成功する為に最低限必要なことを考えてみた

公開日: : よもやま話, アプリ, 仕事

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。

リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない日々が続いていましたが、なんとか落ち着いてきました。

今作はアプリ内課金にも挑戦しているので、やっぱりプレッシャーが違うんです。

広告で収益を上げる場合だと、アプリで遊んでもらうユーザーさんから直接売り上げを上げるわけではないので、ある意味気楽というか。

だからアプリ内課金なければ適当で良いとは思いませんが、責任感がやっぱり変わってきます。

ということで、今回書きたいこととはどんどん離れて行ってしまっているので、そろそろ本題に入りたいと思います。

ズバリ、成功するにはどうしたら?です。

スポンサードリンク

成功したの?

こんなことを言い出すと自分があたかも成功しているみたいに思われるかもしれませんが、違います。

今も成功する為に頑張っている真っ最中で、その中で分かってきたことを書くだけです。

だから成功したって言えるようになりたい。というか一体何がどうしたら成功だって言えるのでしょうか?

人それぞれ違うと思うのであえて触れません。

結果を受け止めること

成功する為には、行動をした結果を省みる必要があります。

商売の天才だったり極一部の人間は思ったままに行動して成功を収めたりするものですが、まず自分は違います。

そう思わないと逆に失敗するでしょう。

行動した結果、得られる反響だったり、データを見て分析しなくてはいけません。

そして何を修正するのか、何が足りなかったのかを導き出します。

これを繰り返すことで成功に確実に近づいていける。

世の中で成功しているって人は、これを間違いなくしています。

例を挙げると、学校のテストが返ってきてそのまま一喜一憂して終わるのか、何が間違っていて何がいけなかったのか反省するかの違いです。

どちらが良いのかは説明しなくてもわかると思いますし、頭でわかっていたとしても面倒だからとやらない人だっています。

アプリで置き換えるなら?

アプリで事業する場合は、DL数や収益がテストでいう点数に当たります。

単にリリースしてヒットしなかったで終わってしまう人はずっとヒット作を産み出せないと思います。

GoogleAnalyticsをアプリに組み込んで、どれくらいの人がどこで躓いているのか?離脱しているのか?ということをしっかり分析してアップデートしたり次回作に生かさないといけません。

世界中でヒットしているゲームを遊ぶとよくわかりますが、人を飽きさせないことが本当に上手いです。

飽きてきたと思った矢先にレベルアップしたり新しいキャラクターが手に入ったり。

製作者の苦労がそこに詰まっているはずです。

努力が一番大事

やっぱり成功するためには努力が絶対必要です。

先に挙げた分析をするためにも、まずは行動する必要が有りますし、1回の失敗で次が上手くいくとは限りません。

試行錯誤して少しづつでも成功に近づけていくには努力なしではできません。

自分には運がないから成功できないんだと思うのであれば、それはチャンスを生かすだけの努力が足りないんだと認識した方が良いと思います。

仮にアプリが何かのメディアに取り上げられたとして、それで認知度が上がったとしても、本質はそのアプリ自体。つまりどれだけの努力がつぎ込まれているかでその後の売り上げやダウンロード数は違ってきます。

まとめ

成功する人というのは、無意識に努力して分析してどんどん成長していっている人なんだと思います。

努力が報われないって人は、運がないとか才能とかじゃなくて、省みることがないからいつまでも同じ場所で足踏みしているのだと思います。

そう考えれば、絶対に努力は報われます。

自分もアプリをリリースして何となくわかってきた程度ですが、結果を得るのに1年かかりました。

恐らくできる人は数ヶ月、数日という期間で行っているのでしょう。

他の事業や勉強、スポーツでも、一部の天才を除いて成功している人というのは、頭を使いながら努力しているという結論です。

というわけで私自身も行動はしてもあまり振り返ることが好きじゃないのでこれを戒めとして頑張ろうと思います。

スポンサード リンク

関連記事

ブログはオススメ!稼げなくてもこんないいことがあるよ!

ブログを書くことが習慣になったことで、日常生活にも良い影響が出てきた気がします。 稼げる稼げな

記事を読む

アプリ開発者の合宿ってどんな感じだったの?

11月6日から7日にかけて長野県豊岡村にある「とよテラス」というコワーキングスペースで開催されるアプ

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

以前からアプリ業界の闇を紹介することがありましたが、またもやキワドイものがリリースされ話題を呼んでい

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

色んなことに目をつぶって急遽ディズニーランドへ行ったお話

この週末は全く仕事が出来ませんでした。 というのも、妻の友人の結婚式があるということで、名古屋

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまと

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑