草野球チームを作ろう次回作のリリースを控えて開発者の心境を語ってみる

公開日: : アプリ

最近はブログがおそろかになりがちですが、その理由はアプリ開発に集中しているからです。

しかし、原因をよく考えてみると書く時間はあるはずなのに、以前より書きたいことが思い浮かばないことが一番大きいのではないかと思いました。

というのも、開発してて忙しいのではなく、アプリのことで頭が一杯になっている感じで、アプリ以外のことに頭を切り替えることができていません。

この状態で無理にブログを書いても、誰かの役に立つ記事が書けるとも思えませんし、読んでいて面白い文章が書ける自信がありません。

というわけで、素直に今の心境について記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

今どんな状態?

ちょうど1年前にアプリをリリースして以来、受託もしてませんし、アプリ以外のこれといった収入はありません。

つまりどういうことかというと、今の時点では1年間ニート生活をしていたのと変わらないということです。

もちろん開発をしていたので、制作中のアプリをリリースすれば状況が変わってくるはずですが、程度の差はあれど貯金を切り崩しながらの生活が続いています。

こうなってくると、今回のアプリは人生がかかってくるわけで、リリースに対する思いというか希望というか不安というのも少なからずあります。

とはいえ、考えたところで何も変わらないので、今は完成に向けてただひたすら頑張っています。

プレッシャーはある!

私は妻子持ちですので、自分の仕事の結果で影響を及ぼしてしまう範囲は自分だけにとどまりません。そういう点ではやはりプレッシャーはあります。

ただ、必要以上に大きくプレッシャーを感じているわけではありません。

会社に勤めてた時に比べれば、自分が背負うものが大きいはずなのですが、息苦しさみたいなものは感じていません。

恐らく自分が作った損失を自分(または身内)で全て被れることが、無駄な責任を感じなくて済んでいるようにも思います。

やりたいことが出来ている

リリース前だとか経済状況とか考えなくてはいけないことはたくさんありますが、何よりやりたいことが出来ていることが一番なんじゃないかと思っています。

経済的にもですが、家族からの理解がないと出来ないことでもあるので、ただただ、今の環境に感謝です。

この先はどうする?

まもなくアプリがリリースできると思っていますが、その売り上げ次第で身の振り方は考えます。

ですが、その時までは考えません。考えても無駄なので。

とにかく良いものを作ることに集中して、その結果を受け止めてから先のことを考えていこうと思います。

まとめ

次回作を楽しみにしてくれている人はどれだけいるのかわかりませんが、開発者である私も、どのような反応が返ってくるか楽しみです。

何度も言ってますが、間違いなく面白いゲームになってますし、クオリティも比較にならないくらい良くなっています。

むしろ次回作なのにナンバリングしたくないと思ってるくらい。

また、いたるところで2月中にリリースと言ってましたが、とりあえず2月下旬にはなりそうです。間に合わなかったらごめんなさい!

スポンサード リンク

関連記事

成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちが

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。 当然作りたいも

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑