宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

公開日: : 仕事

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。

その中で「宝くじが当たったら仕事を辞める」というありきたりな言葉を聞いて、ついつい転職を勧めてしまいました。

なぜなら、お金があったら仕事しないという考え方はちょっと違うかなと思うのと、人生が罰ゲームとまでは言いませんが辛い状態なんだというのが伝わってきてしまうからです。

ちなみに私ですがまず宝くじ自体買いませんし、仮に当たったとしても仕事は絶対に辞めないという立場での考え方です。

スポンサードリンク

お金があったら仕事をしない

宝くじが当たったらというのはお金に困らない金額を手に入れたらということですので、要はお金のためだけに仕事をしているということになります。

生活の為、家族を養う為とはいえ、お金の為だけに働くというのは絶対につまらないし、無駄もかなり多いと思います。特に仕事の為に生きてるような状態にまでなっていたら奴隷も同然です。

そんな仕事を続ける意味が果たしてあるのか私は理解できません。そんな何億、何千万みたいな大金がなくても嫌なら仕事を辞めればいいのにと思ってしまいます。

少しくらい収入がなくても生活できる

大金が手に入らないと辞めれないと思うのは、収入が途絶える期間ができることに強く抵抗を持っている気がします。

実は私もそうでした。

しかし貯金が少しでもあるならしばらくは何もしなくても生活できます。1人暮らしだったら都内であっても月10万円以内に抑えられます。当然贅沢なことは出来ませんが、奴隷状態よりは心身共にマシだと思います。

フリーターでもそれなりに稼ぐことが出来ますし、失業保険などセーフティーネットも充実しているので、人生をやり直すには十分な環境があります。

宝くじ当たったら辞めようと思う程度の仕事なら、目先の収入のことは気にしないで辞めても直ぐに大きな問題にはなることはありません。

確かに幸先が不安というのもわかりますが、現状の仕事が忙しく極限状態であれば次を決める余裕もないですし、冷静な判断もできません。

あまり無責任なことは言えませんが、何とかなります。私はそう思ってます。

遊んで暮らすのも一苦労

嫌な仕事は辞めてしまえばいいと主張する私ですが、だからといって仕事しないで遊んで暮らすことを良いと思っているわけではありません。

なぜなら仮に一生遊んで暮らせるだけのお金が手に入ったとしても、仕事もしないでただ遊ぶだけの人生はつまらないと思うからです。

初めは何か買ったりどこかへ行ったりして楽しめますが、数ヶ月で遊ぶのにも飽きてしまうはずです。

それよりも何か目的や目標がある仕事をした方が間違いなく充実した人生になります。

私もフリーになったばかりの時は開放感から遊ぶ時間が多かったのですが、次第に仕事がしたいという感覚が強くなってきたので、これに近いのではないでしょうか。

まとめ

要するに自分がやりたい仕事をしようということです。

宝くじが当たったら・・・という人は間違いなくそういう仕事に巡り合えていません。

私も以前勤めていた会社にいたころはそう思っていましたが、幸いやりたいことを見つけることが出来たので、何億という当選金額が入っても働きたいと思えるようになりました。

それもこれも、いろいろあって会社を去ることを決断したおかげで今があると思うので、辞めるという選択は決して間違いではなかったと思っています。

もちろん、当面の生活費は貯めておかないといけませんけどね。

スポンサード リンク

関連記事

友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。 感覚的には仕事できてない

記事を読む

アナ雪から考える3種類の「できる人」。あなたはどれ?

仕事で「できる人」と呼ばれる人がどこにでも居るかと思いますが、その「できる人」は大きく3種類に分けら

記事を読む

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。 簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。 新婚旅行で何気なく撮ったものが

記事を読む

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

年収って大事?平均とかランキングばかり見てないでもっと大切なことを考えよう

こちらの記事にIT企業の平均年収とやらがランキング形式でまとめてあります。 年収は確か

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑