イチローから学んで良いこと悪いこと。

公開日: : よもやま話, 仕事

イチローが大記録を打ち立てようとする度に偉大な人だなと思うのですが、書籍や番組などでも散々取り上げられてきているので、どう言った姿勢で野球に取り組んできているのかというのは案外有名な話だったりします。

特に2008年にプロフェッショナルの流儀なんかでイチローが取り上げられた時には毎日昼はカレーだったとか、常軌を逸するこだわりがあることを知って驚いたこともあります。

やはり偉大な選手であり、人物であることは疑いようもないのですが、その野球に対する考え方や姿勢、取り組みを全ての人が真似たり参考にして良いわけではないと思いそれをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

イチローから学ぶべきこと

 

数えたらキリがないとは思いますが、自分が個人事業主ということもあるので経営的というかビジネスの視点から挙げたいと思います。

まず一番凄いことは、ゴールを設定していないことです。

普通の選手だったら首位打者や本塁打王を取ることを目標にシーズンを過ごすと思いますが、イチローは獲得したとしても関係ないと言い切ります。

シスラーのメジャーシーズン最多安打記録を破っても同じことを言うのですから、おそらく野球で彼が満足することはないのでしょう。

逆にこれは分かりやすく言うと、「ボールを見極め、打てる球をヒットにする」というバッティングの極めてシンプルなことを磨き極めようとしているわけなので、ゴールがないのも当然なのかもしれません。

ビジネスでも、年収1000万をゴールに設定したりすることがあるかと思いますが、イチローの考え方からしたらナンセンスです。

人の役に立つなど、どこまでも追い求められるものであれば良いですが、年収のような一度達成できてしまったら明確に終わってしまう目標は、達成した後も努力し続けられなくなってしまいます。

また、こう言ったゴールの見えない目標を持つことは、当然目先のゴールがないわけですから、目の前は真っ暗だとも言っています。

この状態はやはり辛いとのことですが、もがいて努力し続けていると光が見えてくるだろうと信じているとコメントしています。

目先のゴールがないとやはり苦しいみたいで、普通の人は挫折してしまうのだと思いますが、長く活躍し続けたいのであればイチローの考え方は参考になると思います。

イチローの真似をしちゃダメなこと

冒頭にも挙げましたが、昼食は毎日カレーだというこだわりがありました。他にも徹底したルーティンワークで、決まった時間に決まったことをするような仕組みができています。

おそらく常に同じ状態を維持し、試合に集中する為にやっていることなので、野球選手などスポーツ選手であれば大いに参考にして良いと思います。

が、一般的な方は参考にしない方が良いと思います。

なぜなら、一般人が同じことを繰り返し行うことで評価されることはほぼ皆無だからです。

野球選手は毎日試合に出たりヒットを打ったりすることで評価されたりしますが、一般人では皆勤賞くらいでしょうか?それも殆ど価値がありません。

それよりは、色んなものをどんどん変えて色んな体験をした方がプラスでしょう。当然、体調管理は大切ですが。

ただ、ビジネスなどでも集中力が必要な場合があるときには良いかもしれません。ジンクスは精神を安定させてくれるので、本番に強くなるはずです。

まとめ

一般人から見れば、あれだけの成績を残したらもう悩みもないと思いがちですが、どこまで突き詰めても壁はあるし考えて試行錯誤しながら努力しているわけです。

ビジネスで成功して大金持ちになったとしても、同じでしょう。

もちろん、成功もしてない人たちだって壁にぶち当たり、いろいろ考えて生活していると思います。

ステージは違えど、やっていることは似ているような気がするので、一流まで上り詰めた人の考え方を参考にしたりすることは、壁を乗り越える上でとても参考になるのではないかと思います。

とにかく歩みを止めずに今後も頑張っていきたいですね。

スポンサード リンク

関連記事

学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。 簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以

記事を読む

3月末に辞めるならラストチャンス?1月は退職交渉を切り出す最高のタイミング!

会社辞めようと思っても、なかなか切り出せない方は多いのではないでしょうか? そういう方は特に区

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

ポケモンカードを1枚と複数枚で交換することを理解できない人がいたという話

ポケモンカードって今もあるんでしょうか?私が小学生の頃に流行ってました。 小学生の頃だとお金も

記事を読む

子供の将来を考えてる?45年後に人口2/3になったとしたら。

最近、よく読んでいる永江一石さんのブログ。 下手なニュース見てるよりよっぽど良い情報収集になり

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

年収って大事?平均とかランキングばかり見てないでもっと大切なことを考えよう

こちらの記事にIT企業の平均年収とやらがランキング形式でまとめてあります。 年収は確か

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑