言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

公開日: : よもやま話, 仕事

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

あながち間違っていない気もしますが、鬱はメンタル云々より環境の問題だと思いますし、本来はチャレンジしている人が使う言葉だと思っているので少し残念に思う気持ちもあります。

そんなわけで、たまにはメンタルについて書いてみようかと思います。

心理学専攻でもなんでもありませんが、経験して学んだことをまとめてみます。

スポンサードリンク

メンタルって?

色んな解釈があると思いますが、一言で表すとしたら「貫く意志」だと思っています。

メンタルが強いというのは、流されずに決めたことを最後までやり通すことが出来ること。

逆にメンタルが弱いというのは、途中で気持ちが変わって辞めてしまうこと。

結果はどうあれ、最後まで貫く為には迷いや不安を払拭する必要があります。

メンタルが強いという人でも、どこかではそういった感情を抱いているはずですが、それに打ち勝って行動しているということだと思います。

何が言いたいかというと、メンタルの強い・弱いは、そういった負の感情に如何に勝つか?によって左右されてくるということです。

つまり、負の感情に勝つことができれば、誰だって強いメンタルを手に入れられるということです。

負の感情に勝つ方法

何かチャレンジしている時は、必ず失敗が付きまといます。

すると、どこかでここら辺で諦めれば、失敗しても痛くないという地点が出てきます。

起業においても資金的な問題であったり、スポーツにだって体力的な苦しさから逃れられるなどのような状況があります。

本当にメンタルが強い人ならば、こういった状況でも貫くことが出来るのかもしれませんが、そうでない人がこの状況を乗り切るには、言い訳を潰すことが一番簡単な方法だと思います。

負の感情が生まれてくると、それを後押しする為の言い訳を考えてしまうと思います。

起業しているときも、環境・タイミング・知識・才能。

スポーツだって、体調・対戦相手・天候などなど。

そいういったものに責任を押し付けて気持ちを楽にしようとしてしまいますが、準備段階からそれを潰してしまいます。

調べごとや体調管理などをこれでもかというくらいにやっておくのです。

そうすると、いざという時に諦める口実が作れません。

不思議なもので、何か言い訳がないと諦めたりするのにも勇気が必要になるので、必然と最後までやり切れたりします。

これは特別な方法というわけでもなく、例えばシミュレーションや練習を繰り返し行うことで自信をつけるというのも、ある意味言い訳を作らない行為でもあります。

まとめ

言い訳できない環境というのは、事前準備をしっかりした時もそうですし、崖っぷちの状態でも同じです。

テスト勉強を全くしてこなかった人が、急に徹夜で勉強できる(ただの一夜漬け)ようになるのも、言い訳の出来ない崖っぷち状態にあるからです。

あえてそんな状況は作る必要はないかもしれませんが、言い訳が出てこない状況に置かれれば、人は迷いが消えて集中できるといういい例だと思います。

最後に事前準備と書きましたが、起業においては事前準備をするよりは、さっさとやってしまった方がメリットが大きいと思います。確かにメンタル的にはメリットがあっても、時間を失うことの方が勿体無いですし、事前準備の時間で1回失敗できるのであれば、その方が良い勉強になるのではないかと。

起業するような人は、もともとメンタル強い人か、崖っぷちの人の2択だと思うので、そもそも中途半端になりにくいというのもあるかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃ

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

ホームページなどのウェブサイトから売上を伸ばす為に必要なことをまとめてみた

私はこういったブログも運営していたりするわけなので、WEB集客に関してもたまに質問をもらうことがあり

記事を読む

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

ポケモンカードを1枚と複数枚で交換することを理解できない人がいたという話

ポケモンカードって今もあるんでしょうか?私が小学生の頃に流行ってました。 小学生の頃だとお金も

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑