LINEの盗み見するなら覚悟は出来てる?ベッキー騒動から思うこと

公開日: : ニュース

ベッキーの不倫騒動で世間は騒いでいるようですが、平和な証拠ですね。

離婚届を卒論と言い換えてるところとか個人的にジワジワきましたが、LINEの個人のやりとりが世間に流出するなんて恐ろしいと思う方もいたのではないでしょうか?

LINEのセキュリティが甘いとかいう意見もありますが、それは全く見当違いで、一番流出のリスクとなっているのは自分であることに気づくべきです。

やましいメッセージのやり取りをするなら自分のスマホのパスワードは絶対第三者に分からないようにするべきだし、何重にもロックかけておく必要があるのです。

スマホのロック画面の暗証番号とかは、落とした時の対策であって、身内の侵入を防げるものではありません。

だって、意識的に見ないようにしないと、どの数字押したか丸わかりですもんね。

そんなわけで、セキュリティの話しがしたいわけでもなく、不倫はよくないよーとか当たり前のことを言いたいわけでもなく、むしろ覗く側への忠告を記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

知らない方がいいこともある

もちろん、不倫はずっと泳がせておけばいいというつもりはありませんが、他人のLINEのやり取りを盗み見ることで、知らなきゃ良かったなんて思う情報は山ほどあると思います。

良い例でいえば、彼がサプライズを用意してくれていたのに、知ってしまったりとか。

現実的な例としては、彼と他の女とのやり取りを見て気になるようになってしまった。とかです。

LINEのやり取りなんかは、文章だけでなくスタンプなど気軽に意思疎通が出来てしまう分、勘違いしやすいです。相手のことも知らなければ尚更でしょう。

かといって、盗み見てしまった後ろめたさもあり、彼に問うことも出来ずただ疑いが深まるばかり。

冷静に考えれば、彼が知らない女性と楽しそうに話していたところを偶然見かけたくらいで、浮気を疑うくらい幼稚な考えなのですが、盗み見てしまうことで無駄な疑念を抱き続けることになってしまいます。

巻き込まれたこともある

そんな私も、LINEの盗み見に巻き込まれたことがあります。親しい友人の奥さんがLINEを盗み見みてしまい、実際のところを調べるために一肌脱いだことがありました。

といっても友人の奥さんが問い詰めるために、自分経由で情報が漏れたと口裏を合わせてあげただけですが。

盗み見以外で情報が流出したことにしないと都合悪いですからねw

当然、この1件で一悶着あったようで、かつ友人の私への信頼も一段階落ちたと思われますが、そのことよりもLINEを盗み見されないようちゃんとしてくれと訴えたい。言えないけど。

覚悟はあるのか?

私が巻き込まれた件も、友人が浮気とかしているわけではないので、盗み見しなければ何事もなかったはずでしたが、夫婦だけでなく私まで巻き込まれる惨事となりました。

別にこのことについて、嫌だったとかそういう感情はありませんが、一つだけ言いたい。

盗み見るなら墓まで持っていく覚悟で覗け!

覗いたって、何も良いことはありません。それは覗く方も知ってるはずです。

離婚前提で不貞の証拠を探しているわけでもなければ、絶対に見ない方が自分にとって幸せです。

興味本位で覗くなら、死ぬまで本人にも身内にも友達にも誰にも言わず、覗いたことをなかったことにするくらいの覚悟があるのか自分に問いてからにしましょう。

まとめ

やましいことする人も、セキュリティの意識に問題がある人も、覗く方も、程度の差はあれど突っ込みどころはあります。

ベッキーの不倫の件に関しても、状況が状況なだけに流出させた人が問い詰められることはないと思いますが、一応ロックのかかっている携帯を覗くことは犯罪になる可能性もありますので注意しましょう。

スポンサード リンク

関連記事

愛知県民に朗報!IKEAがネット注文・宅配サービス開始!

本日のYahooニュースでこんな記事がありました。   とうとうIEK

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

絶歌を買うとどうなるか?お金の動きを考える

巷では18年前の事件の加害者の手記が話題となってます。 炎上することも計算されてのマーケティン

記事を読む

Amazonがやばい!!今度は音楽が無料に!音楽知らなくても即カフェ気分が味わえる!

映画が見放題だと騒いで、それほどAmazonを利用してなかったのにプライム会員になり、さらに勢いでf

記事を読む

副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニ

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑