息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

公開日: : 仕事, 育児

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨンと画用紙を渡してくれ、お絵描きをしたそうなんです。

そもそも、クレヨンを持って描くことが出来ただけで良く出来たと褒めてやりたいところですが、完成?したものがこちらです。

スポンサードリンク

IMG_3421

いかがでしょうか?

これ、きっと何かをイメージして描かれたものではないと思います。

というか、動物とか何かの物で該当するものが私の知る限りでは思い当たりません。

恐らくですが、この絵?から何か想像できる人間なんてそうそういないです。

と思ったら、クレヨンを渡してくれた女の子が見て即座にこう言ったそうです。

「これ何描いてるの?カニのあし?」

改めて問いましょう。

IMG_3421

カニの足に見えますか?

んー。色がオレンジなのと細長いからまぁ近いかもしれません。

ただ、絵とかそういったクリエイティブなものに関して、「正解はない」のかなとも思います。

模写であれば、その被写体が正解なのかもしれませんが、作品としては似ているほど優れているとは言い切れませんし、かの有名なピカソさん(故人)もそっくりそのまま絵を描かせれば尋常じゃないくらい上手らしいのですが、普通の人間には理解不能な絵を描いていました。

もっと発想を柔らかく!

私はアプリを作成する為に、アイデアなどを日々考えて生活していますし、それなりに思い浮かぶこともあるので、発想は柔らかい方だと思ってました。しかし、この絵をみて何も感じないあたり、少女よりも発想できる範囲が狭いんだと思います。

だからといって支障が出るわけではないですが、アプリを作ろうとしたり、新しいことを始めようとしたときに、もっと違う視点から見れば新しい発見はあるんだろうなということを実感しました。

 

どうすれば発想が柔らかくなったりするのかは分かりませんし、大人になっていく過程で失われていくものなのかもしれませんが、アイデアみたいなものに限界はないのだと思います。

今見ているもの、していること、手がけている仕事にも、気付いていないことというのは絶対あるはずなので、時には手を止めて別の視点で眺めてみるのも面白いかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。 小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが

記事を読む

モーニングが無料!!元町珈琲のキャンペーンが面白い!

先日、新聞はとってないんですけど、間違ってポストに投函されていて、たまたまそのチラシに目を通していた

記事を読む

簡単に始められるビジネスを教えるよ?やりたいことない人はやるしかない!

最近、妻が自分のやりたいことって何だろうって言い始めました。 恐らく色々な出来事が重なって思う

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑