車が溝に落ちてしまったら!JAF以外にもロードサービスが使えるよ!

公開日: : ライフハック

先日、家で仕事していたら車で出かけていた妻から連絡があり

車が溝に落ちた

と電話がありました。

助けようにも現場は遠いし、何より車が溝に落ちたこと以外何も分からないので、アドバイスとかもしようがありません。

iPhoneあるんだから写真の一つでも送ってくれればいいのにと思いつつ、ただ続報を待ってました。

しばらくして、近くにいた人が協力して助けてくれたとのことで、無事、溝から脱出できたみたいです。

ホントこんな暑い中、親切な人が多くて良かった。というか何もお礼できないのが申し訳ない。

待ってる間、何もできないのでネットで調べてましたが、溝に落ちるって意外とやっちゃう人がいるみたいだったので、対策をまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

自力で脱出

駆動輪が落ちていなければ力技で復帰することも可能みたいです。

また、軽自動車のように軽い車であれば、何人かで持ち上げることも出来るので、人に助けを求められる場合は何とかなるかもしれません。

こればかりは状況次第なので、自力で何ともならない場合はプロにお願いするしかありません。

 

業者に頼む

真っ先に助けを求めようとするとJAFが思い浮かびますね。

加入しているなら無料で助けてくれるので、始めからお願いした方が結果的に早く解決する可能性が高いです。

ただ、JAF高いんですよね・・・

加入していなくても有料で助けてくれますが、調べてみたら1万円くらいかかります。

この金額が痛くも痒くもないならいいんですが、なかなかそういうわけにもいきません。

 

JAFに入ってないなら

実はJAF以外にもロードサービスを提供してくれるところがあります。

それが任意保険です。

恐らく年に1回くらいまで無料でロードサービスが付いているはずなので、こういった不足の事態にも対応してくれます。

ちなみに妻にもこの方法を伝えましたが、任意保険ではなく自賠責保険の方に電話したみたいで、利用されることはありませんでした。

任意保険だけでなく、ENEOSカードにもロードサービスが付いてるみたいなので、そちらでも良かったです。

 

まとめ

普通はロードサービスに頼るなんてことがないと思うので、いざ必要になった時にどうすれば良いか分からなくなると思いますが、今回の一件で情報を整理できました。

また、困ってる人を見かけたら積極的に助けていきたいですね。

そして、妻を助けていただきありがとうございました。

スポンサード リンク

関連記事

カビ撃退!洗濯機を掃除してみた

だいたい結婚とかして同棲すると、一通りのものは妻の要望で一新されると思いますが、洗濯機は私が一人暮ら

記事を読む

麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

私は麻雀だけは誘われてもやりません。 何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがあります

記事を読む

SIMフリーのiPhoneを買って格安SIMのIIJmioを使ってみた結果

もう半年ほど前になるのですが、ちょうどキャリアの2年縛りから解放されるタイミングでSIMフリーiPh

記事を読む

まさに死闘!ハエがうるさくて作業に集中できない時の対処法

孫を見せてあげるためにも月に1回くらいのペースで実家に帰省しているのですが、50キロ以上離れているこ

記事を読む

朝活終了!?育児してると朝活のメリットは得られない?

ふとしたことがきっかけで朝活をし始めたわけですが、何となく今の自分に最適な生活リズムを見つけられた気

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

男性必見!究極の選択を切り抜ける万能フレーズを考えてみた -料理編-

私も先日、危うく地雷を踏みかけました。 いや踏んだのかもしれません。 感じたそのままを伝

記事を読む

500円分の無印ポイントが貰える!?MUJIマイルサービスの不具合による補填対応

無印良品で買い物する方は登録している方もいらっしゃると思いますが、来店や商品の購入等でポイントが貯ま

記事を読む

男性必見!?女性からモテたいなら身につけるべき5つの習慣

女性が求める男性の特徴みたいなのはあると思うんです。 例えば、長身だったりイケメンだったり話し

記事を読む

ゆうちょやスクエニから詐欺メールが届いた件

もちろん公式ではなく、フィッシング詐欺サイトへの誘導メールが届いたって話です。 ちょっと前まで

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑