スタバのエシカルコーヒークイズに挑戦してみた

公開日: : よもやま話, ライフハック

全問正解した方の中から抽選で1000名にドリンクチケットが貰えるそうで、早速やってみました。

正直な感想は思ったより難しい。そして挫折しそうになる。

でもコーヒーをタダで飲みたいがために頑張りましたよ。

何が大変かって、回答時間に20秒の猶予があるんですが、速攻答えても20秒待機しなくてはならず、全10問答えようとするだけで200秒は待つ計算です。

1発ですらっと終われば気にならないかもしれませんが、普通のコーヒー知識レベルの人であればどこかで1問くらいは間違えるはずで、しかもランダム出題になっているので結局何回も繰り返す羽目になり・・・

私はなんとか5、6回くらい(もっとやったかも)で全問正解できました。

スポンサードリンク

やった方がいいのか?

個人的には暇ならやってみると良いと思います。

抽選なので必ずドリンクチケットが貰えるとは限らないので、忙しいのにこのクイズに時間を割くのははっきり言って勿体無い。

でも、コーヒーの知識は確実に身につくので暇があればという感じ。

中にはスターバックス限定の問題もありますが、基本的なコーヒーの知識は身につくと思います。(もっと知るべきことはあるのかもしれませんが)

挑戦するには?

やってみようという方は、こちらのURLから挑戦できます。

エシカルコーヒークイズ

全問正解後に応募するにはMyStarbucksの無料会員になる必要があるので、登録してください。

まとめ

スタバはフラペチーノ専門店だと思ってるので、コーヒーは殆ど飲まない気もしますが、こういったキャンペーンは面白いのでどんどんやってほしいですね。

ただ、20秒の回答時間は答えたら省略されるようになってほしい。

スポンサード リンク

関連記事

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

絶対買うべき!大地震の時に必要なものをまとめてみた

日本に住んでるなら地震対策は万全でないと、明日死んでしまってもおかしくありません。 東北の大地

記事を読む

【スポーツする人は必見】人間なら買っとけっていう本を紹介してみる

最近の日課はAmazonのKindle本の日替わりセールをチェックすることです。 だってめちゃ

記事を読む

成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちが

記事を読む

結婚はしない方が良い?結婚を決意する為の大事なことを考えてみた

結婚記念日を先日迎えたということもあって、ふと結婚について自分の考えを改めてまとめてみました。

記事を読む

転職する時の為にやっておいた方が良いこと

私は転職した経験があるのですが、その時一番感じたことが、自分が誇れる経歴って何だろうということです。

記事を読む

車が溝に落ちてしまったら!JAF以外にもロードサービスが使えるよ!

先日、家で仕事していたら車で出かけていた妻から連絡があり 車が溝に落ちた と電話がありま

記事を読む

麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

私は麻雀だけは誘われてもやりません。 何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがあります

記事を読む

念願のホームベーカリーをついに買ってみた話

妻に趣味という趣味はないのですが、強いて言うならパンをよくこねて作ってました。 妊娠してからは

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑