楽して儲けられる仕事?風邪で倒れていてもアプリ開発者は儲かってる??

公開日: : 仕事

久々に風邪をひいて寝込んでました。

サラリーマンしてたころは、働きに行きたくないので毎朝、体温を測って平熱を確認してはがっかりしてましたが、個人でやっていると気持ちが全く逆になるので面白いなと客観的に思ってました。

会社勤めの場合は有給休暇があるおかげで、働いても働かなくても一緒。だから働きたくないって思ってましたが、独立しちゃうと働かないことには生きていけないという意識がしみついたのか、風邪引いてしまうと働けない。やばいって思います。

といっても、私の場合、収入の大半はアプリの広告によるものなので、寝ていようが遊んでいようがある程度の金額は儲けられるわけです。

そう考えると、飲食店なんかはいくら軌道に乗っている店でも、働かない日は売り上げが0になるわけですから、その点はいい仕事なのかなぁとも思いました。

今までこういった側面で仕事に対して考えたことがあまりなかったということもあって、今回は条件を満たしていれば寝ていてもお金が入ってくる仕事について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

意外と少ない?

思いつく限りで、一度市場に出してしまえば継続的に売り上げになる仕事を挙げてみたいと思います。

  • アプリ
  • ブログ
  • 音楽

もっとありそうですが、すぐに思いついたのがこれくらいです。

共通点はコピーが簡単なものというところでしょうか。一つ元となるものがあれば、多くの人に提供できることが重要なのかもしれません。

 

その他にも従業員を雇ったり機械で自動化したりすれば、自分は何もしなくても売り上げを作ることができるので、考え方次第ではもっとあると思います。

本当に楽なのか?

一度、売れてしまえば継続的に売り上げが見込めるといっても、それが永遠に続くわけではありません。

その時の為に次の種を仕込む必要が出てきます。

アプリ開発で言えば次回作、ブログも継続的に記事を更新していく必要があったり、本や音楽でも同じことが言えます。

一生暮らしていけるだけの収入を得られれば楽なんでしょうが、そこまでのレベルの人はそうそういないので、どんな職業だったとしても継続的に働くということは必要になってくると思います。

仮に数日休んでしまっても、売り上げに大きな影響がないだけという感じでしょうか。

まとめ

収入を安定させる為には、1つの事業に頼りっきりになるだけでなく、いろんな収入源を確保することが大切ですが、その時にこういった売り上げの性質も考えておくと良いかもしれません。

よほど自転車操業的な経営でなければ大した差はないかもしれませんが、入院したりして働けない期間ができた時にも収入が安定しやすいです。

今回、風邪をひいて寝込んでいても収入が下がるわけではないのには助かりましたが、次回作の開発が遅れてしまうので、休んでばかりもいられません。

気を取り直してまた頑張っていこうと思います。

 

スポンサード リンク

関連記事

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

嫁ブロック?転職を妻に反対されるor夫が転職と口に出す前に読んでおこう!

嫁ブロックという言葉があるらしいです。 転職活動において、嫁の一声で白紙に戻ってしまうという、

記事を読む

アフィリエイトで儲けてる人から稼ぐ方法を聞いちゃいました

たまたま昔の会社の同期から名古屋に来てるのでってことで連絡があって、軽くご飯がてら会ってきました。

記事を読む

iPhone6s発表イベントをみて感じるAppleの想いと展望

日本時間10日のAM2時。とうとうiPhone6sが発表されました。 iPhoneだけでなくi

記事を読む

私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。 もともと私は新卒で大

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑