息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

公開日: : 仕事, 育児

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨンと画用紙を渡してくれ、お絵描きをしたそうなんです。

そもそも、クレヨンを持って描くことが出来ただけで良く出来たと褒めてやりたいところですが、完成?したものがこちらです。

スポンサードリンク

IMG_3421

いかがでしょうか?

これ、きっと何かをイメージして描かれたものではないと思います。

というか、動物とか何かの物で該当するものが私の知る限りでは思い当たりません。

恐らくですが、この絵?から何か想像できる人間なんてそうそういないです。

と思ったら、クレヨンを渡してくれた女の子が見て即座にこう言ったそうです。

「これ何描いてるの?カニのあし?」

改めて問いましょう。

IMG_3421

カニの足に見えますか?

んー。色がオレンジなのと細長いからまぁ近いかもしれません。

ただ、絵とかそういったクリエイティブなものに関して、「正解はない」のかなとも思います。

模写であれば、その被写体が正解なのかもしれませんが、作品としては似ているほど優れているとは言い切れませんし、かの有名なピカソさん(故人)もそっくりそのまま絵を描かせれば尋常じゃないくらい上手らしいのですが、普通の人間には理解不能な絵を描いていました。

もっと発想を柔らかく!

私はアプリを作成する為に、アイデアなどを日々考えて生活していますし、それなりに思い浮かぶこともあるので、発想は柔らかい方だと思ってました。しかし、この絵をみて何も感じないあたり、少女よりも発想できる範囲が狭いんだと思います。

だからといって支障が出るわけではないですが、アプリを作ろうとしたり、新しいことを始めようとしたときに、もっと違う視点から見れば新しい発見はあるんだろうなということを実感しました。

 

どうすれば発想が柔らかくなったりするのかは分かりませんし、大人になっていく過程で失われていくものなのかもしれませんが、アイデアみたいなものに限界はないのだと思います。

今見ているもの、していること、手がけている仕事にも、気付いていないことというのは絶対あるはずなので、時には手を止めて別の視点で眺めてみるのも面白いかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

替えたおむつの保管場所は?匂いをシャットアウトできる「おむつのにおい」対策

子供が産まれてからは、当然ながら毎日おむつを替えてるわけですが、替えたおむつの保管場所って結構大変だ

記事を読む

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

社会人になる前に!残りの学生生活はこう過ごそう!

残りあと少しで社会人。 就職活動でどこかに内定を貰っていれば、年越しはゆっくり過ごせた方も多い

記事を読む

アプリ開発者として異業種交流会に参加してみた

知り合いの社長さんの紹介で、異業種交流会に参加してきました。 異業種交流会というと程の良い合コ

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

iPhone6s発表イベントをみて感じるAppleの想いと展望

日本時間10日のAM2時。とうとうiPhone6sが発表されました。 iPhoneだけでなくi

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑