ポケモンカードを1枚と複数枚で交換することを理解できない人がいたという話

公開日: : よもやま話

ポケモンカードって今もあるんでしょうか?私が小学生の頃に流行ってました。

小学生の頃だとお金も自由に使えないので、なけなしの小遣いで買ったものを友達と交渉・交換してデッキを強化するというのが普通だったと思います。

そこでよく行われたのが、1枚と複数枚で交換をするというもの。

子供ながらそのカードのレアリティや強さ、自分が必要としているかを考えてやりくりしていくわけですが、どうしても同等のカードを持ち合わせていない場合は、複数枚をトレードに出すことで相手に納得してもらいます。

これに対し、担任の先生がどうして1枚と複数枚で交換してしまうのかが分からないというのを何度も言っていました。

それで何度か理解してもらおうと説明したのですが、子供の説明では伝わりきらず、結局理解できず終わってしまったのです。

なんで急にこんなことを書きだしたのかというと、その当時の記憶が蘇ってきて、理解できない方がおかしいんじゃないかと大人になった今も改めて思ったのです。

スポンサードリンク

宝くじに例えたら凄く分かりやすい話

子供の頃にどうやって説明したのか覚えてないですが、恐らく強さがどうこうとか言ってたのでしょう。伝わるわけないと思います。レアリティの話しも当然していたと思いますが、ピンとこなかったのでしょう。

でもよく考えたら、宝くじという分かりやすい例え話がありました。

販売価格は1枚300円。どれも全く同じ価値です。

ですが、当選番号が発表されたらその一枚一枚に違いが出てきます。

仮に当選金額が900円のくじがあったとすれば、当選金額300円のくじ3枚で釣り合うわけです。

これを交換しようという人は世の中にいないと思いますが、ポケモンカードも買うタイミングではどれも同価値。パッケージを開けて中身が分かった瞬間に価値が再評価されるわけなので、これが理解できないということはないでしょう。

そもそも分からないのがおかしい?

宝くじを例に挙げはしましたが、実際そんなことしないでも分かる人はわかるでしょ。

需要と供給とかそういう概念を知っていれば、ポケモンカードの価値は分からなくても、複数枚との交換が成立することくらいは理解できるはず。

 

 

一体何が理解できなかったのか理解できません。

教師は経済に疎くても務まりますけど、それじゃ社畜が量産されてしまっても仕方ない気がします。そもそも20年近く昔の話しでどうこう言うこともナンセンスですけどね。

まとめ

何が言いたいのか分かりにくい記事だと思いますが、要するに学校教育から子供にはお金の話しってきちんと教えた方が良いと思います。

その方が商才のある人がもっと育つはずですし、大げさに言えば日本の経済を動かしてくれます。

確かに物理とか数学とか大切なこともありますけど、それくらい大切なんじゃないかと思います。

とはいえ、大きな組織が変わるのがどれだけ大変かというのも分かっているので、最終的には親が教えてあげた方が手っ取り早そうです。

ちなみにオススメは全くしませんが、私はオンラインゲームで覚えました。

最高級のレアアイテムが、全く需要なくて売ってもまともなお金にならなかった時の悲しさときたら忘れられませんからね。

スポンサード リンク

関連記事

iPhoneSEのSIMフリーを買ってIIJMioへのMNPする方法をまとめてみた

毎月の通信料に悩まされている方は多いかと思いますが、頑張って抑えようとすると複雑な3大キャリアの料金

記事を読む

タバコを吸う人は低脳?喫煙者と全く議論にならなかったので調べてみた

子供もいるので、親孝行にとたまに実家に帰省しているのですが、ふと乗り込んだ父親の車内がタバコ臭かった

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

ネガティブがダメな理由!自己暗示を上手く使いこなそう!

妻と買い物をしている時に、何の商品だったかは忘れてしまいましたが、「重そう」な商品があり手に取ってみ

記事を読む

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビューなんかで話したことあるんで

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑