何事もノリが大事!自分を変えるなら何事にも挑戦してみよう!

公開日: : 最終更新日:2016/01/14 よもやま話

もう歳が30近くなると、誰かを紹介したりするなんてことは滅多になくなるし、そういった話も色々な事情で聞かなくなると思いますが、先日は私の少ない友人関係を絞り出して紹介というか一緒に食事をしてきました。

相手も妻の友人で私も会ったことがあり、また私の友人も妻の友人でもあるので、仰々しい感じではなく、久々に4人でご飯でも食べにいこうといった感じの食事でした。

その時は楽しいひと時を過ごせて、自分たちの使命を全うできたかなぁなんて思っていましたが、後々私の友人に話を聞いてみると、

楽しかったけど、付き合うという感じではないから連絡取ってない。

ということでした。

建前とかあると思いますし、仮に言葉そのまま受け止めたとしても、それは人の感性なので、特に口出しするつもりもありませんが、もし誰か良い人を見つけて付き合いたいと思っているのであれば、この考え方は良くない気がしたので、私の考えを記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

付き合ってみないと分からない

相手がどんな人かを判断するための材料は、外見だとか話し方とか色々あると思います。

それこそ、歳を重ねる毎にその判断は外見に捉われなくなっていく傾向がある気がしますが、それでも人の本質的な部分まで知るには、かなり親密な関係にならないと分かりません。

これは私が妻と一緒にいても感じたことで、妻と出会った当初と付き合いだした時の印象は違いました。

さらにいえば、その当時と今でも印象は違いますし、妻にとっても自分の印象は時を経て変わってきているはずなので、付き合う前、しかも一度食事をしたくらいじゃその人の良さは10%も分からないんじゃないかと思います。

あなたも、1対1で話す場合と大勢がいる場合では話し方や振る舞いが変わると思いますし、落ち着いた場所かどうかでもまた違ってくるのではないでしょうか?

1度や2度会ったくらいで人を評価するのは、断片的な情報になっている可能性が高く、見誤ってしまうことに繋がります。

つまり、付き合いもしないで、パートナーとして良いかどうかは分からないので、とりあえず付き合ってみるくらいのノリは必要になってくるのではないでしょうか。

仕事も遊びもなんでも同じ

このノリというかとりあえず試すという考え方は、人付き合いもそうですし、仕事でも遊びにおいても同じことが言えます。

冷静に損得勘定で考えるのも時には必要かもしれませんが、やってみないと分からない体験というものがあるので、とにかくたくさんのことに首を突っ込んでいくくらいで良いと思います。

特に遊びに関しては、思ってもいないような収穫があることが多いので、積極的にやったことのない遊びをしていくことは自分の可能性を広げることに繋がります。

まとめ

何か行動を起こそうとすると、何かしらのエネルギーが必要で、時間も消費してしまいます。ですが、だからといって避けていては何も変わりません。

失敗覚悟でどんどん新しいことにチャレンジしたり、人にぶつかっていった方がきっと人生が楽しくなるはずです。

もし、自分が面倒がって人や新しいことを避けがちだという自覚があるのであれば、気持ちを切り替えてみると良いと思います。

スポンサード リンク

関連記事

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

愛知県で最も有名な紅葉スポット「香嵐渓」に行ってみた話

私も仕事でずっと家の中にいるので、気分転換に外へ出たいなーと思うことがあるのですが、行く当てがなくて

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

公開処刑?SMAP謝罪の違和感について考えてみた。

3.11の時も、先日のバルスでも問題なかったTwitterがスマスマ生放送でとうとう落ちました。

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑