開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

公開日: : 最終更新日:2016/01/27 よもやま話, アプリ

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。

関東には妻の実家もあるので、帰省も兼ねてはいますが、会社の飲み会をことごとく断っていた自分が飲み会のために積極的に遠征をするなんて今まで考えられなかったです。

そして、名古屋ー東京なんて近く感じるほど遠方から参加されている方もおり、いかに開発者にとってこの飲み会の価値があるのかを物語っておりました。

規模としてはお店を貸し切り、100人以上が集う壮絶な会となり、さらに朝まで飲み続けた人数も30人以上残っているくらい壮大でした。

そんな飲み会に参加できたことに感謝しなくてはいけませんし、その場を生かして今後の活動の糧にしていかなくてはいけません。

今回はこういった集まりに参加するメリットについてまとめてみたいと思います。さすがに飲み会の中で学んだことをペラペラと話すわけにはいかないので内容についてはご了承下さい。

スポンサードリンク

一番大変なこと

飲み会に参加するといっても、全く知らない集団に突撃していくわけですから、それなりの壁を感じます。

しかもアプリ関連の飲み会は何度も開催されていることもあって、全く面識がない(≒初参加)という方はおそらく半分くらいです。

もう半分の方は開始早々にグループになってしまうので、割って入りにくくなります。

当然、有名な開発者もこちら側ですし、引っ張りだこですからそういう方と話しがしたいと思ったら、それなりに勇気を持って話しにいかなくてはいけません。

ただ眺めているだけではせっかくの機会を無駄にしてしまうので、こういう場が苦手な方はかなりエネルギーを使うことになると思います。

しかし、アプリ開発者の方は優しい方が多いです。話しかけて頂いたりもしてくれますし、相手が誰だからということもありませんので、とにかく話してみると良いと思います。

一番のメリットは?

たくさんの方とお話をしていると、飲み会に参加する目的は人それぞれだと感じました。

それこそ単純に楽しみたいという方もいれば、技術的な話しを共有したいという方、マネタイズやマーケティングについて聞きたいとか、協力者を探していたり様々です。

そういった目的を果たせることが何よりのメリットかもしれませんが、開発者にとって本当にありがたいことは、面識ができることだと思っています。

やり取りだけであれば、無理に会わなくてもTwitter等で出来ます。ですがやはり面識があるかどうかでその内容も変わってくると思いますし、ここだけの話しも聞くことができます。

また、面識があった方が協力体制を築きやすいので、アプリがヒットする可能性も高くなると思います。

マーケティングをお金をかけずにやろうと思うと限界がありますが、有名な方に拡散して頂いたりすると、効果は絶大です。

メディアの方も、有名な方の言動は常にチェックしていると思いますので、世の中にアピールするチャンスが増えるというわけです。

注意点

貴重なお話を聞く良い機会ですし、それこそ参加しないことが損だと思いますが、自分なりに注意していることがあります。

それは、情報を発信するということです。

売れている開発者といえど、そこまでたどり着くまでに試行錯誤して得た経験であることに違いありません。それを聞いて終わりにしていては、不平等になってしまいます。

いくら競争相手といえど、助け合いの精神で成り立っている飲み会だと思いますので、できる限り自分からも情報を発していく必要があると思います。

もちろん駆け出しで発信できるものがない場合は無理にする必要がないと思いますが、いつかヒット作を生み出せた時には恩返しができるように、助け合いの精神は忘れないようにしています。

まとめ

今回は100人以上が参加されていましたが、思ったほどの人数は交流出来なかったです。

しかし、一人一人濃い話しが出来たと思うので、得るものは大きかったと思いますし、今後の活動の参考になる話しが聞けたと思います。

だからこそ、現在開発中の次回作は成功させたいという気持ちも強くなりました。

それは開発者であり続ける為でもありますし、お会いした方々に追いつきたいという思いが強くなったからでもあります。

きっと2月にリリースできるのでは?と思ってますが、気づけば1月も終わりそうですし、間に合うかはわかりませんが頑張っていきます。

スポンサード リンク

関連記事

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

アプリマーケティング研究所さんにインタビューされた記事が公開された件

アプリ界隈で知らない人はいないくらい有名なメディアに取り上げていただきました。 このブログでも

記事を読む

副業でも何でもいいけど、アプリ開発する人は読んだ方が良い

Unitというイベントがあったみたいですね。 Unityという開発ツールについての活用事例とか

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

スタバのエシカルコーヒークイズに挑戦してみた

全問正解した方の中から抽選で1000名にドリンクチケットが貰えるそうで、早速やってみました。

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

子供の将来を考えてる?45年後に人口2/3になったとしたら。

最近、よく読んでいる永江一石さんのブログ。 下手なニュース見てるよりよっぽど良い情報収集になり

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑