フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

公開日: : アプリ

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがないと思います。

私も、明朝とゴシックしか知らない程度だったのですが、アプリを作っているとフォントにも拘りたくなって色々と調べてみたので、フォントにまつわる注意点などをまとめてみたいと思います。

 

フォントなんて何でもいい?

そう思っている方は多分いると思います。

しかし、それは適切なフォントが採用された『完成品』しか見ていないからではないでしょうか。

実際に、ゲームを作っている過程で色々なフォントを試してみると、大きな差があることがわかります。

例えば、ファミコンのようなドット絵のアプリが世の中にはたくさんリリースされていると思いますが、そのゲームのフォントが明朝体だったらどうでしょうか?

mon_255

 

これでも問題はなさそうです。

しかし、ドット調のフォントに変えてみると・・・

 

mon_255_2

 

 

一目瞭然ですね。やっぱりこっちの方がそれらしい雰囲気が出ています。

こんな感じにアプリ全体のクオリティを大きく左右するほど、フォントは大切なものなのです。

 

フォントって有料なの?

「じゃぁ、何かいいフォントを探してみよう」ということで、ネットで検索してみると分かるのですが、びっくりするほど選択肢がありません。

いいと思ったものは全部有料。しかも高い!

 

それもそのはず、日本語はひらがなに加えてカタカナ、漢字・・・数が多すぎます。

一つのフォントを作るにも相当な労力が必要になるわけです。

 

ちなみにフォントを販売している有名どころとしては『FontWorks』さんがありますが、パズドラでも使われている『くろかねEB』など洗練されたフォントが揃っているので見ていると面白いです。

 

無料フォント。本当にそれ使って大丈夫?

有料フォントが素晴らしいということが分かっても、できれば低予算でアプリを作りたいですね。

そもそも全くダウンロードされないかもしれない可能性を考えると簡単には手が出ないのが普通です。

そこで、無料フォントでも頑張って探せばいいものはありますので、それでも良いと思います。

 

ただ、一つ注意点があります。

アプリにフォントを組み込むということは、同時に『フォントを再配布する』ということになります。

ですので、無料・商用可と謳っているフォントでもNGという場合があります。

ですので、使用前に再配布が可能かライセンスをよく確認する必要があります。

 

ちなみに、冒頭で使用したドット絵調のフォントは「PixelMplus」というフォントでアプリにも使用可能です。

 

まとめ

意識しなくてもフォントには日常的に触れています。

アプリだけでなく広告など、デザインされたものを意識してみると面白い発見があると思います。

アプリにも使える無料フォントをまとめてみるのも良いかと思いましたが、長くなりそうだったので今回はここまでにしておきます。

 

 

スポンサード リンク

関連記事

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

これってパクり!?そんなアプリが量産されているのでアイデアの出し方をまとめてみた

個人のアプリ開発者にとって、アイデアは生命線ともいえる要素の一つです。 何か目を引くアイデアで

記事を読む

アプリ開発者が教えるポケモンGOをやるなら知っておいて欲しいこと

アプリ開発者で集まることはたまにあるのですが、本名よりアプリ名やTwitterアカウントで呼び合うこ

記事を読む

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

副業でも何でもいいけど、アプリ開発する人は読んだ方が良い

Unitというイベントがあったみたいですね。 Unityという開発ツールについての活用事例とか

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリがどうとかいう話題はたくさんあ

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑