お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

公開日: : よもやま話, ライフハック

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか?

何となく家計といったら女性というイメージがあったり、何となく小遣い制にしていたりすると思いますが、私は旦那がお金を管理した方が良いと思います。

むしろ、小遣い制で働いてる世の中の既婚男性は何が楽しくて働いているのか理解できません。

今回は旦那が家計を握るメリットについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク

家計を把握できる

まず、家計を握ることで月にいくら稼いでいくら使ったのか明確に理解できます。

理解したところで、収入が増えるわけではありませんが、この感覚が身につくと浪費が間違いなく減ります。

付き合いの飲み会や趣味に投資するお金が直接家計にダメージを与えているということが実感できるので、簡単にお金を使えなくなるわけです。

逆に小遣い制だと、あぶく銭のような感覚になり使えるだけ使ってしまいます。

月に何万小遣いとして貰うかは様々だと思いますが、少なければ不満が貯まるし多ければ家計が苦しくなるしで小遣い制の運用は以外と難しいものです。

仕事へのモチベーション

いくら稼ごうが、自分が使えるお金が小遣いだけというのは、何のために働いているかわからなくなります。

本来、仕事はお金のためだけにするものではなく仕事自体にやりがいを感じるものですが、世の中そのように働けている人の方が圧倒的に少ないので、収入というのは大きなモチベーションになります。

しかし、そのモチベーションも小遣い制によって奪われてしまえば、働く意欲が湧かなくなってもおかしくありません。

これでは頑張って昇進しようとか、バリバリ働いて年収を増やそうとか思う方が難しいです。

「俺は毎日頑張って働いているんだ。あとはこのお金で上手くやりくりしてくれ!」と、収入の少なさを会社のせいにしたり、苦労を押し付けられるのも仕方ないのかもしれません。

逆に働く夫が家計を握れば、自然と年収を増やしたいと努力するようになるはずです。

稼ぎの少ない夫にお悩みの奥さん、それは小遣い制が旦那の働く意欲を削いでいるのが原因かもしれませんよ。

権力の分立

共働きの世帯が増えてきたので、当てはまらないこともあるかと思いますが、女性が家計を握ると鬼に金棒状態になります。

家のことは全て女性が中心となり、ありとあらゆる決定権が女性に集中します。

こうなってくると、夫はいわゆるATM化してしまいます。

男性は会社で神経をすり減らし、家庭でも地位が低い上に、居なくてもいい存在となり、まるで奴隷みたいにな扱いを受けてしまいます。

しかし、男性が家計を握ると権力が均衡します。

例え家事や育児に参加できなくても、食費や小遣いを渡すことで稼いでいることを示すことが出来たり、色々なことに最終決定権を持つことができます。

子供への教育等でも、お金が絡むことは多々あるので、お金を管理している以上は育児に対してもしっかりと考えて参加できるようになります。

まとめ

私は家計を完全に握っているので、妻よりも通帳の残高に頭を悩ましている時間が多いと思います。

特に独立した直後は凄い勢いで貯金が減っていったので、危機感が相当にありました。

その点、妻は何故か気楽に構えているところがあり羨ましいと思う反面、家計を任せてしまっていたら、絶対に稼いでやろうという意欲はそこまで湧かなかったかもしれません。

また、知人の話しを聞くと小遣いではやっていけないので、隠し口座を作っていたりして自由のために手段を尽くしている人が結構いて驚いたりもしました。

女性側にとっては、旦那に家計を預けるのが不安だったり使える自由なお金が減ったりして抵抗があるかもしれませんが、長い目で見ると家庭のバランスを保つためにも良い方法だと思います。

夫婦も様々、稼ぎも様々なので一概には良くなるとは言えませんが、結構な家庭が当てはまっているはずなので、検討してみて欲しいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

ちょっと歯が気になったので8年ぶりに歯医者に行ってみた

私が大学生だったころ、疲れて歯磨きできない日がある+寝る直前にプロテインを飲むという生活をしばらくし

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

対策してる?熱中症を予防する方法をまとめてみた

久々というわけでもなかったんですが、2人でテニスを14時から16時半までハードコートでやりました。

記事を読む

麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

私は麻雀だけは誘われてもやりません。 何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがあります

記事を読む

使えるものは使うべき!トレーニングするなら市の施設を使おう!

東京にいた時、住んでる近くにトレーニングジムがありました。 もういくらだったか忘れてしまいまし

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

結婚はしない方が良い?結婚を決意する為の大事なことを考えてみた

結婚記念日を先日迎えたということもあって、ふと結婚について自分の考えを改めてまとめてみました。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑