってきます。

そこに親の存在意義があると思っていますが、かといって、親が出来ることはほとんどありません。

なぜなら、成長すればするほど、友達から受ける影響が強くなったり、学校などの外の世界で学ぶことが増えるからです。

そう考えると、親は子供とどう接して、どう声を掛けるのかが一番大切なんじゃないかと思います。

知育おもちゃや教材をいくら買い与えたとしても、半分以上は親の自己満足であり、いずれ日常生活や学校で学んだりすることです。

だからこそ子供が産まれたときに抱いていた「優しく接してあげよう」という気持ちの方が、最も親として与えてあげられる大切なものなんじゃないかなぁと思いました。

子供の気持ちの可能性

世の中のルールも何も知らず、ただ好奇心のみで行動をする子供の気持ちを考えて欲しいと思います。

子供の行動に対して「何やってるの!!?」といいたくなることでも、大人の価値観からの判断に過ぎません。

単に注目して欲しいのかもしれないし、もしかしたら褒められたくてしている可能性だってあるわけです。

それに対して否定的に接してしまうと、たった一言でも酷く傷ついてしまうことでしょう。

当然、普段は優しく接しているかもしれませんが、否定的な感情は1回だけでも心に深く残り、引きずってしまうものなので注意が必要です。

逆に、そういった子供の行動に対して、上手く矯正していくことが躾であり叱ることだと思います。

否定的な言葉を浴びせることは子供に何のメリットもなく、大人のエゴであることを忘れてはいけません。

あたなも良かれとしてやったことが、夫、妻、上司などから意味もわからず「何やってるんだ!、やめろ!!」と怒鳴られたらどう思うでしょうか?

何が良くて何が悪いか判断も出来ず、自発的な行動に恐れを覚えるようになるはずです。

一体何がどういう理由でダメだったのか?別に怒鳴らなくてもいいのに・・・

そう思える方であれば、きっと良い躾ができるのではないでしょうか。

まとめ

綺麗事のように書いてしまいましたが、子供との接し方は本当に難しいと思います。

ある意味自分を押し殺すような感覚なのかもしれません。

また、ほとんどが無意識の内にやってしまっていることでもあるので、子供の負の感情に気づくことも難しいと思います。

こういう時こそ、夫や妻と協力して注意をし合うといいと思います。

いきなり完璧には出来るはずもありませんが、少しずつ上手く接することができるようになるはずですし、ここに育児を2人でする意味が生まれてくる気がします。

スポンサード リンク

関連記事

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

子供のお金はどうする?お金の教育の必要性を考えてみた

独立してからお金に対する考え方が大きく変わりました。 それまでは、ただお金について何も知らなか

記事を読む

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑