繋がらない!?ディズニーの英語システム「DWE」のフリーダイヤルが混雑しているときの対処法

公開日: : 育児

ディズニーの英語システム「DWE」のTelephone Englishは14:30〜21:20の間にフリーダイヤルでネイティブスピーカーの先生と電話が出来ます。

会員には曜日が指定されていて、振り替えも出来ないので必ずその日に電話しないと機会を失ってしまいます。

忘れないようにと思っていても、つい出かけていたりすると気づいたときには受付時間ギリギリっていうこともよくあります。

というわけで今日も気付いたら20時回っていて、急いで電話しました。

 

噂には聞いていたけど、繋がらない!

子供が小学生だったり、親が働いていたりする家庭も多いと思うので、やっぱり夜の時間帯は混雑するみたいです。

「お客様がおかけになった電話番号は只今混み合っております・・・」

という自動音声が何度電話しても流れてきて、一向に繋がりませんでした。

21時を回っても繋がらず、次からは昼の時間にちゃんと電話することにしようと諦めかけていました。

 

とうとう繋がった!気付かないと絶対繋がらない落とし穴!

嫁がとあることに気付き、そこから1分もしない内に繋がりました!

その気付きとは、「音声ガイダンスは2種類存在する」ということです。

「お客様が・・・」という出だしの文言は同じですが、喋りのテンポが違います。

最後まで聞いてみると、テンポの早い方は「しばらくしてからもう一度お掛けください」なのですが、ゆっくりの方は「このままお待ちください」でした。

このことに気付かず、後者の音声ガイダンスが流れていてもすぐに電話を切ってしまっていたわけです。

 

実はそんなに混雑していない!?

気付かず何回も夫婦でリトライを繰り返していた私たちでしたが、ゆっくりのテンポのガイダンスが流れる回数は3分の1くらいの割合だったと思います。(気にもしていなかったのでかなりアバウトですが)

そのガイダンスの待ち時間も1分程度だったことも考えると、それほど混雑しているわけでもなさそうです。

ただ、自分たちのようにガイダンスが2種類あることに気付けない場合は、混雑してて全く繋がらないと思う方もいるかもしれません。

もしそういう方がいたら、次回は注意して頂きたいと思います。

 

それにしてもTelephone Englishはスピーカーにしてやり取りを聞いているのですが、先生のテンションが高かったりして楽しいですね。

子供の教材なんですが、自分の英語力も伸びてるのが何とも面白いです。

スポンサード リンク

関連記事

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。 小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

子供(10ヶ月)が夜中に大量に嘔吐!これってホントに大丈夫なの?

週末は友人と旅行の予定だったので、その分の仕事を事前に終わらせておきたくて金曜日は夜中まで作業してま

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑